Xbox 360「PGR 3」で“本物のリアルドライビング”が実現する

2006年1月に発売が決定したXbox 360向けレースゲーム「PGR 3」。今回、同社のデザインマネージャーであるギャレス氏と、ウェブディベロッパーのベン氏に、実機を使っての「PGR 3」デモ説明を受けることができた。

» 2005年09月17日 17時07分 公開
[遠藤学,ITmedia]

 2006年1月の発売を目指し、開発が進められているXbox 360向けレースゲーム「PGR 3」。7月に行われた「Xbox Summit 2005」後には、Bizarre Creationsのニック・デイビス氏に話を伺ったが、今回、同社のデザインマネージャーであるギャレス氏と、ウェブディベロッパーのベン氏に、実機を使っての「PGR 3」デモ説明を受けることができた。

photo (左)Bizarre Creations デザインマネージャー ギャレス氏。(右)同ウェブディベロッパー ベン氏

 ギャレス氏はまず、「現行機では実現不可能だったことが、Xbox 360ではたくさんできるようになった」と切り出す。具体的には、ゲームのリアルさを追求していったことで、“実際のドライビングを行っているかのような感覚”を味わえるようになった点が挙げられた。

 なお、車をリアルに再現するために80000ポリゴン、街にはさらに多くのポリゴンが使用されている。「例えばニューヨークのブルックリンブリッジのコースでは、『PGR 2』全体と同じポリゴン数を使用しています」(ギャレス氏)

photo 画面は「新宿」。ここにも相当数のポリゴンが使われているであろうことが分かる

 また、「PGR 3」では観衆も3Dモデリング化されている。観衆は、プレーヤーが下手なプレイをすればブーイングを、素晴らしいプレイをすれば歓声をあげるなど、ドライビングに対してさまざまな反応を示すことは、ニック氏のインタビューの際にも伝えたが、この名称が「クラウドシステム」となることも明らかにされた。

 この観衆は、しっかりとモーションキャプチャが行われたもので、それに合わせてアクションパターンも200近くが用意されている。地域ごとの現地化も行われており、日本ならば日本人の観客を中心に、欧州ならば欧州の観客を中心に、といったように、違和感のない世界が再現されている。

 ちなみに、記者がデモ画面を見ていて、一番気になったのは後ろほうにいる観客だ。手を伸ばしながら撮影を試みるなど、非常に“人間くさい”仕草をしていたのが印象深かった。

 実機を使ったデモということで、ゲームモードも判明。普通にレースを楽しむことができる「ゴッサムキャリアー」のほか、さまざまなカスタマイズを楽しむことができる「プレイタイム」や、観衆の一部となりレースを観戦する「ゴッサムTV」などがそれだ。

 「ゴッサムキャリアー」は、普通にレースを楽しむモードということで、転戦してレースを行っていく「チャンピオンシップ」を用意。

 最初からあるのは2つのチャンピオンシップだが、優勝などをすることで、参加できるチャンピオンシップは増加、最終的には23つになる。ちなみに、それぞれの地域ごとに「スタイルレーシング」や「ナイトレーシング」といった特徴あるレースが用意されており、勝敗を決める方法にも「スピード勝負」はもちろん、「クードスポイントを競う」などがあるとのことだ。

 なお、CPUのレベルは「スチール(鉄)」、「ブロンド(胴)」、「シルバー(銀)」、「ゴールド(金)」、「プラチナム(プラチナ)」の5段階が用意されている。また、ニック氏にも同じ質問を行っているが、本作におけるクラッシュについては、「外観にダメージが現れるが、完全に壊れて止まることない」(ギャレス氏)とのこと。これはひと言で言うならば、あまりにリアルに表現できるようになってしまったことが問題で、「(本当に壊れているように見えるので)あまり壊してほしくない」というカーメーカーの気持ちをくんでいることなどが明らかにされた。

 また、すべての都市を合わせて、基本的には110サーキットが用意されていることも明らかにされた。“基本的に”というのは、「ルートクリエイター」という、コースのカスタマイズ機能を使うことで、その数は大幅に増大するから。ベン氏いわく「数えた人間の話では90万通りのレースを楽しむことができる」とのことだった。

 ちなみに「ルートクリエイター」についてもう少し詳しく触れておくと、これは誰でも簡単にコースをカスタマイズできるというものになる。ただし、カスタマイズできるコースは、予めマッピングされている都市でのみ。つまり、最初からオリジルコースを作成するのではなく、出発点を決め、中継点となる点と点を結んでいく、といった感じになるとのこと。

photo 「ルートクリエイター」では、画面にあるような赤い点と点を結びながら、コースを作成していくこととなる

 なお、最終的に出発点に戻るコースを作成すれば、サーキットコースを作ることも可能で、ここで作成したレースは保存することで、最初からゲームに入っていたかのように、いつでもプレイすることができる。

車種は80種類で決定、「ゴッサムTV」は3万人が同時に観戦可能

 ニック氏へのインタビューの際には、登場車種が80台を予定しているという話があったが、こちらが予定ではなく、決定となったことも明らかになった。しかも、そのすべてがカーメーカーからの協力を得ており、しっかりと写真やビデオ撮影などを行い、再現されているとのこと。

 また、レース自体を車の見える俯瞰モードでなく、主観モードで楽しむことができるが、この際には、スピードメーターが加速にあわせてしっかりと動き、サイドミラーに背景が映り込み、さらには夜になるとタコメーターが光るなど、細かい部分もしっかりと描き込まれている。グラフィック以外でも、220以上の音声を採油していることにより、すべての車のアクセル音や、加速音もしっかりと再現されている。

photo 車内も完全に再現されている

 なお、レース場となる都市も、Bizarre Creationsの開発者たちが来日し、写真を撮り、それを元に再現を行っていることが明らかにされた。その数はなんと2万枚にもおよぶ。とは言え、あくまで2年前の資料ということもあり、事情により再現できなかった建物も存在するとのこと。

 ほかには、ニック氏にも同じ質問をしているが、本作におけるクラッシュについて、「外観にダメージが現れるが、完全に壊れて止まることない」(ギャレス氏)といったことが語られた。これはひと言で言うならば、、よりリアルに表現できるようになったことにより、「(本当に壊れているように見えるので)あまり壊してほしくない」というカーメーカーの気持ちをくんでいるとのことだった。

photo これほどまでにリアルで綺麗に描かれた車。壊れるのが忍びないと思うのは当然だろう

 ちなみに、本作の一番のウリとなるオンラインモード「ゴッサムTV」では、レースの観衆を合わせて、計3万人が参加可能であることが明らかにされた。「ゴッサムTV」はXbox Liveのシルバーシップメンバー、つまり無料で楽しめるモードとなる。

photo 「ゴッサムTV」ではさまざまな角度に設けられたカメラにてレースを楽しむことができる。また、リアルタイムでも始めからでもレースは見ることができるとのこと

 また、オンライン対戦の際には、自分と同じスキルの人を検索してくれる機能「トゥルースキル」が採用されている。これにより何が可能になったのか? という点についてギャレス氏は、「常に同じレベルのプレーヤと対戦を行うことで、レベルアップが測れるようになっている」と語ってくれた。

 なお、ニック氏に取材をした際に、詳しい話を聞くことができなかった「クードス」についても、「これまでのブレーキングドリフトのほかに、慣性ドリフトなど、さらに多くのドリフトが採用されており、コンボが繋がりやすくなっています」(ギャレス氏)というコメントを引き出すことに成功。

 最後には、日本での発売が2006年1月に決定したことについて、「Xbox 360の日本発売直後の1月に売り出せるのは、素晴らしいタイミングだと考えています。われわれのタイトルが出ることで、発売直後の勢いが長く続いていってくれれば良いですね。素直に言えば、ローンチタイトルにしたかったのですが、とにかく長い間、Xbox 360の勢いを持続させる、その一端を担うことができればと思います」と、日本ではブースト的な役割を果たしたいという思いがあることを、伺うことができた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」