ニュース
2005/07/25 20:57 更新

Xbox Summit 2005詳細リポート その1:
日本はゲーム業界のメジャーリーグ、日本で成功することが重要だ (3/3)


前のページ | 1 2 3 |      

 また、Xbox 360に盛り込まれる各種機能に関する説明も行われた。例えば、「ゲーマーカード」という機能で、プレーヤーの各種データを参照できたり、プレーヤーごとにコンソールをカスタマイズできるといったこと、デジカメやポータブルミュージックプレーヤーを接続して画像や音声を扱えたり、Windows XP Media Center Editionと接続してテレビの視聴や録画、ムービー再生が可能になる、といったことなどだ。

 これは、Xbox 360が単なるゲーム機ではなく、次世代エンターテインメントを実現するプラットフォームとして位置づけられていることを示している。

画像

Xbox 360に盛り込まれている各種機能が、実際に操作しながら解説された(プレゼンターはマイクロソフト Xbox事業本部 プラットフォーム開発統括部 間中信一氏)

 ここで解説された内容は、E3をはじめ、過去に説明されたことをもう一度紹介したものであったため、特に目新しいものではなかった。とはいえ、これこそがXbox 360の優位点となる柱であり、力の入った説明になるのも当然だろう。

画像

デジタルカメラを接続し、撮影した画像をXbox 360を利用して閲覧できる

画像

Media Center Extender機能を利用すれば、Windows XP Media Center Editionマシンに保存されている動画ファイルを再生したり、テレビの視聴や録画も可能

画像

Xbox 360用の無線LANアダプタは、802.11a/b/g対応。それ以外にも、ワイヤレスコントローラの充電ユニット、接続ケーブル、Xbox 360のパッケージなどが会場には展示されていた

 「次世代ゲーム機は、ハードウェアのスペックだけが優劣を決めるものではありません。」と丸山氏は語ったが、確かにXbox 360が目指している「ハイデフエンターテインメント」を実現するには、Xbox 360に盛り込まれる豊富な機能が不可欠だろう。とはいえ、Xbox 360を普及させるためには、強力なコンテンツ、つまり魅力的な対応ゲームがどれだけ用意されるかにかかっている。

 E3では、日本市場向けのXbox 360用タイトルの発表はほとんどなかったが、今回ようやく日本市場向けのタイトルが多数発表された。それも、大多数がサードパーティパブリッシャーのタイトルであった。それらについては別記事で詳しく紹介していくことにしよう。

前のページ | 1 2 3 |      

[平澤寿康,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.