ニュース
» 2005年03月07日 12時42分 公開

ニンテンドーDSで遊ぶ最先端のアート「エレクトロプランクトン」――発売記念イベントも開催決定

日本を代表するメディアアーティスト、岩井俊雄が作りあげた本作。今まで「見たことない」「触ったことない」「聴いたことない」まったく新しいジャンルが登場する!

[ITmedia]

 「電子の海で、プランクトンと遊ぼう」という非常に興味深いテーマを持ったタイトルが、ニンテンドーDSにて発売される。その名も「エレクトロプランクトン」。

 日本が世界に誇るメディアアーティスト、岩井俊雄氏がニンテンドーDSのために作りあげたという本作は見て、さわって、聴いて感じる、音楽と映像の新しいエンターテインメントとなっている。

 ニンテンドーDSの中に広がるのは水の世界。そこに住む10種類の小さなプランクトンを、自分のタッチや声を使って、さまざまな動きをとらせていく。

 タッチスクリーンにサッとペンを走らせれば、その上を泳いで音楽を奏でる「トレーシー」。拍手や声でミクロのシンクロナイズドスイミングチームを指揮できる「ナノカープ」。プレイヤーの声を覚え、いろいろな声色に変えてしゃべり返す「ボルボイス」など、個性豊かなプランクトンたち。

 彼らと遊んでいるうちに、自分だけの心地良い音楽と映像がニンテンドーDSから広がってくることだろう。

photo プランクトン「トレーシー」

photo プランクトン「ナノカープ」

photo プランクトン「ボルボイス」

 また、「エレクトロプランクトン」の発売を記念して、「岩井俊雄 エレクトロプランクトン展」が開催されることも発表された。こちらは岩井氏を迎え、本作のアイディアの源泉となった作品やトークショー、ライブなどが予定されているとのこと。なお、詳細は以下の通り。

photo メディアアーティスト 岩井俊雄氏

ニンテンドーDS「エレクトロプランクトン発売記念イベント「岩井俊雄 エレクトロプランクトン展」
開催日時2005年4月8日〜2005年4月14日 11時〜20時予定
(初日:15時開館、最終日:17時閉館予定)
開催場所ラフォーレミュージアム原宿
入場料無料

photo

エレクトロプランクトン
対応機種ニンテンドーDS
メーカー任天堂
ジャンルメディアアート
発売日2005年4月7日発売予定
価格4800円(税込)
備考ヘッドホン同梱
(c)2005 Toshio Iwai/Nintendo


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10