女性が防災バッグに「ロングスカート」を入れておくべき理由とは 「目からウロコ」「捨てようと思ってましたが入れておきます」(1/2 ページ)

入れておくべき理由を動画で紹介。

» 2024年03月24日 09時30分 公開
[五月アメボシねとらぼ]

 女性は防災バッグにどんな衣類を入れておけばいい? 被災時に備えて準備しておきたい衣類について、ヒントを与えてくれる動画が公開されました。「なるほど!!」「目からウロコ」と反響を呼んでいます。

被災時はロングスカートが着替えに役立つ

 投稿者は、テレビや雑誌で15年活躍してきた実績を持つスタイリストのりさ(@stylist_risa_1130)さん。動画では、災害時に持ち出す防災バッグに入れておく衣類のおすすめを伝えています。

 冒頭では一般論として、防犯の観点から女性であっても性別の見分けがつきにくい服をすすめており、具体例として、黒・グレー・ネイビーなどの色で締め付けの少ないパンツスタイルを挙げました。

防犯バッグにロングスカートをおすすめ 防犯バッグにはロングスカートも入れておきたい

 それに加えて、ウエストがゴムになっているプリーツのロングスカートを入れておくのもおすすめとのこと。理由のひとつは、着替える場所がないときにこれを役立てられるから。

 りささんは実演として、スカートをかぶって頭だけ出してみせます。すると、ふとももの真ん中くらいまですっぽり体がおおわれる形となりました。

スカートをかぶって頭を出す スカートをかぶって頭を出す
体をスカートでおおった状態 するとこんな感じに

 この状態だと、避難所など目隠しがない場所でも上半身だけでなく下半身の着替えも可能です。りささんは実際に着替えをしてみせ、「ロングスカートであれば下半身のお着替えもできます」「こんな感じで(上半身も)中で着替えることができます」とメリットを説明しました。

下半身も着替えられる 下半身も着替えられるのは大きなメリット
着替え中 着替え中
着替え完了 中が見えることなく着替え完了

トイレの目隠し、温度調節にも

 また、水着の着替えなどで使うラップタオルにはないメリットとして、どうしても外でトイレを済ませなければならないときに、目隠しになるということも挙げました。実際、被災時にそのような用途で役立った事例もあるそうです。

 「そのシーンは女性の方だったら想像していただくと、パンツスタイルじゃなくてロングスカートが目隠しの意味ですごく役立つっていうのがわかるかと思います」とりささんは説明。さらに、寒いときには頭からかぶると多少の温度調節になるというメリットも紹介しました。

トイレのとき目隠しに トイレのとき目隠しにも
多少の温度調節も可能 多少の温度調節も可能

 今回、りささんの動画に登場したスカートはワークマンの「レディース撥水ランダムプリーツスカート」(1900円 公式オンラインサイトでは現在在庫なし)で、高撥水とコンパクトに収納できることが特徴の商品。りささんはこれを小さく畳んで防災バッグに入れているそうです。

レディース撥水ランダムプリーツスカート ワークマンの「レディース撥水ランダムプリーツスカート」を……
畳んで防災バッグへ ……小さく畳んで防災バッグへ

東日本大震災の被災者からも反応

 防災バッグに入れる衣類を考えるときの参考になる情報に、「目からウロコ、でした」「なるほど!! 確かに1枚入れといてもいいですね!」「プリーツスカート捨てようと思ってたのですが防災リュックに入れておきます!」「水とかに濡れた後もタオルより乾きも良さそう!」などの反応が寄せられています。

 また、東日本大震災で被災した方からの、「宮城県に住んでます。3.11の時も長いスカートやプールタオル(巻きタオル?)結構使いました」というコメントもありました。

 スタイリストのりささんは、コーデのコツの他、今回のように防災関連の衣類についての動画もInstagram(stylist_risa_1130)で公開。公式サイトでも情報を発信しています。

りささんの投稿

画像提供:(@stylist_risa_1130/)さん

ねとらぼGirlSide おすすめ記事

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」