連載
» 2005年12月14日 12時00分 公開

三国志演義のテーゼ「三國志II」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/4 ページ)

“三国志演義のように諸葛亮臣下になーれー”……というわけで今週は「三國志II」(光栄:現・コーエー)。前作から強化された、外交戦略や計略などを取り上げます。このゲームをプレイすれば、現代社会を生きるためのテーゼが見えてくるかもしれません。

[ゲイムマン,ITmedia]

関羽も引っかかった計略

 前回はちょっと奇をてらって、秩父長瀞の赤壁まで行ってきたが、まあ普通「三国志にまつわる場所」といったらここだろう。

画像 横浜中華街にある関帝廟。19世紀に建てられたが、関東大震災、空襲、火事で被災し、現在のものは1990年に造られた4代目

 関帝廟は、三国志に登場する武将・関羽をまつった廟だ。関羽像の両脇には、息子(歴史小説の「三国志演義」では養子)の関平と、配下の武将・周倉(正史には名前がない:関帝廟での表記は「周蒼」)が従っている。

 関羽は、劉備玄徳配下の武将だが、主従というより兄弟のような間柄だったようで、三国志演義では、劉備・関羽・張飛の3人が、桃園で義兄弟の契りを結ぶシーンが出てくる。

 関羽は終生劉備に仕えた。一度、曹操に捕まってその配下となったことがあるが、劉備の居所がわかると、曹操から贈られた高価な宝物をほとんど返して、劉備のもとに馳せ参じた。こういう義理堅い性格が、後世に商売の神様としてまつられる一因となっているようだ。

 関羽は、呂蒙の計略に引っかかって命を落としている。

 荊州に赴任していた当時、国境を接していた呉の大都督・呂蒙を警戒していた関羽だったが、呂蒙が病気で退官し、後任には当時まだ無名だった陸遜が就任した。陸遜は関羽にへりくだった態度をとったため、関羽はすっかり安心し、魏の樊城(はんじょう)の攻略に全力を注いだ。

 しかしその間に、呂蒙がひそかに軍を率いて関羽の本拠地を占拠。魏と呉の挟み撃ちに遭った関羽は、結局呉の軍勢に捕らえられて殺された。

 三国志には、このような計略・策略が、いたるところで出てくる。

 孫子の兵法にあるとおり、まさに「兵は詭道なり」(戦争はだまし合い)であり、三国志のみならず、中国の戦いは、さまざまな計略に満ちあふれている。

 三国志で有名な策略の中には、正史(歴史書)に記載がなく、演義(小説)にのみ見られるものも多い。だがそれらの策略が、物語をおもしろくしている。

 それだけでなく、実戦で役に立つこともある。

 例えば、諸葛亮(孔明)が司馬懿(仲達)に仕掛けた“空城の計”。大軍で攻め寄せた仲達に対し、小勢だった孔明は、武力では対抗できないと思い、城門を開け放ってその上で琴を弾きだした。これを見た仲達は、伏兵がいるのではないかと疑って引き上げた。

 この話が実際にあったことかどうかは不明だが、後の時代にこれが実戦で行なわれたケースも多い。徳川家康は武田信玄との戦いで、空城の計を使って信玄の部隊を撤退させている。

画像 画面写真は、私が持っているメガドライブ版。「三國志II」はこのほか、PC、ファミコン、スーパーファミコンでも発売されている
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  8. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  9. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開
  10. /nl/articles/2207/06/news020.jpg 「チョウゲンボウが歩いているのを初めて見た」「ズボン履いてるみたい」 地面をヨチヨチ歩く幼鳥が応援したくなるかわいさ

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」