レビュー
» 2005年12月15日 10時00分 公開

「リッジレーサー6」レビュー:HDTVで見るリッジ、5.1chで聴くリッジは、なんとも刺激的 (4/4)

[小泉公仁,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

Xbox Liveで最大14人のオンライン対戦も可能

 Xbox 360で発売されたからには、やはりXbox Liveによるオンライン機能にも注目したいところ。リッジレーサー6では、オンライン関連で2つのプレイモードが用意されている。まず1つは、「Online Battle」。これは文字通り、Xbox Liveを介して世界中のプレイヤーを相手に通信対戦が楽しめるモードで、1つのレースに最大14人まで同時に参加できるというのがすごい。

画像 「Online Battle」モードには、レースの順位に応じて獲得できるWRP(ワールドランキングポイント)でランクを競い合う「ランクマッチ」と、WRPのランクに関わりなく通信対戦を楽しむ「プレイヤーマッチ」の2種類がある。「プレイヤーマッチ」では、ホスト(レースの開催者)がコースやルールなどを自由に設定できる
画像 6人でのレースに参加してみたが、あっという間に置いて行かれる始末。「リッジレーサーなら」と少しは自信があったのに、まるで勝負にならなくて滅入る。こちらも手強い……

 もう1つのオンラインモードは、「Global Time Attack」。こちらはほかのプレイヤーと直接対戦するのではなく、スタンドアロンで任意のコースを選んで走行し、そのコースレコードをXbox Liveにアップロードしてランキングを競うというもの。タイムのほかに、自分の走りを“ゴーストデータ”としてアップロードしたり、ほかのプレイヤーのゴーストデータをダウンロードして一緒に走るといったことも可能だ。

 「Online Battle」で見ず知らずのプレイヤーとリアルタイムで対戦するのも楽しいが、わたしの場合は「Global Time Attack」の方にすっかりのめり込んでしまった。タイムを更新できると即座にランキングに反映されるのが純粋にうれしく、そのためにコースを研究したりニトロの使いどころをあれこれ模索するのがおもしろい。

画像 「Online Battle」では自信を喪失しかけたが、「Global Time Attack」ならそこそこ上位に食い込むことができて、ちょっと有頂天。もっとも、まだプレイヤーが少ないからという話もあるが……

 また、執筆時点では始まっていなかったが、Xbox Live経由でのダウンロードコンテンツも楽しみの1つだ。予定では、まず12月15日に第1弾のダウンロードコンテンツが公開され、通常のカラーリングとは違うマシンを使用できるようになったり、追加BGMをダウンロードできるとのこと。このように、ソフトの発売後もコンテンツを増やせるというのも、オンライン機能とHDDを内蔵しているXbox 360ならではの魅力だろうと思う。

リッジレーサーってフィギュアスケートに似ていると思う

 おかしなたとえかもしれないが、リッジレーサーというゲームはフィギュアスケート競技にも通じるものがあるように思う。ヘアピンカーブは高難度のトリプルアクセルを飛ぶようでもあり、連続カーブはジャンプコンビネーションのよう。くねくねと曲がりくねった道を小気味よいハンドルさばきで駆け抜ける様は、まるで佐藤有香選手が得意とした華麗なステップ・シークエンス見ている気分になる。スピードに乗りながらそれら一連の動作を連続して決められたとき、胸がすくような爽快感が広がるところも似ている。今回のリッジレーサー6は、緻密な美しさと極めて安定感の高い映像によって、そうした感覚がいっそう増幅されるのを感じた。

 ナムコの公式サイトには、リッジレーサー6について“ハイデフ・エンターテイメントのガイド役”と書かれていたが、まさしくその言葉通りで、目や耳から入る刺激のひとつひとつに強烈な説得力がある。これでもまだXbox 360の力を使い切っていないのだろうから、これから2〜3年後にいったいどんなゲームが出てくるのかと思うと、楽しみでならない。

 強いて難をあげるなら、ひどく目が疲れることだろうか。普段、目に疲労感を感じることは少ない方なのに、目から入る情報量が格段に増えるせいなのか、無意識のうちにも目を酷使しているのかもしれない。ここは基本に則って「1時間プレイしたら10分休み」と行きたい。

画像 ビルの壁面にあるアドビジョンに映っているムービー、見覚えがあると思ったら、前作「リッジレーサーズ」のオープニングだった。ほかにもコースのところどころにナムコらしい遊び心が隠されているので、それを探してみるのも一興
RIDGE RACER 6 (C)2005 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる