ニュース
» 2005年10月07日 18時29分 公開

Xbox 360「リッジレーサー6」は正統進化を経て、次世代機の先導者となる (1/4)

未知なるX領域へ――ヘアピンコーナーを200km/hオーバーで駈け抜けるあのレースゲームのナンバーシリーズがXbox 360と同日にリリースされる。東京ゲームショウではじめて明らかになったその空前絶後のスピード感とは?

[ITmedia]

 Xbox 360と同時発売が予定されている「リッジレーサー6」は、その次世代機たるパワーをぞんぶんに使用して開発が進められている。ビジュアル、サウンド、そしてシステムとリッジレーサーシリーズは、次なる局面“ハイデフ・エンターテインメント”の牽引役として名乗りを上げた。

 先月千葉県・幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2005においてプレイアブルで初出展された「リッジレーサー6」では、1種類のコースを、1種類の車で走れるというものだった。コースは「Harborline 765」。今回公開されたコースにも同じ名が見られるように、海岸付近の都市を舞台にしたコースで、まさに試遊できたコースそのものだった(以下、参照)。

 コースはシリーズ最多の30コース(順走・逆走含む)、収録マシン数は130以上(スペシャルマシン8台など含み)、メインモードとなる「ワールドエクスプローラー」に収録されているレース数は230以上と内容も充実している。ニトロシステムも進化、Xbox Liveにも対応されており世界中のプレーヤーとオンラインバトルも楽しめる。このほかにもXbox Liveを使って世界統一タイムアタックランキングに挑戦できる「グローバルタイムアタック」やゴーストデータのアップロードやダウンロードも可能。マーケットプレースにも対応した、ダウンロードコンテンツも用意される予定だ。新車種や新コースなどがネットワーク配信される、これも過去のリッジシリーズにはない特徴となるだろう。お約束でもある起動時のミニゲームなどももちろん盛り込まれる。

  • 収録コース数:30コース(順走・逆走含む)
  • 収録マシン数:130以上(「スペシャルマシン」を8台+α含む)
  • 新メインモード 「ワールドエクスプローラー」(収録レース数230以上)
  • 進化したニトロシステム
  • XboxLive対応(オンラインバトル、グローバルタイムアタック、ゴーストデータのアップロード/ダウンロード、マーケットプレースに対応)

 リッジレーサーでは、ドリフト走行によってニトロゲージがチャージされ、一定量のエネルギーをチャージされることによって、爆発的な加速が得られるニトロを発動できるようになっている。リッジシリーズでは、通常のスピードでも十分疾走感溢れるレースが楽しめるのだが、ニトロを使った時の爽快感はたまらないものがある。今作でももちろん健在のようでひと安心。

新メインモード「ワールドエクスプローラー」

 「ワールドエクスプローラー」(World Xplorer)は、新しいコースとレースで構成された“リッジユニバース”を“開拓”(=explore)していく、「リッジレーサー6」のメインモードとなる。網目状に広がったレースをプレーヤーが1つずつ選択し、自ら“攻略ルート”を設定する。レースは全230レース以上あり、選んでいくだけでもたっぷり遊べる充実の内容で、通常のレースはもちろんのこと、さまざまなルールのレースが存在するとのこと。

リッジユニバースでは、各レースがルートに沿って広がっていく。レースは上にいくほど難易度が高くなり、右にいくほどマシンクラスは上位となる。プレイするルートは、各レースを1つずつ選ぶことで設定。レースを選ぶと、続けて選択できるレースが示されることになる。レースをクリアし、エリアを囲んで開拓すれば、新たなマシンやプライズを獲得できる仕組みだ
攻略ルートの設定中画面。マップでの上下が難易度を表現している。自分のスキルにあわせて攻略ルートが設定可能。マシンクラスをまたがなければ複数のレースを次々に選択できるとのこと。こちらも「?」マークのあるエリアを囲んで開拓すれば、プライズがゲットできる

 リッジレーサーといえば、その究極のスピードとドライブ感だが、本作では次世代機のスペックによって、よりパワフルに表現力を増している。マシンやコースは本物と見紛うばかりのこだわりを見せつけてくれる。そんなマシンとコースを見てみよう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/20/news078.jpg ざわちん、“6時間”かけた『鬼滅の刃』炭治郎&禰豆子コス披露 悪戦苦闘したメイクには「おでこだけ似とる……」
  2. /nl/articles/2010/19/news112.jpg 「クオリティがひどい」「傷が入っている」 指摘相次いでいた「名探偵コナン」スノードーム、販売元が返金対応を決定
  3. /nl/articles/2010/20/news079.jpg 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  4. /nl/articles/2010/19/news147.jpg ハイジとは……(困惑) 牧歌的要素ゼロの映画「マッド・ハイジ」、ティーザー映像から漂うトガりっぷりが狂気のレベル
  5. /nl/articles/2003/06/news126.jpg 「めちゃくちゃ再現度高い」「やばすぎる…まんまじゃん…」 叶美香、『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃コスが“本物”でしかない
  6. /nl/articles/2010/19/news073.jpg 「コマンドプロンプトは黒い画面に文字がたくさん出て怖い」→「チャット風」にしてみた LINEみたいで「分かりやすい」と話題に
  7. /nl/articles/2010/19/news031.jpg 「拾った猫が10日ほどで別猫に……」 愛情をたっぷり受けた保護猫のビフォーアフターに驚き
  8. /nl/articles/2010/20/news089.jpg やっぱりビジュアルすごいな! 「きかんしゃトーマス」劇場版最新作、0系新幹線“最速のケンジ”登場にネット再び動揺
  9. /nl/articles/2003/29/news014.jpg 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  10. /nl/articles/2010/19/news133.jpg ナスカの地上絵で“古代ネコ”発見 衝撃ニュースにネット騒然