メディア

「健康寿命」ランキングTOP30! 1位は「日本」の74.1歳【2019年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 医療技術の発達などにより、先進国を中心に平均寿命が80歳を超えることも珍しくなくなってきました。それに比例して近年注目を集めているのが、平均寿命から介護状態の期間を差し引いた「健康寿命」です。

 健康的に長生きできる国はいったいどこなのでしょうか。今回は、世界保健機関(WHO)の発表した「World Health Statistics 2021」から、国別の健康寿命をランキング形式で紹介します。なお、データは2019年時点の男女全体のものです。

(出典:WHO

画像は「写真AC」より引用
advertisement

第3位:韓国

画像はpixabayより

 第3位は、韓国です。健康寿命は73.1歳。男性のみでは71.3歳で8位、女性のみでは74.7歳でシンガポールと同率2位となっています。2017年にインペリアル・コレッジ・ロンドンとWHOが先進国35カ国の寿命を分析した際、韓国の女性が世界で初めて平均寿命が90歳を超えるとの予測が発表されるなど、高齢者の健康面に関する政策が高く評価されています。

advertisement

第2位:シンガポール

画像は写真ACより

 第2位はシンガポール。健康寿命は73.6歳です。男性のみでは72.4歳、女性のみでは74.7歳で、どちらも全体で2位にランクインしています。2017年に同国保健省とワシントン大学付属健康測定・評価研究所が実施した調査では、1990年時点と比較して平均寿命が8.7歳、健康寿命が7.2歳も伸びているという結果が報告されるなど、近年は寿命の延びがめざましい国です。

advertisement

第1位:日本

画像は写真ACより

 そして第1位は日本でした。健康寿命は74.1歳。男性のみでは72.6歳、女性のみでは75.5歳となっており、どちらも全体で1位でした。医療のレベルが高いことに加え、国民皆保険制度により気軽に病院にかかりやすいなど、充実した医療体制が長寿を支えています。また野菜や魚を多く摂取する伝統的な食文化なども、長寿の要因といわれています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.