メディア

「着物警察を恐れないで!」 若い人たちがもっと気軽に着物を着るために、専門家が伝えたいこととは? 【マツコの知らない世界】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 人気番組「マツコの知らない世界」の過去放送回の中から、特に反響の大きかった内容を選んで紹介していく「特選!マツコの知らない世界」。今回お届けするのは、2020年1月28日放送の「古着きものの世界」です。

 「着物警察を恐れないで」という名言が飛び出したこの回、AI分析による視聴者の評価は「91.5%」がポジティブなもの。「勇気づけられた」という声が多かったその内容と視聴者の反応を紹介していきます。

今回紹介した「マツコの知らない世界」はParaviで視聴できます。

※状況により無料ではない可能性がございます。

advertisement

「着物を着てみたい」のに「あまり着ない」若者たち

 この日スタジオに登場したのは、古着着物の専門店を営む池田由紀子さん。「マツコさんを意識した松(の意匠)の帯をしてきました」という池田さんの母・重子さんは、もともと「古くてださい」と見られていた古着着物の世界を広めた第一人者です。

 「今の若い方に『着物着てみたい?』と伺うと、けっこう「着てみたい」と答える人が多いんですね。けれどそのわりに、実際に着た人っていうのはわずか。どうしてなんだろうって」

 そんな疑問を抱いた池田さんが、若い人たちへ送るアドバイスとして紹介したのが、記事冒頭でも触れた「着物警察を恐れないで」という言葉でした。

advertisement

初心者を委縮させる「着物警察」とは?

 着物警察とは、初心者の着物の着方などにダメ出しをしてくる上級者のことで、こうした人たちに厳しい声を掛けられることで、せっかく足を踏み入れた着物の世界から離れていってしまう人も多いようです。

 池田さんの「(着物警察を)ご存じでらっしゃる?」という問いかけに、「いや、もう、どこの世界にもいますよ警察は」と答えるマツコさん。

松:「こんな柄、こんな季節に着ちゃダメじゃない」とか、「こんなに着崩しちゃって」とか。

池:それで怖くなっちゃってもう着られないわ、って方がずいぶんいらっしゃる。

松:洋服だと人それぞれだからって、好きに着てるのに、なんで着物だとねえ? だから洋服を選ぶときと同じ感覚でお着物も選べばいいんですもんね。

池:はい、ほんとにそう思うんです。

 この2人のやりとりには、Twitter上の視聴者からも「素晴らしい名言出ました」「言って欲しかったことを言って欲しかった人が全国に向けて発信してくださって…感涙」「着物警察はさ、おばさんだけに限んないよね」などの反応がありました。

advertisement

「立派でなくても、洒落たものであればいい」

 次に池田さんが紹介した言葉は、「着物は立派でなくても、洒落たものであればいい」。高いお金を出して買うもの、それだけがいいものではない。「いわゆる古着屋さんで選んだものでも、うまくコーディネートして、自分流のおしゃれで着ることがいくらでもできるんだ」とその心を説明しました。

 いきなり着物を買うのはハードルが高い、という人には、「お母さまやおばあ様のお着物を上手にコーディネートして自分流に」というやり方をすすめます。これにはマツコさんも「確かに家の中に2着3着くらい着物ってあるはずだから、まずそれから着てあげるってすごく大事よね」と同意。

 視聴者からも、「私も最初は母の着物で着付けの練習した」「親の着物や昔買った古着着物とか実は結構持ってることに気付き…帯とか揃えたら使えるかもしれない」などのコメントが見られました。

advertisement

マツコも思わず「あーやせてたらな!」

 番組後半では、池田さん指導のもと、マツコさんが実際に古着着物をコーディネートしてみる時間も。帯や帯留めの選び方、半襟の合わせ方などを具体的にアドバイスされながらも、マツコさん独自のセンスでまとめ上げました。

 番組中に登場した古着着物の中には、大正時代に作られたという斬新なデザインのものも。クリムトの絵画のような一品、スキーをする人々を描いた一品、SLをモチーフにした一品など、現在ではなかなか見られないコレクションに思わずマツコさんも「これ……かっわいい……」「あーやせてたらな!」と感嘆の声を漏らしました。

 ラストで「楽しかったわー。毎週これで良いくらい」と漏らしたマツコさん。視聴者からは番組全体を通しての好評のほか、「私の古着物コーデコレクションも見て」 「恥ずかしいけど自分のコーデ集です」 「着物はいいぞ! 面白いぞ!」など、着物の魅力をさらに広めるためのツイートが多く投稿されていました。

今回紹介した「マツコの知らない世界」はParaviで視聴できます。

※状況により無料ではない可能性がございます。

関連人物

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.