ニュース
» 2011年05月17日 13時34分 UPDATE

ニンテンドー3DS、DRM反対キャンペーンの標的に

Free Software Foundationが3DSのDRMに抗議し、任天堂に段ボール製のレンガを送るよう呼びかけている。

[ITmedia]

 任天堂の3DSが、フリーソフト推進団体のDRM(デジタル権利管理)反対キャンペーンのターゲットになっている。

 Free Software Foundation(FSF)は先週、3DSの利用規約とDRMへの反対キャンペーンを開始した。3DSの利用規約で「任天堂は3DSのすべてあるいは一部をユーザーへの通知なしでアップデートあるいは変更できる」「3DSハード・ソフトに非公認の改造を加えたり、非公認デバイスを接続して使うと、3DSを恒久的にプレイできなくなる」とされていることなどに異を唱え、受け入れられるものではないと主張している。

 また、任天堂はDRM技術を使って、「ユーザーの使い方が気に入らなければ、3DSをbrick(レンガで囲う、閉ざす)」して使えなくするとも非難。同社が3DSでのユーザーの活動やユーザーの作成したデータを追跡していることも指摘している。

 FSFは抗議のため、段ボール製のレンガを任天堂に送りつけるようと呼びかけている。目標は5月16日までに200個だが、達成できたかどうかの報告はまだない。13日の時点では70個だったという。

関連キーワード

ニンテンドー3DS | 任天堂 | DRM | FSF | フリーソフト


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー