HDTVで見るリッジ、5.1chで聴くリッジは、なんとも刺激的「リッジレーサー6」レビュー(4/4 ページ)

» 2005年12月15日 10時00分 公開
[小泉公仁,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

Xbox Liveで最大14人のオンライン対戦も可能

 Xbox 360で発売されたからには、やはりXbox Liveによるオンライン機能にも注目したいところ。リッジレーサー6では、オンライン関連で2つのプレイモードが用意されている。まず1つは、「Online Battle」。これは文字通り、Xbox Liveを介して世界中のプレイヤーを相手に通信対戦が楽しめるモードで、1つのレースに最大14人まで同時に参加できるというのがすごい。

画像 「Online Battle」モードには、レースの順位に応じて獲得できるWRP(ワールドランキングポイント)でランクを競い合う「ランクマッチ」と、WRPのランクに関わりなく通信対戦を楽しむ「プレイヤーマッチ」の2種類がある。「プレイヤーマッチ」では、ホスト(レースの開催者)がコースやルールなどを自由に設定できる
画像 6人でのレースに参加してみたが、あっという間に置いて行かれる始末。「リッジレーサーなら」と少しは自信があったのに、まるで勝負にならなくて滅入る。こちらも手強い……

 もう1つのオンラインモードは、「Global Time Attack」。こちらはほかのプレイヤーと直接対戦するのではなく、スタンドアロンで任意のコースを選んで走行し、そのコースレコードをXbox Liveにアップロードしてランキングを競うというもの。タイムのほかに、自分の走りを“ゴーストデータ”としてアップロードしたり、ほかのプレイヤーのゴーストデータをダウンロードして一緒に走るといったことも可能だ。

 「Online Battle」で見ず知らずのプレイヤーとリアルタイムで対戦するのも楽しいが、わたしの場合は「Global Time Attack」の方にすっかりのめり込んでしまった。タイムを更新できると即座にランキングに反映されるのが純粋にうれしく、そのためにコースを研究したりニトロの使いどころをあれこれ模索するのがおもしろい。

画像 「Online Battle」では自信を喪失しかけたが、「Global Time Attack」ならそこそこ上位に食い込むことができて、ちょっと有頂天。もっとも、まだプレイヤーが少ないからという話もあるが……

 また、執筆時点では始まっていなかったが、Xbox Live経由でのダウンロードコンテンツも楽しみの1つだ。予定では、まず12月15日に第1弾のダウンロードコンテンツが公開され、通常のカラーリングとは違うマシンを使用できるようになったり、追加BGMをダウンロードできるとのこと。このように、ソフトの発売後もコンテンツを増やせるというのも、オンライン機能とHDDを内蔵しているXbox 360ならではの魅力だろうと思う。

リッジレーサーってフィギュアスケートに似ていると思う

 おかしなたとえかもしれないが、リッジレーサーというゲームはフィギュアスケート競技にも通じるものがあるように思う。ヘアピンカーブは高難度のトリプルアクセルを飛ぶようでもあり、連続カーブはジャンプコンビネーションのよう。くねくねと曲がりくねった道を小気味よいハンドルさばきで駆け抜ける様は、まるで佐藤有香選手が得意とした華麗なステップ・シークエンス見ている気分になる。スピードに乗りながらそれら一連の動作を連続して決められたとき、胸がすくような爽快感が広がるところも似ている。今回のリッジレーサー6は、緻密な美しさと極めて安定感の高い映像によって、そうした感覚がいっそう増幅されるのを感じた。

 ナムコの公式サイトには、リッジレーサー6について“ハイデフ・エンターテイメントのガイド役”と書かれていたが、まさしくその言葉通りで、目や耳から入る刺激のひとつひとつに強烈な説得力がある。これでもまだXbox 360の力を使い切っていないのだろうから、これから2〜3年後にいったいどんなゲームが出てくるのかと思うと、楽しみでならない。

 強いて難をあげるなら、ひどく目が疲れることだろうか。普段、目に疲労感を感じることは少ない方なのに、目から入る情報量が格段に増えるせいなのか、無意識のうちにも目を酷使しているのかもしれない。ここは基本に則って「1時間プレイしたら10分休み」と行きたい。

画像 ビルの壁面にあるアドビジョンに映っているムービー、見覚えがあると思ったら、前作「リッジレーサーズ」のオープニングだった。ほかにもコースのところどころにナムコらしい遊び心が隠されているので、それを探してみるのも一興
RIDGE RACER 6 (C)2005 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」