ニュース
» 2012年01月06日 08時30分 UPDATE

Google、Chromeキャンペーンのガイドライン違反で自身を「処罰」

GoogleがChrome広告キャンペーンにガイドライン違反があったとして、Chromeブラウザのページの検索順位を引き下げた。

[ITmedia]

 Googleが、自身の広告キャンペーンに規約違反があったとして、ChromeブラウザのページのPageRankを引き下げた。自分自身を罰した格好だ。

 GoogleのChromeプロモーションキャンペーンで、同社がスポンサーしたブログ投稿の中に、宣伝目的のリンクに「nofollow」属性をつけるというガイドラインに従っていないものがあったことが、検索エンジンニュースサイトなどで指摘された。nofollowは、不正なランキング操作を防止するための対策だ。プロモーションは広告代理店Unruly Mediaによるものという。

 Googleのマット・カッツ氏はこの問題について、Webスパムチームが対応したとしている。違反があったのはスポンサー付き投稿のうち1件だったが、それでも違反行為であることに変わりはないため、www.google.com/chromeの検索順位を少なくとも60日間引き下げる処置をしたと説明している。

 現在、「ブラウザ」「browser」をGoogleで検索すると、検索結果の上位にChromeのページが表示されないようになっている。

ah_chrome.jpg 「ブラウザ」の検索結果

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう