メディア

【鬼滅の刃】柱を除く好きな鬼殺隊メンバーランキング! 第1位は「我妻善逸」に決定! 【2021年最新結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

※本記事には『鬼滅の刃』のネタバレが含まれています。原作未読の人はご注意ください。

 2021年2月6日から2021年2月20日までの間、ねとらぼ調査隊では「あなたが好きな『鬼滅の刃』柱を除く鬼殺隊メンバーは?」というアンケートを実施していました。

 『鬼滅の刃』は週刊少年ジャンプに掲載されていた人気漫画で、鬼と戦う「鬼殺隊」の活躍が描かれました。鬼殺隊には魅力的な柱がたくさんいますが、柱以外のメンバーも大活躍しており、柱以外のメンバーを推しているという人も多いでしょう。それでは、ランキングの結果を見ていきましょう。

 今回のアンケートでは、計3544票の投票をいただきました。たくさんのご投票、ありがとうございます!

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第10位:粂野匡近

 第10位は、粂野匡近でした。小説『鬼滅の刃 風の道しるべ』に登場した粂野匡近は風の呼吸の使い手で、風柱である不死川実弥の兄弟子に当たる人物です。鬼殺隊に入る前の実弥と出会い、育手を紹介しました。

advertisement

第9位:後藤

 第9位は、後藤でした。後藤は戦闘の後処理を担う「隠」の隊員です。面倒見がよく、炭治郎を気にかけている優しい人でもあります。コメントでは「炭治郎をいろんな場面で助けてくれているし、成長を見守ってくれている」という声が見られました。

advertisement

第8位:鱗滝左近次(育手)

 第8位は、鱗滝左近次でした。水柱である冨岡義勇や主人公の炭治郎の育手です。かつては水柱を務めるほどの剣士でした。

advertisement

第7位:神崎アオイ

 第7位は、神崎アオイです。蝶屋敷で負傷した隊士の治療や訓練の指揮をとっています。コメント欄には「アオイちゃんがいなかったら鬼殺隊はなりたってないっ」という声が寄せられました。

advertisement

第6位:不死川玄弥

 第6位は、不死川玄弥でした。不死川実弥の弟で、炭治郎の同期です。兄である実弥との関係や、黒死牟に必死に向かっていく姿に涙した人も多かったのではないでしょうか。

advertisement

第5位:村田

 第5位は、村田でした。村田さんは炭治郎たちの先輩に当たる隊士です。寄せられたコメントでは「村田さん最前線に居て最後まで生き残ってて何気に最強なのでは?」という声がありました。

advertisement

第4位:栗花落カナヲ

 第4位は、栗花落カナヲでした。蟲柱である胡蝶しのぶの継子で、小さな頃にしのぶと姉のカナエに引き取られ、育てられました。しのぶの仇を討つため、それまで見せたことない表情で童磨に食らいついていく姿は、熱いものがありました。

advertisement

第3位:竈門炭治郎

 第3位は、主人公の竈門炭治郎でした。得票数は600票と、全体の16.9%の票を獲得して3位にランクイン。

 鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻すために、鬼殺隊に入った炭治郎。長男として自分を奮い立たせる姿が印象的です。コメント欄では、「守りたい、あの笑顔…と思うほど笑顔に癒され、菩薩かな?と思うほどの慈愛に満ちた優しさ…大好きです!」という声が寄せられていました。

advertisement

第2位:嘴平伊之助

 主人公を抑え第2位にランクインしたのは、嘴平伊之助でした。得票数は782票と、全体の22.1%の票を獲得しています。

 当初は誰にでも戦いを挑む破天荒な性格でしたが、炭治郎や善逸と一緒にいるうちに成長していきます。母の仇である童磨をカナヲと一緒に倒したシーンや、無惨によって変わった炭治郎を斬れず、涙を流すシーンは涙が止まりませんでした。

 寄せられたコメントでは「美形な顔、マッチョで柔軟な身体能力、猪突猛進なところ、全てが可愛い」「最初は100%野生だったのに、最後は仲間のために戦う立派な隊士になっていて感動」などの声が見られました。

advertisement

第1位:我妻善逸

 第1位に輝いたのは、我妻善逸でした。得票数は796票と、全体の22.5%の票を獲得しています。

 怖がりですぐ泣きわめく、女の子に弱いなど、一見頼りない善逸ですが、恐怖が限界に達して眠りについたとき、彼の本当の強さが発揮されます。週刊少年ジャンプで発表された第二回『鬼滅の刃』人気投票では第2位の冨岡義勇から4000票以上の差を付け、第1位に輝くほどの人気を誇っています。

 コメント欄でも、善逸が好きだという声が多く寄せられました。「ダメなところも多いけど好きな子のために不器用に頑張る姿が愛おしい」「普段は怖がりで臆病なところを前面に出していますが、いざというときに強い所がギャップ萌えです!」など、彼のギャップにハマってしまった人が多いようです。

まとめ

 今回のアンケートでは、メインキャラクターとなった炭治郎、伊之助、善逸の3人がTOP3という結果になりました。特に1位となった善逸は連載時から高い人気を誇り、納得の戴冠といえるでしょう。なお11位以下のランキングは、次のページから確認できます。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.