ニュース
» 2018年08月03日 17時52分 公開

小田急が新型「海賊船」を建造 箱根エリアに100億円規模の大型投資、「ロープウェイ」「早雲山駅舎」なども次々と生まれ変わる

水戸岡氏デザインの海賊船がかっこよすぎる。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 小田急箱根グループが箱根エリアに総額100億円規模の大型投資を行うと発表しました。

小田急 箱根 大型投資 海賊船 水戸岡鋭治 芦ノ湖の海賊船が新しく建造される デザインは水戸岡鋭治氏

 箱根といえば、箱根登山鉄道、ケーブルカー、ロープウェイ、遊覧船、登山バスといろいろな乗り物を乗り継いで周遊できる交通ファンにとってうれしい場所です。小田急は箱根エリアの魅力をより高めるべく、新型海賊船、新型ゴンドラの建造、早雲山駅の駅舎改良などを手掛けます。

新型の「海賊船」は水戸岡鋭治氏デザインに

 芦ノ湖の遊覧船「箱根海賊船」は2018年8月現在3隻が運航しています。今回の投資で新たに建造される海賊船は歴代7代目に当たります。内外装のデザインは水戸岡鋭治氏が代表を務めるドーンデザイン研究所です。

 水戸岡鋭治氏はJR九州など、全国数多くの鉄道車両のデザインを手掛ける工業デザイナー。豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」(関連記事)など、インテリアに木材や地域の伝統工芸品をふんだんに盛り込んで表現する斬新なデザインが印象的です。今回の新型海賊船も、温かみのある木材を床から天井まで贅沢に使い、調度品も細部までこだわってクラシック感を演出します。船体は黄金色となります。

小田急 箱根 大型投資 海賊船 水戸岡鋭治 インテリア 木材をぜいたくに使った内装に
小田急 箱根 大型投資 海賊船 水戸岡鋭治 甲板 黄金色できらびやかな船体に

 現在使われている海賊船は、「ロワイヤルII」がフランス艦隊の戦艦、「ビクトリー」が英国の戦艦、「パーサ」がスウェーデンに現存する戦艦と、なにがしかがモデルになっています。しかし今回の新型海賊船にモデルはなく、全くのオリジナルでデザインされるそうです。

小田急 箱根 大型投資 海賊船 水戸岡鋭治 側面図
小田急 箱根 大型投資 海賊船 水戸岡鋭治 前面 後面

 新型海賊船は2019年2月に進水式、同年4月に就航の予定です。

ガラス面が広い「新型ゴンドラ」の導入

 箱根ロープウェイでは、ガラス面を広げた新型ゴンドラを導入します。眺望が良くなり、大桶谷の絶景もさらによく見えるようになるそうです。また、扉開口部も大型化して乗り降りしやすくします。

 新型ゴンドラは、現行と同じスイスCWA社の最新型「TARIS(タリス)」を導入。日本では初導入となり、2021年4月に営業開始予定です。

小田急 箱根 大型投資 ロープウェイ 外観 スイスCWAの「TARIS」を導入
小田急 箱根 大型投資 ロープウェイ 扉 開口部が広くなり、2人一緒に乗り降りできる
小田急 箱根 大型投資 ロープウェイ 内部 ガラス面が広がり、パノラマビューがより楽しめるように

「早雲山駅」を改修 眺望を楽しめる足湯付きテラスを設置

 箱根登山ケーブルカーと箱根ロープウェイの乗換駅である早雲山駅。現状はちょっと寂しい駅舎ですが、これが大きく生まれ変わります。

 まずケーブルカー駅舎とロープウェイ既存駅舎を一体化してバリアフリー化を進めるとともに、明星ヶ岳や相模湾を一望できる「足湯付きテラス」を設置します。

小田急 箱根 大型投資 早雲山駅 早雲山駅は眺望が楽しめるテラスのある駅へ生まれ変わる
小田急 箱根 大型投資 早雲山駅 内装 テラスには足湯が設置予定
小田急 箱根 大型投資 早雲山駅 眺望 明星ヶ岳や相模湾を一望できる

 小田急電鉄は「ただの乗換駅ではなく、ちょっと立ち寄ってもらえる場所にしたい」と話していました。

小田急 箱根 大型投資 早雲山駅 外観
小田急 箱根 大型投資 早雲山駅 改札

鉄道、ケーブルカー、登山バスも車両更新

 箱根登山鉄道には、最新車両3000形の「アレグラ号」が追加導入されます。また、2000形は空調装置の搭載場所を室内から屋根上に変更し、車内空間を広げます。

小田急 箱根 大型投資 早雲山駅 プレスリリース 3000形 アレグラ号

 小田急による箱根エリア大型投資は全13項目と大々的に行われ、車両の更新や駅の改修など箱根のあちらこちらで改修が進められます。

小田急 箱根 大型投資 早雲山駅 プレスリリース 車両の更新などがめじろ押し

 これらの大型投資の背景には何があるのでしょうか。小田急電鉄は「外国人観光客増加への対応、そして関東だけではなく中部や関西のお客さまにも来ていただきたいと考えています。来ていただいた際に楽しんでいただけるよう、少しずつ整備を進めていきます」と話してくれました。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう