庭に生えた“魔よけの木”を50代ぼっち主婦が伐採したら…… 波乱の展開に「虫がヤバすぎ」「まるで短編映画」(1/2 ページ)

配管に気を付けながらの作業です。

» 2024年05月24日 21時00分 公開
[宮原れいねとらぼ]

 配管のある場所に自然に生えてきた“魔よけの木”の抜根に50代主婦がチャレンジする動画がYouTubeで公開されました。記事執筆時点で13万6000再生を超えています。大変だ……。

魔よけの木の抜根に着手

 動画を投稿したのは、YouTubeチャンネル「あめのみなちゃんねる」のあめみなさん。育児や仕事に追われ、あっという間に50代半ばになっていたパート主婦のあめみなさんが、DIYリフォームやガーデニングなど日々の暮らしをVlogとして公開しています。今回は庭へ行く際に通る通路をお手入れすることに。

庭 南天の木 抜根 50代 主婦 DIY チャレンジ 果たして抜根できるのか

 問題となるのは、ナンテン(南天)の木。昔から日本で縁起の良い木として親しまれてきた低木で、見つけた当初は高さがほんの5センチくらいだったそうです。生えてきた場所もちょうどいいと喜んでいたところ、あっという間に大きくなり、気付いたら通路の妨げになるほどになっていました。

庭 南天の木 抜根 50代 主婦 DIY チャレンジ 勝手に生えてきた南天の木
庭 南天の木 抜根 50代 主婦 DIY チャレンジ 通路の妨げになっているので抜根することに

 根元で切っても大きくなってしまうため、抜根することを決意。まずは周りの植物を抜いて、土のう袋からDIYで作った植え替え用の入れ物に移してから本格的な作業がスタートです。購入した電動ノコギリで南天の木を少しずつ上から切り、小枝も切り落としてすっきりとさせていきます。

庭 南天の木 抜根 50代 主婦 DIY チャレンジ 電動ノコギリで上から切っていきます
庭 南天の木 抜根 50代 主婦 DIY チャレンジ 見つけた当初はかなり小さい木で成長を見守っていましたが、あっという間に大きく

 これまでは切った枝は捨てていましたが、今回はそれを肥料として活用することに。微生物の力を借りてこの庭で生命の循環が作れたら……と、これもまたチャレンジです。

庭 南天の木 抜根 50代 主婦 DIY チャレンジ 剪定した枝を肥料として活用予定

2日目

 2日目になり、スコップやバールを使って周囲の植物をあらかた移したあとは、今度は配管の周りにまとわりついた根を割り箸を使って慎重に取り出していきます。24年前に植えた紫色のシラン(紫蘭)の根っこが配管を押していたようです。これらも別の場所に植えられるように取り除いたら、残りは南天だけに。

庭 南天の木 抜根 50代 主婦 DIY チャレンジ 割り箸で慎重に配管に絡んでいる根を取っていきます

 根を抜くために土を掘っていくのですが、配管がどこにあるかわからないため、少しずつ地道に掘る必要があるのがつらいところ。今回は自然と発生した樹木ですが、もし庭に木を植える際はよく考える必要がありそうですね。

庭 南天の木 抜根 50代 主婦 DIY チャレンジ 配管に絡んでいなかったのはラッキーでした
庭 南天の木 抜根 50代 主婦 DIY チャレンジ 真ん中の太い根っこがどこまでも続いています……

 時間をかけて掘っていくと、南天の根は配管に絡んでいなかったことがわかり、長い格闘の末、ついに真ん中の太い根っこだけになりました。しかしこれが難敵で、いくら掘っても抜ける気配がありません。想像以上に体力が必要そう……。

 バールを使って根本から折ろうとするもダメ、どこまで続いているかもわからない、というコンボで心の方が折れそうになったあめみなさんは、最終的に電動ノコギリで太い根を切ることに。抜くことのこだわりを捨てることになりましたが、取りあえずはこれでもう大丈夫かな?

庭 南天の木 抜根 50代 主婦 DIY チャレンジ 諦めて切ることに
庭 南天の木 抜根 50代 主婦 DIY チャレンジ 花はしっかり植え替えて、別の場所に移植

 ちょっぴり不安になりながらも、土を戻して防草シートを敷き、さらに幅に合わせてカットしたれんがと庭にあった砂利を上に敷いたら、ようやく作業が終了です。ちなみにシランなどの花は、前の環境に近い場所に移植しています。

庭 南天の木 抜根 50代 主婦 DIY チャレンジ 通りにくかった通路が……
庭 南天の木 抜根 50代 主婦 DIY チャレンジ 見た目もすっきりして通りやすい通路になりました

 あめみなさんの抜根チャレンジには、「とてもスッキリしましたね!」「すばらしい」「私もやらなきゃ」などの声が寄せられ、「抜根マジで大変ですよね!」「ナンテン、勝手に生えてきますよね」と共感の声も。また「根っこがこんなにすごいとは知りませんでした。今後抜くときには今回の動画を参考に気合い入れて作業したいと思います」といった声から、「今さらですが、抜く木に穴を開けて、その穴に除草剤を入れると抜根しやすくなりますよ」等のアドバイスも寄せられています。

 あめみなさんは以前にも、たった1人で洗面所をDIYするシリーズ動画が話題になりました(関連記事)。日常はInstagram(@amemina_diary)でも公開されています。

動画提供:YouTubeチャンネル「あめのみなちゃんねる」さん

オススメ記事

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」