ニュース
» 2005年12月07日 21時03分 公開

とてもあま〜い冬をエンジェルたちと――ミュージカル「ギャラクシーエンジェル」Re-MIX幕が開く

本日、銀座・博品館劇場にて初日を迎えた「ギャラクシーエンジェル」のミュージカルが、メディア向けに公開された。ロビーでは鏡割りも行われ、いやがおうにも盛り上がりを感じさせてくれた。

[加藤亘,ITmedia]

 12月7日〜11日まで、銀座・博品館劇場において公演を予定している「ミュージカル『ギャラクシーエンジェル』Re-MIX」の公開稽古が行われた。TVアニメ、ゲーム、コミックと各メディアで展開している「ギャラクシーエンジェル」の舞台化で、今回は3月に上演されたものの改訂版となる。

 今回の再演について冒頭挨拶に立ったマーベラスエンターテイメント顧問の片岡義朗氏は、「3月の再演となりますが、ストーリーも改訂したため、まったく新しいものとして観ることができます」と、今回再演することになった一番の要因であるファンの後押しについて感謝を述べた。続いてサンズエンタテインメント代表取締役である野田義治氏は、「1回目の公演の際は何もわからずに観ましたが、その熱気にすぐさま第2弾の製作をお願いしたのを覚えています。ぜひ、今後も続けていけるシリーズだと思うので、継続して続けていただければと思っています」と応援。今度は実写でドラマ化を、なんて話まで飛び出した。最後にブロッコリー会長の木谷高明氏は、「前回の公演を3回ほど観たが、毎回違う発見がある。コミックやゲームとはまた違うコンテンツなんだと意識し、また次いつ観れるのかと期待していた。今回、思いがけずこんなに早い段階での再演にうれしく思うし、関係者やキャスト、そしてファンの皆さんに感謝しています」と、次の展開について言及。「II」の主題歌に富田麻帆さんが決定したことなどを報告した。

公開稽古前にロビーにて鏡割りが行われ、公演の無事と成功を祈願。左からマーベラスエンターテイメント顧問の片岡義朗氏。サンズエンタテインメント代表取締役・野田義治氏。ブロッコリー会長・木谷高明氏

 舞台は3月の公演とベースとなる展開は一緒。ただし、設定や台詞は大胆に変更されている。なによりも今回は出演者も変わっており、それだけでも一見の価値がある。各回スペシャルゲストがキャスティングされているので、どうからんでくるのかも楽しみなところとなっている。

はるか未来。トランスバール皇国を中心に栄華を極める銀河があった。その銀河で最強の名をほしいままにする美少女部隊こそ「エンジェル隊」。しかし、パトロールをしなくてはならないはずのエンジェル隊は、ミルフィーユが「銀河ケーキコンテスト」優勝を目指すことになり、副賞目当てに一致団結するほど宇宙は平和だった。ところが、そんな最中、フィルと名乗る少女が乗る小型艇が、エンジェル隊の元へ逃げ込んでくる。彼女は亡国の王女だという。こうして彼女を追う軍人・アイスヴァインたちとの戦闘が始まる。

なぜ彼女は狙われているのか。アイスヴァインが狙う「アワーズ」とは何なんなのか。はたして「銀河ケーキコンテスト」に優勝できるのか!

 公開稽古は順調の様子。途中、舞台から降り、直接観客と触れあうシーンもあり、ファンにとってはうれしい展開も用意されている。物語については特に触れることはしないが、歌にダンスにお笑いに、エンジェルたちは縦横無尽に走り回っていた。

それぞれの紹介シーンを兼ねた冒頭のシーンを経て、なぜか「銀河ケーキコンテスト」に参加することになったエンジェル隊たち。しかし、その平和も長くは続かないようで、時同じくしてアイスヴァインに追われたフィルズィッヒが飛び込んでくる……

 残念ながらスーパーロイヤルシートとエンジェル隊応援席はすでに完売となっているが、当日券が多少用意されているとのこと。興味のある方は、エンジェル隊とともに暮れを楽しむのもいいだろう。

役名出演者
ミルフィーユ・桜葉富田 麻帆
蘭花・フランボワーズ小出 由華
ミント・ブラマンシュ小野 まりえ
フォルテ・シュトーレン白川 りさ
ヴァニラ・H明坂 聡美
烏丸ちとせ中山 恵里奈
キルシュ・ヴァッサー・リースリング三橋 加奈子
コルン・ガイスト・マーゲンビッター三浦 初美
フィルズィッヒ・アナナス・シルバーナ細野 佑美子
アイ山下 幸絵
レン藤井 美妃
アイスヴァイン・トゥルガール・シトローネ横山智佐
ミュージカル「ギャラクシーエンジェル」Re-MIX 公演概要
期間:2005年12月7日(水)〜11日(日)
劇場:銀座・博品館劇場
原作:ブロッコリー
演出・作詞:宇治川まさなり
音楽:佐橋俊彦
脚本:杉原研二
主催:ブロッコリー、マーベラス音楽出版、ネルケプランニング、読売広告社
チケット料金(前売/当日):スーパーロイヤル席18000円(完売)、エンジェル隊応援席12000円(完売)、ロイヤル席10000円、A席7000円、B席4500円
(C)BROCCOLI
(C)ブロッコリー・マーベラス音楽出版・ネルケプランニング・読売広告社
(C)BROCCOLI Illust/Kanan


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  8. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  9. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開
  10. /nl/articles/2207/06/news020.jpg 「チョウゲンボウが歩いているのを初めて見た」「ズボン履いてるみたい」 地面をヨチヨチ歩く幼鳥が応援したくなるかわいさ

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」