これから「サイバーパンク2077」5周目を始めるので今までの戦いの記録を記す 終わりなきナイトシティライフと確信が深まる「真ヒロインゴロウ説」(1/2 ページ)

ヴィクター説もある。

» 2022年09月08日 20時30分 公開
[コンタケねとらぼ]

 グーッモーニン、ナイトシティ! ――ゲームを立ち上げるやゴキゲンなあいさつで始まるCD Projekt REDの大作ARPG「Cyberpunk 2077」(以下「サイパン」)が発売され、もうすぐで2年。つい先日、パッチ1.6のアップデートが実施されました。

サイバーパンク2077 サイバーパンク2077

 発売日からPC版で遊んでいた私は、気が付けばこのゲームを4週クリアしてしまいました。そして今回のアップデートにより、5周目を始めることになりそうです。

 こんなボリュームがあるゲームを、なぜ4周もしてしまったのか。なぜすぐにナイトシティに足を踏み入れてしまうのか。その理由を、ここで少し語らせてください。

周回するたびに見つかる“新しい死体”という発見

 この大ボリュームなゲームを飽きずに4周もできた理由はさまざまですが、その1つに「プレイするたびに新しい発見があった」というものがあります。具体的には、新しい死体です。

サイバーパンク2077 新しい死体だ!

 広大かつ入り組んだナイトシティは至るところにさまざまなアイテムやメッセージが隠されているのですが、大抵そこには死体と、死体の主が直前までやりとりしていたメッセージのログが残っています。

サイバーパンク2077 ほとんどの場合通信記録を所持している
サイバーパンク2077 貴重品を所持していることも多い

 誰かに追われて助けを求めるSOS、これから犯罪者の巣窟に殴り込みに行くことを友人に伝える無謀なメッセージ、盗んできた銃器付きのドローンを起動しようとしているシステムログ……。そんなさまざまなメッセージの横に、その末路を伝えるように死体と貴重なアイテムが転がっているのです。

 これらは細い路地裏から都会の建物の屋上、砂漠のど真ん中、ジャンプで飛び込まないと入れないスラム化したビルの部屋の中など、とても一度プレイしただけでは見つけられないようなところに無数に置かれています。そして新しく周回するたびに「ああ、こんなところにも新しい死体があったのだな」という感慨と「また新しい死体が発見できるかもしれない」という次の周回への意欲をもたらしてくれるのです。死体で上がっていくモチベーション。

サイバーパンク2077 非常に見つけにくいところに配置されているケースが多い

 そしてこの発見があるため、プレイするたびにだんだんとファストトラベル機能をあまり使わなくなっていきました。普通はプレイするほど移動を省略するために多用していくことになる機能ですが、この終わりなき探索に目覚めると自分の足と車両での移動に頼るようになっていくのです。

 果てしなき死体探索に、終わりはありません。主人公「V」は、今日も新しい死体を求めてナイトシティを駆け回ります。

 ちなみに死体だけでなく、「破棄された映画撮影ロケセット」や「墜落した航空機」など、ストーリーとは関係ない大規模なものが見つかったりする場合もあり、ナイトシティの造形のこだわりへの関心は尽きません。

サイバーパンク2077 砂漠地帯に突如現れるホラーな光景。実は映画のセット
サイバーパンク2077 ストーリーでは訪れない場所に大規模なものが隠されていることも

今日のオーダーは「拳で全てを解決する脳筋元コーポ」で

 周回を続けたくなるもう1つの理由が、キャラメイク。見た目の変更はもちろん、周回の意欲をわかせてくれるのはライフパスとステータスの割り振りです。

 ライフパスはVが傭兵になるまでどのような生活をしていたかの出自を決めるもので、砂漠地帯でキャンプを張って暮らす「ノーマッド」、ギャング系の「ストリートキッド」、そして企業勤めの「コーポレート」の3種類から選べます。このライフパスによってゲーム中で選べる選択肢が変わったり専用のジョブが出現したりするのですが、ゲーム開始時にしか選べないためこの違いを見るだけでも最低3周することになります。

サイバーパンク2077 ライフパスの選択。ゲーム開始時に変更できるのみ

 また、サイパンはレベルが上がるとステータスに割り振りができ、さらにステータスとは別のポイントを割り振って技能を獲得する「パーク」が取得できます。そしてレベルとパークポイントには上限があり、どこを育てるか取捨選択しなければなりません。

サイバーパンク2077 ステータスの割り振り。ステータスの上限は20だがレベルカンストの50まで上げてもここまでしか振れない
サイバーパンク2077 パークの割り振り

 私の1周目はハッキング(他のゲームでいう魔法的な効果)を強化する「知力」と高ランク装備をクラフトするための「技術」、そして攻略が困難なことで知られるボクシングイベントをクリアするため途中で必要性に気付いた「肉体」の3つに多くポイントを振ってプレイしました。

 特にハッキングをメインの攻撃方法でプレイしていたのですが、レベルが上ってくると非常に強力なため「知力振り最強じゃーん」と思いながらクリア。2周目は知力に振らず体術メインでやってみるかとちょっとした縛りプレイ感覚で始めてみました。

 するとどうでしょう。体術強化のパークやインプラントを盛りまくってみた結果、ほぼ全ての敵が拳一撃で即死! アサルトライフルの連射を正面から受け止めダッシュで近づき、ゼロ距離でショットガンをヘッドショットされても物ともせずパンチ1発で敵をなぎ倒していく姿はほぼターミネーター。強くなりすぎて、1周目で苦労したボクシングイベントはチャンピオンですら秒殺で終わりました。

サイバーパンク2077 パンチ一撃で敵が吹き飛ぶところ

 そしてこの2周目はライフパスをコーポレートにしていたため、「頭脳が必要なはずの元コーポなのに拳で全てを解決する脳筋」という謎の怪物が完成。このように、キャラメイクで周回ごとにさまざまなロールプレイができるのも、プレイへの意欲を沸き立たせます。

 そして何より素晴らしいのは、ステータスとパークのバランスが絶妙な点。1周目の印象で知力振りが非常に強いと思っていたのですが、実際は「どんな振り方をしても最終的にはちゃんと強い」ようにできています。

 ステータス振りができるゲームの多くで“鉄板の最強振り”が存在してしまう中、どれに振っても最終的に満足行く強さになってくれるため、「次の周回はこのステータスに振って進めてみよう」という気にさせてくれました。ゲーム全体でのバランスに関してはどうかと思う部分もちらほらあるのですが、ロールプレイ的に重要なステータスの割り振りのバランスが取れている点は非常に好感が持てます。

 といっても、全てのパークを試したわけではないので、もしかすると1つぐらいは育ててもいまいちな戦闘スタイルが存在するかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」