レビュー
» 2005年10月06日 16時19分 公開

最強戦士は誰の手に――「ドラゴンボールZ スパーキング!」は純然たる格闘ゲームがよく似合うレビュー(1/3 ページ)

今や、国民的マンガ・アニメ「ドラゴンボール」シリーズ。それをモチーフに何か作るとすれば、一番しっくりくるのが格闘ゲームだろう。そこで本作をプレイしてみて、どのような感じに仕上がっているのかをチェックしてみた。

[篠崎薫,ITmedia]

国民的アニメなら、ゲームにならなきゃ?

 「ドラゴンボール」シリーズといえば、「サザエさん」や「ドラえもん」に匹敵するぐらいの、国民的浸透度を果たしたアニメと言えるだろう。ライバルに勝利を収めるたびに新たな強敵が出現する中、主人公の孫悟空達も修行を重ねて強くなり、最終的にはどんな相手も倒すという構成は、まさに少年漫画の王道を行く作品だ。

 中でも、ドラゴンボールの顔といえるのが、その派手な戦闘シーンではないだろうか。主人公たちの戦闘シーンには数多くのページが割かれ、派手な描写と大胆なコマ割りで読むものを引きつけてやまない。そんなバトルの部分に着目して、格闘ゲームとして作り上げたのが本作「ドラゴンボールZ Sparking!」となる。

 アニメ版のドラゴンボールは、悟空がピッコロ大魔王に勝利を収めるまでの「ドラゴンボール」と、サイヤ人達との戦いから先の物語が展開されている「ドラゴンボールZ」や「ドラゴンボールGT」という構成となっており、本作は後者をゲーム化したものだ。そのため、ある程度原作またはアニメでストーリーの流れを把握しておかないと、いきなり悟空が大きいときから始まるので、突然の展開にとまどうかもしれない。

ゲームタイトルに“ドラゴンボールZ”とあるので、事前にマンガかテレビアニメを見ておくと、話の展開について行けるはず

ストーリーモードでは、大味な戦いを堪能せよ

 本作は、ストーリーモードの他に天下一武道会やアルティメットバトルなど、様々なモードが収録されている。中でも中心となるのが、アニメや劇場版のストーリーに沿ってバトルを進める「Zバトルゲート」だ。ここでは“サイヤ人編”や“フリーザ編”などストーリーごとに分かれていて、それぞれを選ぶと戦いが始まる。対戦キャラはもちろん物語通りとなっているので、サイヤ人編の最初であれば悟空vsラディッツからスタートとなるのだ。ただし、普通の対戦格闘と違うのは、勝利条件が定められている点だろう。悟空とラディッツの戦いは、物語では悟空が手も足も出ない状態で終わっていることを受けて、制限時間いっぱいまで生き残ることが条件になっている。また、次のピッコロvsラディッツ戦では、魔貫光殺砲で勝利を収めなければ、勝ったことにはならないのだ。このような細かい気配りが、よりアニメ版に近い雰囲気を味合わせてくれていると言えるだろう。

各区切りごとにストーリーが分かれて設定されている。最初に戦うべきは、やはりサイヤ人編だろう
この条件は、超必殺技で倒せ! や全力で倒せなど、いくつかの種類がある。それに合わせた戦い方を要求されるのだ
アニメや原作と違い、悟空がラディッツを押さえてくれるわけではないが、魔貫光殺砲でとどめを刺さないと勝ったことにはならない

 勝利条件を確認すると、いよいよバトル開始となる。ここでは、アニメ版さながらの戦い方を展開することが出来るのだ。とはいっても、操作方法は決して難しくはない。通常のパンチやキックといった攻撃は、全て□ボタンを押すだけで5連続で出せる。5発目に△や×などのボタンを押せばバリエーション攻撃を発動させられ、さらに連続して攻撃を5発叩き込むことが出来る仕組みだ。

 このほかにも、パンチやキックで敵を吹き飛ばした後を追いかけての攻撃や、方向キーとの組み合わせなどで、様々な技を繰り出せるようになっている。これらを詳しく説明するとキリがないのだが、□ボタンから始まる打撃系の技をメインに使えば、マンガで“!!!!!!”などと表示されているコマを、そのまま再現することも不可能ではないだろう。

 また、殴り合いをしていると気力が溜まっていき、一定以上になれば各キャラの持つ必殺技(ブラスト)を使うこともできる。まさに、すべての攻撃の基本となるのだ。ただし、思った以上に派手な演出がないので、見ているとかなり地味なのが惜しい。だが、制限時間いっぱいまで生き残るなどの条件時には相手が異常に強くなる(ダメージを与えても、ほとんど減らない)ため、この方法で地道に時間を稼ぐようになる。この辺りのバランスは、もう一ひねり欲しかったところ。

相手が防御さえしていなければ、□ボタンを連打しているだけで攻撃が決まる。なかなか気持ちがいい
4回攻撃した後に△ボタンを押すと、コンボ気弾からのガードクラッシュを出せる。この後、さらに攻撃を叩き込めるのだ
お互いが殴り合いをすると、アニメのような戦闘シーンが展開される
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  7. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/11/news016.jpg 2階にいるママを待ちきれない19歳の猫ちゃん、階段の下から…… 「にゃおおお!!」と何度も呼び出す姿に「甘えん坊さん」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい