メディア

「住みここちの良い都道府県」ランキングTOP10! 1位は「東京都」【2021年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年8月25日、大東建託は居住満足度調査の中から「いい部屋ネット 街の住みここち&住みたい街ランキング2021<全国版>」の結果を発表しました。今回は、その中から「住みここち(都道府県)ランキングTOP10」の結果を見ていきましょう。

(出典元:大東建託

画像は「写真AC」より引用
advertisement

第3位:福岡県

 第3位は「福岡県」でした。九州最大のターミナル駅で商業施設も充実している博多駅や、2019年の駅ビルのリニューアルでさらに活性化した自然も豊かな大橋駅など、福岡市内の主要駅周辺をはじめとして利便性の高いエリアがたくさんあります。ほかにも、物価が安かったり、医療施設が充実していたりと、多くの魅力にあふれた暮らしやすい県です。

advertisement

第2位:兵庫県

画像は「写真AC」より引用

 第2位は「兵庫県」でした。大阪と神戸のほぼ中間に位置し、住宅地として発展している西宮市や、多くの商業施設や観光スポットなどがある一方で、六甲山系や瀬戸内海などの自然も望める神戸市中央区などが、住みたい街として人気を集めています。そのほかにも、ベッドタウンとして発展を続ける明石市や独特の雰囲気が魅力の宝塚市など、魅力的な街がたくさんあります。

advertisement

第1位:東京都

画像は「写真AC」より引用

 第1位は「東京都」でした。銀座などの商業中心地や下町情緒あふれる月島などが同居する中央区や、文教地区として有名な文京区、東京を代表するスポットが多くある港区など、どこのエリアも魅力たっぷり。都心へのアクセスが良く、豊かな自然に恵まれた吉祥寺なども、住みたい街として人気ですね。2000年代以降は、タワーマンションの建設が進んで首都圏の生活利便性が向上するなど、都心での暮らしやすさも高まっています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.