メディア

【ゴジラ】あなたが一番好きな「平成ゴジラシリーズ」に登場した怪獣・メカはなに? 【2022年版人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1984年(昭和59年)公開の「ゴジラ」から、1995年(平成7年)公開の「ゴジラVSデストロイア」までの一連のシリーズの総称である「平成ゴジラシリーズ」。リアリティーのある設定やストーリー、そして迫力ある特撮や戦闘描写から、現在も高い人気を誇っています。

 そこでねとらぼ調査隊では、今年も「あなたが好きな平成ゴジラシリーズに登場する怪獣・メカは?」というアンケートを実施します。まずは、平成ゴジラシリーズに登場した怪獣・メカから5体を紹介しましょう!

advertisement

ゴジラ

ゴジラ(1984年版)
出典「Amazon.co.jp」
ゴジラ(1984年度作品) <東宝Blu-ray名作セレクション>"

ゴジラ(1984年度作品) <東宝Blu-ray名作セレクション>

小林桂樹, 田中健, 沢口靖子
2,845円(07/07 23:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

 恐竜の生き残りが核実験の影響によって巨大化したとされる怪獣。昭和ゴジラシリーズ後期には、ゴジラが人類の味方として共闘する展開が多く見られましたが、平成ゴジラシリーズでは再び人類の脅威として立ちはだかりました。

 平成ゴジラシリーズの世界観では、1984年版の「ゴジラ」にて「1954年のゴジラ出現から30年ぶりにゴジラが現れた」と設定されており、初代ゴジラと比べ身長・体重も大きく進化を遂げ、数々の怪獣・メカと激しい戦いを繰り広げました。また、同シリーズでは前身となる恐竜「ゴジラザウルス」や、同種族の「ベビーゴジラ」(のちのリトルゴジラ/ゴジラジュニア)も登場しています。

advertisement

ビオランテ

ゴジラVSビオランテ
出典「Amazon.co.jp」
【メーカー特典あり】ゴジラVSビオランテ (5/14公開「ゴジラvsコング」特製…"

【メーカー特典あり】ゴジラVSビオランテ (5/14公開「ゴジラvsコング」特製…

三田村邦彦, 田中好子, 高嶋政伸, 小高恵美, 峰岸徹
3,272円(07/07 23:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

 生物学者の白神源壱郎博士によってゴジラの細胞とバラの細胞をもとに生み出された、バイオ怪獣。巨大なバラのような見た目の「花獣形態」と、より動物的な見た目の「植獣形態」という2つの形態を持ち、その特異な造形から特撮ファンの間でも人気の高い怪獣です。

 さまざまな可能性を持った“ゴジラ細胞”を巡る争いによって、愛娘を失った白神博士。彼の行き過ぎた愛情によって誕生したビオランテは、そのデザインもさることながら、深いドラマ性をも内包した怪獣として知られています。

advertisement

キングギドラ

ゴジラVSキングギドラ
出典「Amazon.co.jp」

 ゴジラに敗れて海底に沈んでいたキングギドラを回収し、サイボーグ化した怪獣。真ん中の首や胴体、脚部などの破損した部分がサイボーグ化によって再生されました。左右の首からは、キングギドラが得意としていた引力光線が放たれるほか、真ん中の首からはさらに高威力のレーザー引力光線が放たれます。

 23世紀の技術によって誕生したメカキングギドラは、タイムマシン「KIDS」をコクピットブロックとして組み込むことで、タイムワープも可能に。過去へと戻り、ゴジラと激戦を展開しました。

advertisement

メカゴジラ

ゴジラVSメカゴジラ
出典「Amazon.co.jp」

 「ゴジラVSキングギドラ」で大破したメカキングギドラの残骸を解析し、23世紀の技術をもとに開発された対ゴジラ兵器。スーパーX2に搭載されたゴジラの熱戦を跳ね返すファイヤーミラーを発展させた「プラズマ・グレネイド」やゴジラの第二の脳を破壊し、一時行動不能にまで追い込んだ「Gクラッシャー」など多彩な武装を装備しています。

 また、優れた機動力を持つ飛行メカ「ガルーダ」と合体し、スーパーメカゴジラとなるなど、過去のメカゴジラとは異なるヒロイックな展開やデザインが多くのファンの心をくすぐりました。

advertisement

デストロイア

ゴジラVSデストロイア
出典「Amazon.co.jp」
ゴジラVSデストロイア <東宝Blu-ray名作セレクション>"

ゴジラVSデストロイア <東宝Blu-ray名作セレクション>

辰巳琢郎, 石野陽子, 林泰文
3,392円(07/07 23:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

 初代「ゴジラ」で使用されたオキシジェン・デストロイヤーの影響で生まれた怪獣。ミクロオキシゲンと呼ばれる微細な酸素を生成する能力を得ており、成長・合体・分離することで自在に形態を変化させます。

 完全体となったデストロイアは、ゴジラを上回る巨体と怪力をもつ一方、その戦闘スタイルは狡猾そのもの。奇襲や不意打ちなどを得意とします。また、何度も進化を遂げる点もデストロイアの特徴です。絶命の危機に瀕しても、パワーアップしてよみがえる姿に震えたファンもいたことでしょう。

advertisement

まとめ

 ここまで「平成ゴジラシリーズ」に登場した5体の怪獣・メカを紹介しました。その洗練されたデザインや設定は、現在も色あせることなく非常に魅力的ですね。選択肢には「平成ゴジラシリーズ」の怪獣と、実在の兵器以外のいわゆる東宝自衛隊(Gフォース)メカを合わせて20種類用意しています。

 なお、昭和シリーズや、のちのミレニアムシリーズなどに登場した怪獣やメカは含めていませんのでご注意ください。また、異なる形態を持つ怪獣は一つの種類にまとめ、メカについてはスーパーXシリーズやメーサータンクなど主要なもののみ選択肢としていますが、もしもそれ以外の怪獣やメカに投票したいという場合は「その他」を選択のうえ、コメント欄に怪獣・メカ名と投票理由をお書きください。

 ほかにも、各怪獣・メカの魅力的なところや、印象に残っている作中のシーンなども、ぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

advertisement

アンケート

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.