メディア

【水曜どうでしょう】「現地ガイド」人気ランキングTOP9! 第1位は「熊谷さん」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「水曜どうでしょう」は1996年から2002年までレギュラー放送されていた、北海道ローカル発のバラエティ番組です。鈴井貴之さんと大泉洋さんがレギュラー出演し、さまざまなロケや企画を繰り広げました。

 2022年6月19日から6月26日までの間、ねとらぼ調査隊では「好きな水曜どうでしょうの『現地ガイド』を教えて!」というアンケートを実施していました。

 今回のアンケートでは計667票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第2位:ニャンさん

 第2位はニャンさん。得票数159票、得票率は23.8%でした。

 「原付ベトナム縦断1800キロ」の際にガイド兼通訳を任されたのが、ベトナム人のニャンさん。カトコトの日本語ながら、おもてなしの心を持ったニャンさんは、旅の最中にどうでしょう史上に残る名言や歌を残しました。

 その中の一つに、ベトナム縦断思い出の曲となった「ホーチミンシー」の熱唱が挙げられます。ちなみに2003年発売のDVD第1弾「原付ベトナム縦断1800キロ」には、ニャンさんの生歌バージョンと、ニャンさんのちょっと音程が外れた生歌を元に作られた「オリジナル・オルゴールバージョン」が収録されています。

advertisement

第1位:熊谷さん

 第1位は熊谷さんでした。得票数251票、得票率は37.6%でした。

 前企画の「対決列島 〜甘いもの国盗り物語〜」でミスターチームが負けたことにより、ユーコン川をカヌーで川下りすることに。そんなきっかけで行われた「ユーコン川160キロ~地獄の6日間」で、ガイドを務めたのがユーコンのヨシこと、熊谷さんでした。

 熊谷さんは福岡県出身の日本人で、日本人向けにユーコンの魅力を伝えるガイドをしています。旅の道中、大泉さんにモノマネをリクエストしてキャンプ場を見落としたり、シェフ大泉のグレーリング飯をおみまいされたりと、しっかり番組になじんでいました。

 後に旅を振り返り、「本当に楽しかった」と番組ディレクター・藤村さんにメールが届いたそうです。その後もどうでしょう班とはメールのやり取りなどの交流を続けているようで、ある時、ユーコンのヨシから写真と共にウイルスが送られてきたと、笑い話にされていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「バラエティ」のアクセスランキング