ニュース
» 2005年09月17日 17時07分 公開

Xbox 360「PGR 3」で“本物のリアルドライビング”が実現する

2006年1月に発売が決定したXbox 360向けレースゲーム「PGR 3」。今回、同社のデザインマネージャーであるギャレス氏と、ウェブディベロッパーのベン氏に、実機を使っての「PGR 3」デモ説明を受けることができた。

[遠藤学,ITmedia]

 2006年1月の発売を目指し、開発が進められているXbox 360向けレースゲーム「PGR 3」。7月に行われた「Xbox Summit 2005」後には、Bizarre Creationsのニック・デイビス氏に話を伺ったが、今回、同社のデザインマネージャーであるギャレス氏と、ウェブディベロッパーのベン氏に、実機を使っての「PGR 3」デモ説明を受けることができた。

photo (左)Bizarre Creations デザインマネージャー ギャレス氏。(右)同ウェブディベロッパー ベン氏

 ギャレス氏はまず、「現行機では実現不可能だったことが、Xbox 360ではたくさんできるようになった」と切り出す。具体的には、ゲームのリアルさを追求していったことで、“実際のドライビングを行っているかのような感覚”を味わえるようになった点が挙げられた。

 なお、車をリアルに再現するために80000ポリゴン、街にはさらに多くのポリゴンが使用されている。「例えばニューヨークのブルックリンブリッジのコースでは、『PGR 2』全体と同じポリゴン数を使用しています」(ギャレス氏)

photo 画面は「新宿」。ここにも相当数のポリゴンが使われているであろうことが分かる

 また、「PGR 3」では観衆も3Dモデリング化されている。観衆は、プレーヤーが下手なプレイをすればブーイングを、素晴らしいプレイをすれば歓声をあげるなど、ドライビングに対してさまざまな反応を示すことは、ニック氏のインタビューの際にも伝えたが、この名称が「クラウドシステム」となることも明らかにされた。

 この観衆は、しっかりとモーションキャプチャが行われたもので、それに合わせてアクションパターンも200近くが用意されている。地域ごとの現地化も行われており、日本ならば日本人の観客を中心に、欧州ならば欧州の観客を中心に、といったように、違和感のない世界が再現されている。

 ちなみに、記者がデモ画面を見ていて、一番気になったのは後ろほうにいる観客だ。手を伸ばしながら撮影を試みるなど、非常に“人間くさい”仕草をしていたのが印象深かった。

 実機を使ったデモということで、ゲームモードも判明。普通にレースを楽しむことができる「ゴッサムキャリアー」のほか、さまざまなカスタマイズを楽しむことができる「プレイタイム」や、観衆の一部となりレースを観戦する「ゴッサムTV」などがそれだ。

 「ゴッサムキャリアー」は、普通にレースを楽しむモードということで、転戦してレースを行っていく「チャンピオンシップ」を用意。

 最初からあるのは2つのチャンピオンシップだが、優勝などをすることで、参加できるチャンピオンシップは増加、最終的には23つになる。ちなみに、それぞれの地域ごとに「スタイルレーシング」や「ナイトレーシング」といった特徴あるレースが用意されており、勝敗を決める方法にも「スピード勝負」はもちろん、「クードスポイントを競う」などがあるとのことだ。

 なお、CPUのレベルは「スチール(鉄)」、「ブロンド(胴)」、「シルバー(銀)」、「ゴールド(金)」、「プラチナム(プラチナ)」の5段階が用意されている。また、ニック氏にも同じ質問を行っているが、本作におけるクラッシュについては、「外観にダメージが現れるが、完全に壊れて止まることない」(ギャレス氏)とのこと。これはひと言で言うならば、あまりにリアルに表現できるようになってしまったことが問題で、「(本当に壊れているように見えるので)あまり壊してほしくない」というカーメーカーの気持ちをくんでいることなどが明らかにされた。

 また、すべての都市を合わせて、基本的には110サーキットが用意されていることも明らかにされた。“基本的に”というのは、「ルートクリエイター」という、コースのカスタマイズ機能を使うことで、その数は大幅に増大するから。ベン氏いわく「数えた人間の話では90万通りのレースを楽しむことができる」とのことだった。

 ちなみに「ルートクリエイター」についてもう少し詳しく触れておくと、これは誰でも簡単にコースをカスタマイズできるというものになる。ただし、カスタマイズできるコースは、予めマッピングされている都市でのみ。つまり、最初からオリジルコースを作成するのではなく、出発点を決め、中継点となる点と点を結んでいく、といった感じになるとのこと。

photo 「ルートクリエイター」では、画面にあるような赤い点と点を結びながら、コースを作成していくこととなる

 なお、最終的に出発点に戻るコースを作成すれば、サーキットコースを作ることも可能で、ここで作成したレースは保存することで、最初からゲームに入っていたかのように、いつでもプレイすることができる。

車種は80種類で決定、「ゴッサムTV」は3万人が同時に観戦可能

 ニック氏へのインタビューの際には、登場車種が80台を予定しているという話があったが、こちらが予定ではなく、決定となったことも明らかになった。しかも、そのすべてがカーメーカーからの協力を得ており、しっかりと写真やビデオ撮影などを行い、再現されているとのこと。

 また、レース自体を車の見える俯瞰モードでなく、主観モードで楽しむことができるが、この際には、スピードメーターが加速にあわせてしっかりと動き、サイドミラーに背景が映り込み、さらには夜になるとタコメーターが光るなど、細かい部分もしっかりと描き込まれている。グラフィック以外でも、220以上の音声を採油していることにより、すべての車のアクセル音や、加速音もしっかりと再現されている。

photo 車内も完全に再現されている

 なお、レース場となる都市も、Bizarre Creationsの開発者たちが来日し、写真を撮り、それを元に再現を行っていることが明らかにされた。その数はなんと2万枚にもおよぶ。とは言え、あくまで2年前の資料ということもあり、事情により再現できなかった建物も存在するとのこと。

 ほかには、ニック氏にも同じ質問をしているが、本作におけるクラッシュについて、「外観にダメージが現れるが、完全に壊れて止まることない」(ギャレス氏)といったことが語られた。これはひと言で言うならば、、よりリアルに表現できるようになったことにより、「(本当に壊れているように見えるので)あまり壊してほしくない」というカーメーカーの気持ちをくんでいるとのことだった。

photo これほどまでにリアルで綺麗に描かれた車。壊れるのが忍びないと思うのは当然だろう

 ちなみに、本作の一番のウリとなるオンラインモード「ゴッサムTV」では、レースの観衆を合わせて、計3万人が参加可能であることが明らかにされた。「ゴッサムTV」はXbox Liveのシルバーシップメンバー、つまり無料で楽しめるモードとなる。

photo 「ゴッサムTV」ではさまざまな角度に設けられたカメラにてレースを楽しむことができる。また、リアルタイムでも始めからでもレースは見ることができるとのこと

 また、オンライン対戦の際には、自分と同じスキルの人を検索してくれる機能「トゥルースキル」が採用されている。これにより何が可能になったのか? という点についてギャレス氏は、「常に同じレベルのプレーヤと対戦を行うことで、レベルアップが測れるようになっている」と語ってくれた。

 なお、ニック氏に取材をした際に、詳しい話を聞くことができなかった「クードス」についても、「これまでのブレーキングドリフトのほかに、慣性ドリフトなど、さらに多くのドリフトが採用されており、コンボが繋がりやすくなっています」(ギャレス氏)というコメントを引き出すことに成功。

 最後には、日本での発売が2006年1月に決定したことについて、「Xbox 360の日本発売直後の1月に売り出せるのは、素晴らしいタイミングだと考えています。われわれのタイトルが出ることで、発売直後の勢いが長く続いていってくれれば良いですね。素直に言えば、ローンチタイトルにしたかったのですが、とにかく長い間、Xbox 360の勢いを持続させる、その一端を担うことができればと思います」と、日本ではブースト的な役割を果たしたいという思いがあることを、伺うことができた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  6. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  9. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」