ニュース
» 2017年05月16日 07時00分 UPDATE

VR対応でバーチャルダイビングが楽しめそう! 米国、360度海中写真ギャラリーを公開 フロリダキーズなど

国立海洋保護区をダイバーが撮影。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 アメリカ海洋大気庁(NOAA)が、国立海洋保護区の海中などを撮影した360度写真ギャラリーを公開しました。VRヘッドセットでの閲覧に対応しており、スキューバダイビング気分が味わえそう。


Gray's Reef Gray's Reefの魚の群れ(Webサイトより)

 南太平洋ポリネシア地方の島々から成るアメリカ領サモア、フロリダ州の列島・フロリダキーズなど、ダイバーが撮影した5カ所の360度写真がWeb上に掲載されています。美しいサンゴ礁、海底に建てられた銅像「Christ of the Abyss」に加え、間近に迫る魚の群れなどを目にすることが可能。

 PCやスマホ、タブレットから見ることができ、VRヘッドセットを利用すれば、よりリアルに海中を体験することも。他のダイバーが頭上に浮いていたり、地上では見られないカラフルな植物が生えていたりと、不思議な世界に入り込むことができそうです。


VIRTUAL DIVES バーチャルで美しい海に飛び込める「VIRTUAL DIVES


Flower Garden Banks Flower Garden Banks(Webサイトより)


Christ of the Abyss フロリダキーズの「Christ of the Abyss」(Webサイトより)

 アメリカ海洋大気庁は2014年から、国立海洋保護区の360度写真の撮影を行っており、今後もハワイ諸島やモントレー湾(カリフォルニア州)などが公開される予定です。

マッハ・キショ松

関連キーワード

アメリカ | 写真 | 撮影 | VR


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー