レビュー
» 2005年10月13日 18時30分 公開

アクションと格闘ゲームの絶妙なブレンド。アクション派の秋はこれでキマリ!「アーバンレイン」レビュー(1/5 ページ)

正義なき街に乗り込んだ1人の男。待ち受ける幾多の強敵に対する武器は、己の拳のみ。「鉄拳」、「ソウルキャリバー」の制作陣が作り出した、エキサイティングでクールな世界。シンプルなシステムが生み出す、ホットな駆け引きがプレーヤーを魅了する。

[水野隆志,ITmedia]

ジャンルは「多人数格闘アクション」

 皆さんは、ゲームのジャンルについてどうお思いだろうか? そんなものいらない、という人もいるかもしれないが、エンターテインメントである以上、一定の区分けはあったほうが、何かと便利だろう。すべてのゲームをアイウエオ順に並べたら客の混乱は必至だ。 なぜこんな話をしたかというと、「アーバンレイン」の場合、このジャンルのことが結構重要になるからだ。制作したのは、「鉄拳」と「ソウルキャリバー」のスタッフ。こう聞くと“ジャンルは格闘ゲームでしょ”と思うのが自然だが、これが違う。「多人数格闘アクション」となっているのだ。

 一体、これはどんなジャンルなのだろう? パッと思い浮かぶのは、多人数が入り乱れる格闘ゲーム、プロレスでいうバトルロイヤルのイメージだろうか。でも、ならそれはアクションゲームで十分なんじゃないか?

 近年のタイトルには、やたらと長い名前のジャンルが表記されることが多い。中には宣伝のために強引に考えたんだろうな、と思えるネーミングがあるのも事実だ。「多人数格闘アクション」もそのひとつなのだろうか?

 それが違うのだ。この作品に関する限り、ジャンル名が見事なまでにゲーム性を表している。ここには、アクションゲームの要素も、格闘ゲームの要素も存在する。しかも、それぞれが完全にひとつに融和している。やたらとジャンルを細分化するのはよくないと思うが、アーバンレインに関しては、その原則を曲げても許されよう。このネーミングを認めることこそ、無類に面白いゲームを創り出したクリエイターに対する、最高の賛辞となるだろうから。

タイトルもまた内容にぴったり

 では、多人数格闘アクションとは、具体的に何なのか。それを説明する前に、まずゲームの概要について紹介しておこう。

 舞台となるのは、複数のストリートギャングが抗争を繰り広げているグリーン・ハーバーという街。官庁街や高級住宅地などが建つハイソな区画と、ゴミゴミした繁華街区が川を挟んで向き合っている。もちろん、ストリートギャングが幅を利かしているのは、繁華街一帯だ。事実上、警察の手も届かない無法地帯になっている。

 そのグリーン・ハーバーで最大の勢力を持つストリートギャング、ザップスのメンバー、それもリーダーと関係の深い男が誘拐される事件が発生。ザップスはほかのギャングたちに疑いの目を向け、「疑わしきは罰す」の精神で、報復の準備を始める。戦争勃発の危機到来だ。この状況にいち早く行動を起こしたのが、チャイナタウンをシマにしている女性リーダー、シュンインだった。

photo リー・シュンイン。何者かに殺された父の跡を継ぎ、チャイナタウンを仕切る。彼女自身も熟練のカンフー使いだが、事態をそれを超えるほどに悪化していた

 彼女は事態打開のため、ひとりの助っ人を招くことを決意する。もちろん、話し合いのためのネゴシエイターじゃない。必要なのは、降りかかる火の粉を払うためのボディガード。先制攻撃も掃討戦も撤退戦も救出作戦も、その他の作戦も全部OKという、戦闘のプロフェッショナルだ。

 かくして招かれたのが、主人公のブラッド・ホーク、すなわちプレーヤーキャラクターだ。年齢不詳、経歴不詳、格闘の腕は超一流。寡黙で任務に忠実なタフガイである。

photo プレーヤーキャラクター、ブラッド・ホーク。格闘スタイルは、オールラウンド。つまり、打撃格闘から組み技格闘、武器の扱いまですべてこなす。まさにツワモノ!

 ブラッドはシュンインから与えられる任務を着実に果たしていく。その過程で、各ギャングとの戦いを余儀なくされ、さらに危険の匂いを嗅ぎつけて群がってきた、自分と同類の使い手たちとも拳を交えることになる。

 レスリング、ボクシング、空手、ムエタイ、テコンドー、カポエラなど、さまざまなファイティングスタイルのファイターが現れる。ストリートの戦いらしく、ケンカ拳法の連中も多い。やがてブラッドは、彼らすべてを拳の下に打ち据え、街の平穏を取り戻す。だが、それはまだ巨大な陰謀の第一幕に過ぎなかった。ギャングの抗争に決着をつけた時、さらなる強敵が現れて……。

 まさにホット&クールなストーリー。ここにはカッコ良いだけでは済まない、血生臭い世界がある。あらゆる手段、あらゆる罠、あらゆる陰謀がOKだ。卑怯という言葉はない。勝者は正義、敗北が悪。だからこそ、正義を貫くことに意味が出てくる。それこそブラッドやシュンインのポジションなのだ。

メインモードのミッション数はなんと100

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  4. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  5. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  6. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  7. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」
  10. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい