ニュース
» 2005年04月15日 19時53分 公開

「信長の野望・革新」新要素・町並内政システムを細かく解説

[ITmedia]

 コーエーは、同社が開発中のWindows用歴史シミュレーションゲーム「信長の野望・革新」における、新要素「町並内政システム」の詳細を明らかにした。言うより早い画面写真付きの解説をお届けする。

町並内政システムの流れ

photo まだ内政前の状態
photo 町並を選ぶ。なお、町並は数種類あり、地域によって作れるものが違う
photo 設置する場所を選ぶ(薄い青のところに作ることができる)
photo 設置すると周囲に黄色のマス目が出る。これが町並の範囲を現している
photo 町並の周囲に青のマス目が出る。こちらに施設を作ることができる
photo 設置した町並によって作れる施設は異なる。街道沿いに武家町や櫓を建設すれば、進軍する敵部隊に甚大な被害を与えることもできる
photo 他にも城下を発展させるために、さまざまな町並が存在する。また、町並の配置も重要なポイント。例えば、町並・農村は河川に囲まれたポイントへうまく配置することで、1つの農村で多くの水田を建設することも可能となる

 以上が、町並を作っていく流れである。なお、町並に作ることができる施設にも、金銭の収入が得られるだけでなく、商人との売買が可能になる「商館」、周囲に田畑や櫓を建設することが可能になり、僧侶が訪問しやすくなる「門前町」、募兵(兵を雇うこと)が可能になる「兵舎」、

 長大な射程と圧倒的な破壊力を兼ね備えた大筒が製造可能になる「大筒工房」、水軍の技術が研究可能となる「水軍学舎」、接近した敵部隊に対して自動で弓攻撃を行う「櫓」といったものを設置できることが明らかになっている。

photo 商館
photo 門前町
photo 兵舎
photo 大筒工房
photo 水軍学舎
photo

3Dマップで描かれた新マップも続々登場

 本作より、シリーズ初の3Dによる日本全国1枚マップが採用されたのは、前回の記事でお伝えした通り。今回は、高い戦略が求められるであろう「海戦」をはじめ、「攻城戦」や「富士山」などのマップが届いてきたので、ここに公開する。

photo 海戦マップ
photo 攻城戦・大阪城マップ
photo 高千穂峡マップ
photo 山城マップでの行軍
photo 富士山マップ
photo 合戦中に山が噴火することも?予期せぬ自体すらたも予測する戦略性、または危険な所は避ける判断が求められそうだ

 なお、これまで「未定」とされていた本作の発売日であるが、「2005年6月発売予定」となったことが明らかになっている。

信長の野望・革新
対応機種PC(Windows)
メーカーコーエー
ジャンル歴史シミュレーション
発売日2005年夏予定
価格1万1340円(税込)
(C)2005 KOEI Co., Ltd.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10