ニュース
» 2017年10月23日 17時20分 UPDATE

横浜税関ビルに自分の巨大化した顔が映るとんでもない顔ハメ看板 スマートイルミネーション横浜2017で爆誕

上海にも同じ顔ハメ看板が設置され、現地人の顔をリアルタイムでビルへ映し出します。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 11月1日〜12月31日にかけて開かれるスマートイルミネーション横浜2017。その11月1日〜5日までの目玉イベントとして、顔をハメると、横浜税関ビルに巨大化した顔が映し出される顔ハメ看板が登場します。


巨大顔ハメ看板 歴史ある横浜税関ビルに巨大な顔が映し出される、驚がくのアート

 横浜港にある象の鼻パークに設置された顔ハメ看板から参加者が顔を出すと、ドーンと巨大化した顔が、横浜税関ビルに映し出されます。

 さらに中国の上海にも同じ顔ハメ看板を設置し、現地の方の笑顔をリアルタイムにビルへ映し出して横浜と上海を笑顔でつなぐという、とんでもなくダイナミックなアートプログラムです。

 期間中は17時〜22時の間に来て並べば参加可能です。なお1日の17時30分〜50分ごろには、子どもたちが参加するオープニングイベントが開催。未来を担う子どもが「顔ハメ」に挑戦し、その笑顔を投影するそうです。

 この作品は東京駅100周年記念ライトアップなども手がけるアーティスト・高橋匡太氏によるもので、大規模な参加型アートプロジェクトも数多く手がける彼ならではのスケールの大きさ。


巨大顔ハメ看板 高橋匡太さんが「◯」を描いた果実袋に、参加者がスマイルを書き足して完成させる作品「ひかりの実」も

 スマートイルミネーション横浜2017ではこのほかにも、横浜市各所で多彩なイルミネーションや夜景を彩るイベント等が繰り広げられる「ヨコハマ・イルミネーション・マンス」などが開催され、終わりに近づく2017年の日々を彩ります。


※画像は公式サイトより

辰井裕紀


関連キーワード

イルミネーション | 横浜 | イベント | 夜景


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう