ニュース
» 2011年07月27日 19時09分 UPDATE

米でMcDonald'sのハッピーセットがヘルシー志向に リンゴを追加

肥満児対策で、米McDonald'sの子ども向けメニュー「Happy Meals」にリンゴが付いてくるようになる。ポテトは半減だ。

[ITmedia]

 米McDonald'sの子ども向けメニュー「Happy Meals」(日本では「ハッピーセット」)が9月からヘルシー志向に変わる。ポテトが小さくなり、リンゴが付いてくる。

 これまでのHappy Mealsは、サイドメニューとしてフライドポテトかリンゴのスライスのどちらかを選ぶようになっていたが、新メニューはリンゴとポテトの両方が付き、ポテトのサイズは従来の約半分になる。サイドメニューをリンゴだけにすることも可能だ。ドリンクの選択肢にも、新たに無脂肪チョコレートミルクと低脂肪牛乳が加わる。

 McDonald'sは2004年からHappy Mealsの選択肢としてリンゴを提供しているが、リンゴを選ぶ人はわずか11%という。新メニューは9月に開始し、2012年第1四半期までに全米展開する。

 同社は児童の肥満の原因になっているとしてたびたび批判されてきた。Happy Mealsの変更は栄養向上策の一環で、ほかにもメニューの栄養成分情報をチェックできるスマートフォンアプリをリリースしたり、顧客の声を聞くツアーを実施する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう