ニュース
» 2022年06月10日 12時30分 公開

“ジャニオタ”社員が作った「オタクのための推し活グッズシリーズ」 第3弾はオタバレしない推し色バッグ&推しを持ち歩くマルチファイル(1/2 ページ)

オタクによるオタクのための推し活グッズ、第3弾!

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 老舗アパレルメーカー「クロスプラス」は、アイドルやアニメキャラクター、アーティストなどの「推し活」をより楽しむための雑貨シリーズ「推部屋plus(オヘヤプラス)」の第3弾商品を発売しました。現役の“オタク社員”3人が企画・開発をしたこだわりのアイテムについて、詳しい話を聞きました。

推部屋plus 大きなキャンバストートバッグとアクスタや写真が入れられるマルチファイルが新登場!(撮影:編集部)

 「推部屋plus(オヘヤプラス)」は、クロスプラスに所属している“オタク社員”が「自分が推し活で使いたいもの」を企画し、商品化しているグッズシリーズです。好きなものには惜しみなくお金を使い、コロナ禍でもSNSを通じて趣味を楽しむ“推しがいるオタク”に向けて、「推し活がもっと楽しくなるアイテム」を提案しています。

 過去に発売されてきたのは、アクリルスタンドを収納して持ち運べるiPhoneケース(2999円、関連記事)や9色から選べるロゼット(全9色/1999円)、コンサートの必需品であるファンサうちわを簡単に作れるセット(暖色系・寒色系 各999円)など。推し活をする中での「ほしい」を形にした商品を発売してきました。

シリーズ第3弾が新登場

 そんな「推部屋plus」の新作は、ライブやイベントなど“現場”に行くときに便利なトートバッグ(4999円)とマルチケース(888円)です。

推部屋plus 硬質ケースがそのまま入る透明ポケットが便利。アクスタやチケットもまとめて入れられます(撮影:編集部)

 トートバッグは、涼やかな素材が春夏の推し活にぴったり。バッグ内側にはペットボトルを収納するための仕切りが付いていて、汚れにくいコーティング加工が施されています。取っ手部分にはキーホルダーを取り付けられるDカンがあるため、お気に入りのバッグチャームやぬいぐるみストラップがつけやすい仕様です。

 横にしたジャンボうちわや自作のうちわがすっぽり入るワイドサイズは、1泊程度の遠征時にも使いやすい大きさ。背面にはキャリーバッグに通せるタブが付いています。

推部屋plus キャリーケースの持ち手に通せて便利!

 開発した3人のこれまでの“推し活”での「こんなバッグが欲しかった」を反映しているというこのバッグ。魅力の1つとして、「オタバレしにくいシンプルなデザイン」があります。

 全9色展開ですが、色を主張するのは1か所入ったカラー名の刺繍のみ。その他は共通してキナリのキャンバス素材です。スーツ姿に合わせても違和感がないため、職場帰りにライブやイベントに行くときにも気軽に持って行くことができそうです。

推部屋plus さりげなく推しの色を主張できます

 同じく9色展開のマルチファイルも、各カラーのポリプロピレンケースにお花の線画をプリントした、シンプルなデザイン。描かれている花の種類は、色ごとに異なります。

 海外のポストカードをイメージしてデザインしたというこのケースは、“現場”に行くときの必須アイテムであるチケット、アクリルスタンド、写真やファンクラブの会員証など、「こまごましたアイテムをまとめて持ち歩けるファイルが欲しい!」という思いから開発に至ったそうです。

 特に、写真を収納できるポケットの大きさにはこだわりが。多くのオタクが使用しているという「硬質ケース」に入れたままポケットにジャストフィットするよう、絶妙なサイズを追求したのだとか。

 アクリルスタンドを収納するポケットも、さまざまなサイズのアクリルスタンドを入れられるように、ポケットの巾を調節したそうです。また、厚みのあるアクリルスタンドを入れても分厚く膨らんで違和感がないように、3ミリのマチを入れるという細かい気遣いも。日常的に「推し活」をしている3人だからこそ開発できた、ささいな「困った」を解決してくれそうな商品でした。

推部屋plus 推部屋plus マルチファイル(パープル)
推部屋plus アクスタがひょっこり!

生み出しているのは3人のオタク社員

 推部屋プラスの商品を企画・開発しているのは、デザイナーのデザイナーのゆうさん、ぎいこさん、えいさんの3人。3人とも、ジャニーズ事務所のアイドルを推している“ジャニオタ”だといいます。

 ゆうさんの推しは、「King&Prince」の岸優太さん。社会人になると同時にジャニオタになったというゆうさんのオタク歴は、今年で丸9年となります。ゆうさんいわく、“オタク歴は短め”なんだとか。それってガチの人がよく言うやつだ……!

推部屋plus ゆうさんの推し、岸優太さんのメンカラは紫

 もともとバンドの追っかけをしていたというぎいこさんの現在の推しは、「ジャニーズWEST」の中間淳太さん。「中間君は私のオタク人生最後の推し」と決めて、熱烈に推しているといいます。

推部屋plus ぎいこさんの推しである中間淳太さんのメンカラ、イエローのトートバッグ

 ぎいこさんは「どの界隈を推していても、推しの所属するグループ全体の活躍や、個人仕事の夢を一つずつ叶えていくのはすごく嬉しくて、自分も頑張ろうと思えます。推しと出会って広がった出会いもあるし、叶った夢もあるので、これからも推しと一緒に過ごしていきたいなと思っています」と、推し活が生活に潤いを与えていること、“推し”に日々励まされていることを語ってくれました。

今後の推部屋plusは……

 最後に、今後の「推部屋plus」の展望について伺いました。

 「このシリーズはこの先も基本的に自分たちが欲しいもの、着たいものを作るワガママな企画でありたいと思っています。情報収集やSNSでの発信等、日常で行っていることを仕事に活かし、お客様に喜んで頂ければそんなに良いことは無いと思います。が、やはり1番は自分たちの楽しさを忘れずにこの先もこのシリーズを続けていきたいです。また今後は社内で2.5次元・アニメ・漫画等々のエキスパートが名乗りを上げて、協力してくれればなぁ……と思っています。おそらく社内に隠れているので……」。

 3人に今後開発してみたい推し活グッズを聞いてみると、「ぬいぐるみ用のバッグ」や遠征用の「トラベルポーチ」の声が挙がりました。また、企画中のアイテムではコンサートに着ていく「参戦服」、双眼鏡やペンライト用のポーチ、観劇用の小さなバッグなどがあるそうです。今後の展開商品も楽しみですね。

 「推部屋Plus」シリーズは、クロスプラスが運営するWebショップで販売中。公式Twitter(@OHEYAplus)やInstagram(oheyaplus)では、開発者チームの3人が商品のこだわりや楽しみ方を紹介しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」