Virtual PCでメモリを「ガバッ」と確保して「Harpoon II」を動かす勝手に連載!「レトロ“PC”ゲームが好きじゃー」(1/4 ページ)

前回、Harpoonのヒゲ親父にキュンとしたところで、今回は「Harpoon II」の出番。「起動しない」「遅い」「落ちる」の3拍子そろったこのタイトルは、しかし、紆余曲折を経て今も現役の作戦級現代海戦ゲームであったりする。「生まれてくるのが早すぎた」ビッグゲームをWindows XPで復活させる。

» 2005年11月11日 21時47分 公開
[長浜和也,ITmedia]

Harpoon IIのパッケージに「ひとめ惚れ」

 前回の記事でアキバのソフトショップを「オーク」と書いた。書きながら「なんか物足りないね」と、もやもやしていたのだが、先日、必殺!アキバ巡回人に「あれはオークビレッジですね」と指摘された。そうだった、会社名がオークでショップの名前はオークビレッジ、だった。

 Harpoonは「トム・クランシー」効果もあってか、海外製PCウォーゲームとしては珍しく、「海外ゲームの殿堂」オークビレッジだけなく、アキバの多くのショップで扱っていた。なので、Harpoonユーザーは意外と多い。そのゲーム本体に収録されていたシナリオは13本とこの手のゲームとしては少ない。その半分は練習用の小規模シナリオ(ただ、現代における軍事衝突を考えるとき、小規模兵力シナリオのほうが現実に則している、ともいえる)であり、さらに、米空母が登場するシナリオは1本に過ぎない。

 そういうわけで、Harpoonにのめりこんだゲーマーは追加シナリオ集「BattleSet」を先ほどのオークビレッジで購入することになる(BattleSetを購入ほど入れ込んだゲーマーはさすがに少なかった。そのため、我々はオークビレッジを頼るしかなかったのだ)。BattleSetは北大西洋全域を収録した「NACV」、地中海を収録した「MEDC」、インド洋からペルシャ湾を収録した「IOPG」が出荷された。登場する国、艦船、航空機の種類もシナリオの数も増えていき、個人的に気に入っている(たぶん、日本海軍好きが高じてこの遊びに手を染めたウォーゲーマーも同じだと思うが……、そういうミーハーは私だけですか?)米空母が主役となる作戦をいろいろと指揮できるようになってきた。

 しかし、収録される海域と国家が増えても、最後の最後まで、それこそ、最新のHarpoon Classic 97(特定ルートで入手できるHarpoon Classic 2002 Goldもあるが、ここではおいておく)にいたるまで、決してHarpoonで扱われない「聖域」が存在した。その1つが、日本を含む「太平洋」である。

 この理由についていろいろと噂もあったが(前回の記事で触れた「トムとラリーは大の日本嫌い」もその1つ)、「欧州戦線はビジネスになるけど太平洋戦線はビジネスにならない」「陸戦は売れるけど海戦は売れない」などなどの「ウォーゲーム業界の経験則」が大きく影響していたことは十分考えられる。

当時、海上自衛隊が登場するウォーゲーム、となるとVictory Gamesの「7th Fleet」であった。「Sixth Fleet」「2nd Fleet」と続くFLEEETシリーズの第3作として登場したこのゲームは日本周辺から東南アジアまでの西太平洋諸国を扱う

私が日本語版を待てずに購入したオリジナルはこともあろうに「こんごう」級の就役前だったためユニットがない。洋上防空力がなしに等しい海上自衛隊である。それにしても、自衛隊ユニットのデザインはなんというか「ベタ」だなあ

 その「聖域」を収録したのが、Harpoonに遅れること5年、1994年に「ようやく」登場した「Harpoon II」である。Harpoonゲーマーがこぞって、でも、いささかあわてて「オークビレッジ」に駆けつけたのはいうまでもない。当然、私もその一人だった。で、店で目にしたゲームパッケージに度肝を抜かれたのである。

ま、まっ黒……

 ゲームパッケージといえば、今も昔も「派手な火柱と燃えさかる軍艦」といった血潮沸き立つ威勢のいいデザインが主流なのに、Harpoon IIは「真っ黒」である。よーく見ると軍艦や航空機が銀色で薄く印刷されている下地には蛍光色で表示されるPPIスコープが描かれている。スコープにはNTDSシンボルが表示され、その上に、やはり蛍光色で「Harpoon II」のロゴ。

「うっひょー、カッコイイィィィ!」

 と心で叫び、平日の昼間にもかかわらず家に直行(突発性病弱体質は当時から)、家に着いたら即行インストール。そして、ゲームの中身がゲームパッケージに負けず劣らず「渋い……」ことをすぐさま思い知らされたのである。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  2. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
  3. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  4. /nl/articles/2407/12/news114.jpg 「これは吐きそうw」 マクドナルドが公開した“狂気のアイテム”にツッコミ殺到 「ギットギトになる」「笑った」
  5. /nl/articles/2407/11/news018.jpg そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  6. /nl/articles/2407/11/news102.jpg この本棚、本当に250冊入るの? LOWYAのスタッフが“忖度なし”で検証したら……まさかの結果が45万回再生の人気
  7. /nl/articles/2407/10/news199.jpg ヤマト運輸のコンテナを運ぶ列車をじっくり見ると……? 唐突な“夢の共演”に反響「動物同士仲良く」「これが本当の便乗」
  8. /nl/articles/2407/10/news082.jpg こういうのでいいんだよ! 外泊経験豊富な人ほど納得できるホテルの“ある工夫”に850万表示「これは助かりますねぇ」
  9. /nl/articles/2407/09/news116.jpg ユニクロ“夏の神ワンピ”を66歳主婦が着てみたら…… シニア世代必見の着こなし術に「待ってました!」「涼しそうでいいですね〜」
  10. /nl/articles/2407/12/news143.jpg フジ「ぽかぽか」の出演者、“生放送中に倒れ”スタジオ騒然の事態に「えっ大丈夫ですか!?」 共演者が当時の恐怖証言「頭が真っ白」「お願い戻ってきて……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」