メディア

【SLAM DUNK】一番リバウンドがうまいと思うキャラクターは誰?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1990年から1996年にかけて『週刊少年ジャンプ』に連載された、スポーツ漫画の金字塔のひとつ『SLAM DUNK(スラムダンク)』。連載終了から年月が経った今でも色褪せることない、漫画界の名作中の名作です。生命力にあふれたタッチの熱い作品でありながら、時にユーモアもあり、名ゼリフもたくさん生み出されました。

 バスケットボールの漫画ということから、テクニックも重要なポイント。中でも物語を通してキーとなるのが、リバウンドです。そこで今回は、「『SLAM DUNK』で一番リバウンドがうまいと思うキャラクターは誰?」というアンケートを実施します。リバウンドがうまいと思うキャラクターに、ぜひ投票してください!

 それでは、投票対象となるキャラクターの一部を紹介していきます。

advertisement

桜木花道

 主人公の桜木花道は、リバウンドが大きな持ち味。作中では「リバウンド王」の異名が有名ですね。高いジャンプ力と滞空時間の長さという、リバウンドには欠かせない能力を持つキャラクターです。

 バスケットボールの初心者だった桜木がリバウンドの才能に開花したのは、キャプテンの赤木によるマンツーマンの指導があってこそ。その際、赤木は「リバウンドを制する者は試合(ゲーム)を制す」という名ゼリフで、桜木をやる気にさせました。特訓後も多くの試合で、その鍛え上げたリバウンド力を発揮しています。

advertisement

赤木剛憲

 湘北高校バスケットボール部のキャプテン、赤木剛憲。身長は桜木よりも高い197センチで、神奈川県内ベスト5に入るほどの実力の持ち主です。リバウンドを取るのに有利な高身長に加え、ハエタタキと呼ばれるブロック能力もそなえ、ゴール周辺の攻めや守りに定評があります。

 リバウンドを桜木に教え込んだ張本人なので、当然リバウンドの重要さや攻略方法を熟知しています。インターハイ県予選でのリバウンド記録は、1試合平均12.3。得点数やブロック数も合わせて県内No.1センターとして認められ、バスケットボールの名門大学・深沢体育大学からもスカウトされました。

advertisement

魚住純

 神奈川県の強豪校・陵南高校バスケットボール部のキャプテン、魚住純。身長は赤木をも上回る202センチで、「ビッグ・ジュン」の異名をもつセンターです。抜群の体格とパワフルな身体能力は、リバウンダーとしての大きな強みとなっています。

 2年生の時にインターハイ予選でマッチアップした赤木をライバル視しており、「打倒・赤木」を目標に掲げることで、ゴール下の守りを徹底的に鍛錬してきました。インターハイ予選決勝リーグでは、苦境から湘北を追いつめる鬼神のごとき活躍をみせています。その実力は、神奈川No.1プレイヤーの牧紳一からも、「魚住がゴール下にいると、チームに一本芯が通る」と言わしめるほどでした。

advertisement

その他(コメント欄にお願いします)

 投票対象となるキャラクターの中から、3人を紹介しました。選択肢には、全部で18人のキャラクターを用意しています。もしリバウンドがうまいと思うキャラクターが選択肢にいない場合は「その他」に投票していただき、コメントでキャラクターの名前を教えてください。

 それでは、下記のアンケートより投票をお願いします!

advertisement

アンケート:『SLAM DUNK』で一番リバウンドがうまいと思うキャラクターは誰?

『SLAM DUNK』で一番リバウンドがうまいと思うキャラクターは誰?
合計:1537票
実施期間:2021/02/11 00:00 〜 2021/02/24 23:59
投票は締め切りました

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.