レビュー
2005/10/05 23:45 更新

グラフィックスカード:
きょうは「RADEON X1600 XT」「GeForce 6600GT」を比べて、お父さんユーザー御用達GPUを考えてみた (2/2)


前のページ | 1 2 |      

kn_r5303d03gt4.jpg

3DMark03 GT4

kn_r5303d03sdr.jpg

3DMark03 Shader

kn_r530aqua3.jpg

Aquamark3

kn_r530dom3.jpg

DOOM3(timedemo demo1)

kn_r530fcry.jpg

FarCry(HardwareOC River)

 予想通り、とってはNVIDIAファンに失礼かもしれないが、やはり差が大きく出てしまった。その差は新しいベンチマーク、例えば3DMark03よりも3DMark05でより開いている。3DMark05では、それまでNVIDIA製GPUが有利だったPixel ShaderテストでもRADEON X1600 XTが大きくリードしている。

 しかし、Aquamark3、市販ゲームベンチをみるとまた傾向が変わってくる。Aquamark3では低解像度でも高解像度でも軽負荷条件で両者の差は重負荷時より少なくなっている(高解像度ではGeForce 6600 GTが上回っている)。DOOM3のベンチマーク結果はここでも興味深いユニークな傾向を示している。

 ドライバがまだ正式版でない、ということもあって現状ではベンチマークの結果をそのまま額面どおりに受け取ることはできないものの、それでも、ミドルレンジにおいてはRADEON X1600XTは唯一の選択肢となる可能性が高い。GeForce 7800シリーズのミドルレンジバーションが出てきた場合でも、ハイエンドGPUのベンチマークの結果を見る限り、RADEON X1600XTが優位に立つ可能性は高い。

 もちろん「発表はしたものの製品がいつまでたっても店頭に姿を見せない」という(最近のATIではよくある現象)ことにならなければ、という条件つきであることは忘れないようにしたい、が。

前のページ | 1 2 |      

[長浜和也,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.