ニュース
» 2005年12月16日 18時00分 公開

ゲームミュージックをリスペクト――Janne Da Arcが「Over G」メインテーマへの想いを語る(1/2 ページ)

次世代のフライトゲームとして、2006年2月23日に登場予定のXbox 360用ソフト「Over G」。そのメインテーマを担当するJanne Da Arcのメンバー2人に、楽曲提供の経緯やゲームミュージックへの想いについて話を聞いた。

[遠藤学,ITmedia]

 かつてない程のG(重力)感覚を味わえるタイトルとして、開発が進められているXbox 360用ソフト「Over G」(オーバーG)。本作は「エナジーエアフォース」の流れをくんだ、ゲーム性とリアリティ性の両方を兼ね備えた次世代のフライトゲームだ。主人公は戦闘機のパイロットとなり、空中戦をはじめ、対地上物への攻撃や敵艦へのミサイル攻撃と、さまざまなミッションを遂行していくこととなる。

 メインテーマを担当するのはJanne Da Arc。書きおろしとなる「Destination」は「Over G」の発売日から約2週間前となる2006年2月8日にリリースされる。今回、「Over G」への楽曲提供の経緯やゲームミュージックへの想いについて、Janne Da Arcのボーカル yasuさんとキーボード kiyoさんに話を伺うことができた。

photo (左から)「Janne Da Arc」ボーカルのyasuさん、同キーボードのkiyoさん

―― 「OverG」に楽曲を提供するようになった経緯について教えてください。

kiyoさん(以下、敬称略) 2年ほど前に、開発プロデューサーの方から“楽曲を提供していただけないか?”というお話をいただいたのがきっかけです。その後はタイミングの問題もあり、具体的な話は進んでいなかったのですが、「Over G」のプロジェクトがスタートした際に改めてお話をいただき、ようやく実現しました。

―― プロジェクトがスタートしてからとのことですが、開発中の画面を見ながら曲作りを行ったのでしょうか?

yasuさん(以下、敬称略) 曲を作り始めた時には、まだゲームが形になっていなかったので、“戦闘機”や“フライトゲーム”といったキーワードを各自がイメージしながらデモテープを作りました。

kiyo デモテープまではそんな感じで進めて、その後は「エナジーエアフォース」をプレイしたり、追加の資料などを見ながらアレンジを加えて固めていきました。

―― 「Over G」はまだプレイしていないということですか。

kiyo いえ、東京ゲームショウ(※「ワールドエアフォース(仮)」で出展)の時に触りました。結構練習していったつもりだったんですけど、すぐに撃沈されちゃいました(笑)。

photo

―― 資料を見て、ゲームをプレイして出来上がったのが「Destination」となるわけですね。当初はどのような曲にしようと考えていたのでしょうか?

yasu 先ほども言いましたが、曲を作る時はまだどのようなゲームとなるか見えていませんでした。しかも、各自が思う“フライトゲームの音楽”というイメージが違った。この曲に決まったとkiyoの曲を聞かせてもらった時も、僕のイメージとは違うものでした。ただ、ゲームとはすごく合ったものになっていて、“戦闘機の勇ましさ”もしっかりと出ていました。だから歌詞もゲーム寄りに書きたいと思ったんですけど、シングル曲として見た時に、あまりゲームに寄りすぎると、曲だけを聞いた人には伝わりにくいものがある。そこはバランスを考えて作りました。
 実は、kiyoが最初に作ったデモテープには仮歌詞、何となくつけた歌詞がついていたんですけど、それがかなりゲーム寄りだった。イメージとしては“自分が戦闘機に乗って敵を倒しにいく。でも、敵の中に自分の愛する人がいる”というシチュエーション。個人的には気に入っていて、すごく面白いと思ったんですけど、言葉の1つ1つを見ると、結構古いフレーズもあって(笑)。実現したら面白かったと思いますけどね。

photo
(C)TAITO CORP.2005
衣裳 / C.R.E.A.M. TOKYO / 03-5772-8518
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-31-9プリズム神宮前1F
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  5. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  6. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  7. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  8. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開
  9. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  10. /nl/articles/2207/06/news020.jpg 「チョウゲンボウが歩いているのを初めて見た」「ズボン履いてるみたい」 地面をヨチヨチ歩く幼鳥が応援したくなるかわいさ

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」