メディア

フィット感や音質向上に効果も! 「イヤホン交換用イヤーピース」おすすめ6選&AmazonランキングTOP10!【2021年8月】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 近年のイヤホンは耳に押し込むカナル式というタイプが主流となっています。外耳道に直接イヤーピースが触れるため、標準のイヤーピースではサイズや素材感がフィットせず、耳にかゆみや痛みを感じたことがある人もいるかと思います。

 今回は、そんな装着感や音質に直結するパーツであるイヤーピースを取り上げます。ここでは、素材や機能性にこだわった交換用イヤーピースを6種類紹介します。

advertisement

高機能イヤーピースとは?

 各社から素材や音質にこだわって設計されたイヤーピースが多数販売されています。体温により変形し耳に馴染むタイプのものや、音の乱反射をコントロールし純度の高い音を再現するものなど、それぞれ特徴を持っています。

advertisement

高機能イヤーピースのメリット・デメリット

 標準のイヤーピースはコストダウンの影響を受けており、ペラペラとした頼りない印象のものも多いです。また、サイズも必要最低限のS・M・Lしか同梱されていないことが多く、個別に買う場合は自分の耳にしっかりフィットするイヤーピースを選ぶことが大切です。交換用イヤーピースのなかには、よりサイズ展開が豊富であったり、音質を向上させるものも存在します。

 交換用イヤーピースのデメリットは、まずは価格が高めの製品が多いことが挙げられます。その分、機能や音質に特化しているわけですが、普段遣いのイヤホンのパーツであり、また消耗品であることからも、自分が使っているイヤホンとバランスの取れた価格帯のものを選ぶ必要があるかも知れません。素材によってはホコリが付着しやすいものなどもあるので、イヤホンの収納の仕方に注意が必要なものもあります。

advertisement

高機能イヤーピースの選び方

 まずは、今自分が使っているイヤホンの不満点を挙げてみましょう。装着感に不満があったり、特定の音域が弱かったりするようなら、それらの問題を解決するイヤーピースを選択することが必要です。モデルによっては、SSサイズやMS・MLサイズといった中間のサイズがそろっているものもあり、耳によりフィットするサイズを選ぶことができます。

advertisement

おすすめ商品紹介

 ユーザーがイヤホンに機能性や音質向上を求める声は年々大きくなってきており、各社から期待にこたえた製品が多く発売されています。耳から外れにくい素材であったり、音質を追求したものであったりとさまざまですが、自分に一番合ったイヤーピースを選んでください。

advertisement

JVC スパイラルドット++

画像はAmazon.co.jpより引用

 JVCから発売されている「スパイラルドット++」。イヤーピース内壁にスパイラル状に配置した凹みにより、反射音を拡散させ直接音とのバランスを最適化した高音質イヤーピースです。肌に近い理学特性を持つSMP iFitが採用されており、雑味が抑制されたサラサラとした美しい高音域が特徴です。

advertisement

Comply Tsx-400

画像はAmazon.co.jpより引用

 低反発イヤーピースの代名詞的存在であるComplyの「Comply Tsx-400」。日本人特有の湾曲した外耳道でもチップの先端が広いので開口部が閉じません。また、球体形状なので耳に深く入れなくても外れず、快適性も優れています。耳垢ガード付きの低反発ポリウレタンを採用することで、極めて高い遮音性を実現しており、低域の迫力も増します。

advertisement

AZLA SednaEarfit XELASTEC

 数多くの高機能イヤーピースを発売しているAZLA。「AZLA SednaEarfit XELASTEC」は、熱可塑性エラストマー素材を採用することで、体温により軟化し、耳に吸い付くような極上のフィット感が得られます。また、FDA(アメリカ食品医薬品局)とEU10/2011規定に対応したTPEにより、刺激性が少なくかゆみや痛みを生じにくくする効果もあります。

advertisement

AZLA SednaEarfit Crystal

 3Dサラウンドに特化した音響設計の「AZLA SednaEarfit Crystal」。ホーン形状により、特に高音域の再現が美しく、澄み切った音が再現されます。また、 圧迫ZERO設計をキーワードとしており、素材としてプレミアムLSR(リキッド・シリコン・ラバー)を採用したことにより、適度な摩擦感で落下を防止します。また、低刺激性と細菌繁殖の抑制も兼ね揃えているため、常に清潔な状態を保つことができます。

advertisement

acoustune AET07

画像はAmazon.co.jpより引用

 オーディオメーカーであるacoustuneから発売される「acoustune AET07」。同社イヤホンの開発工程でも使用されるベンチマークであり、バランスを重視した音質が特徴のイヤーピースです。ノズル開口部を可能な限り広く短く設計し、更にノズル軸部の硬度を高めに成形する事で、特に中高域の減衰を抑え、再生周波数全域における高い解像度と抜けの良さを実現しています。

advertisement

AZLA SednaEarfit

 「AZLA SednaEarfit」は、788人の外耳道を分析した上でデザインされた、装着感と音質を高い次元で両立させたイヤーピースです。共振による音質劣化を抑え、特に高域の表現力を最大限に引き出しているのが特徴です。高音質・高機能イヤーピースとしては比較的安価な価格なのも魅力です。筆者も複数のイヤホンに装着して愛用しています。

 ここまで「イヤホン交換用イヤーピース」のおすすめ6選を紹介してきました。次のページではAmazon.co.jp「交換用イヤーピース」ランキングTOP10を掲載しています!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.