メディア

「政府のデジタル化が進んでいる国」ランキングTOP20! 1位は「デンマーク」、日本は何位?【2021年度版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 今回は早稲田大学電子政府・自治体研究所による、「2021年度世界デジタル政府ランキングTOP20」を紹介します。2021年度で第16回となるこの調査は、世界のICT(情報通信技術)先進国64カ国・地域における政府のデジタル化の進捗度を評価したものです。

 日本は今回9位にランクイン。前年から2つランクを落としています。それでは、TOP3を見てみましょう。

(出典:早稲田大学「世界デジタル政府ランキング2021」

advertisement

第3位:イギリス

画像は「写真AC」より引用

 第3位はイギリスでした。

 前年度から順位を上げる形でのTOP3入りとなったイギリス。今回は「オープン・ガバメント(1位)」の点で大きな評価を受ける形となりました。同国はコロナ化によって医療分野のDX化が大きく進み、ICUのベッドの需要をAI予測できるようにするなどの試みが行われました。

advertisement

第2位:シンガポール

画像は「写真AC」より引用

 第2位はシンガポールでした。

 シンガポールも前年度から順位を上げる形で2位となっています。同国は高いデジタル競争力を有しており、スイスIMDの「世界のデジタル競争力ランキング 2020」では世界2位となっています。今回のランキングにおいては特に「政府 CIO の活躍度(1位)」「ICT による市民の行政参加の充実度(1位)」「サイバーセキュリティ(1位)」などが高く評価された形となりました。

advertisement

第1位:デンマーク

画像は「Pixabay」より引用

 第1位はデンマークでした。

 デンマークは同ランキングにおける上位常連国。2018年~2022年においては1~2位のいずれかにつけています。今回の個別評価では「行財政改革へ貢献度(1位)」「各種オンライン・アプリケーション・サービスの進捗度(1位)」「ホームページ,ポータルサイトの利便性(1位)」などが高評価の対象となりました。デンマークでは2011年に設置されたデジタル化庁が強力な権限を有しており、各省庁を横断する形でのデジタル化を推進することができています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.