ニュース
2005/06/17 13:00 更新


シナリオは2部構成? 我流奥義? まだまだ明らかになる新要素――「テイルズ オブ レジェンディア」 (2/2)


前のページ | 1 2 |      

個性が最大限に際立つ我流奥義

 最後は、特技&奥義を規定回数使用し、「マスター」に成長させることによって入手できる「極意」を組み合わせることで“一時的に”使用可能になる「我流奥義」を紹介。

 極意には「主」と「副」の2種類が存在する。「主」は我流奥義の挙動と、特定の種族に対してのダメージ「主効果」を決定し、「副」はその挙動に、ステータス異常などの「副効果」を付加するというもの。

 メニュー「我流奥義作成」から、規定の項目(スロット)に極意をアサインし、「主」と「副」の項目をすべて埋めることで、我流奥義は使用可能となる。構成枠(セットできる数)は1つ。

photo

 また、先にも述べたように我流奥義は、通常の奥義とは異なり恒久的に使用可能な状態にはならない。組み合わせが成立している時のみ使用可能という特徴を持っており、使用できるキャラクターも、「セネル」「クロエ」「モーゼス」「ジェイ」といったアーツ系爪術キャラのみに限定されている。

 他にも「特定の種族にしか効果が無い」「特定の種族に特に有効」「各種状態異常&パワーDOWN効果」などの対象を絞った性質を持っており、セネルなら「投げ」、クロエなら「反撃技」、ジェイなら「乱舞系」のように、各キャラクターの個性を反映したものとなっている。

 なお、セネルの投げは特定種族のみしか投げることは出来ないが、クロエ、モーゼス、ジェイは、どんな種族であろうと一定のダメージを与えることが可能。ただし、セネルの投げの威力は成功すれば絶大なダメージを与えることができるとのことだ。

 ちなみに我流奥義を採用した理由としては「ある敵(ユニット単位)に対して、もっとも有効な組み合わせをその都度模索する」という、組み合わせの楽しみを提供するといったことが挙げられている。

 先に紹介したスカルプチャシステムもそうだが、ユーザー自身が考え、楽しむための要素をさらに追加したと言えるだろう。なお、以下には現在判明している3つの我流奥義を公開する。

凶鬼落追撃(キョウキラクツイゲキ)

photo

使用キャラクター:セネル。強大な肉体を持つ敵を抱え上げ、地面に叩き付ける技。 敵ダウン時のみ有効


鱗人閃邀撃(リンジンセンヨウゲキ)

photo

使用キャラクター:クロエ。精神を集中し、敵の攻撃を迎え撃つ。鱗を持つ身軽な敵に対して効果が高い


偽神落殺劇(ギシンラクサツゲキ)

photo

使用キャラクター:ジェイ。敵を連撃に巻き込み、打ち落とす攻撃。 術者と同種族の敵に対して効果が高い


photo

テイルズ オブ レジェンディア
対応機種PlayStation 2
メーカーナムコ
ジャンルRPG
発売日2005年8月25日予定
価格7140円(税込)
(C)2005 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.
キャラクターデザイン/イラストレーション:中澤一登
画面は開発中のものです

前のページ | 1 2 |      

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.