ニュース
» 2005年12月19日 19時21分 公開

宮本恒靖選手をメインキャラクターに――選手視点のサッカーゲーム「Love FOOTBALL」発表(1/2 ページ)

日本サッカーミュージアムにて、ナムコのXbox 360用新サッカーゲーム「Love FOOTBALL 青き戦士たちの軌跡」の記者発表会が開催された。会場には、メインキャラクターに起用された宮本恒靖選手を始め、ゲーム内の解説を務める宮澤ミシェル氏、実況を務める倉敷保雄氏も登場。

[遠藤学,ITmedia]
photo

 本日、日本サッカーミュージアムにて、ナムコのXbox 360用新サッカーゲーム「Love FOOTBALL 青き戦士たちの軌跡」(以下、「Love FOOTBALL」)の発表会が開催された。「Love FOOTBALL」はテレビ視点、ピッチ全体を見渡しながら選手を操るこれまでのサッカーゲームと違い、“実際にサッカーをしている感覚を強く味わえる”、選手視点のサッカーゲームとなっているのが特徴だ。

 登壇したプロデューサーの三小田氏は、「Love FOOTBALL」を次の時代にふさわしいサッカーゲームと位置づけていると語る。「従来のピッチ全体を見渡せるサッカーゲームは、それはそれで面白い部分もありましたが、臨場感には劣る部分がありました。『Love FOOTBALL』では選手視点にすることにより、これまでは味わうことができなかった選手同士のぶつかり合いやピッチ上での息づかい、パスをもらう・通した時の気持ち良さ、相手に囲まれるプレッシャーなど、選手が感じている面白さをダイレクトに感じることができます」。

photo 「Love FOOTBALL」プロデューサー 三小田氏
photo

 具体的には、FWなら“ライン際でのオフサイドの攻防を楽しむ”、MFなら“全体を見渡しゲームをコントロールする”、DFなら“相手との間合いをはかり、1対1でボールを奪取、そしてカウンターに結びつける”といった楽しみが生まれるという。

 また、サッカーでは「オフ・ザ・ボール」、つまりボールを持っていない時にどのような行動をするかが重要となる。FWならばDFラインの裏への飛び出しなど、ボールを受け取るための動きがこれに当たるが、選手個々の視点で展開する「Love FOOTBALL」では、こちらも見事なまでに再現しているのである。

 「選手視点」ということを先ほどから何度か述べているが、これは“徹底的に1人の選手になりきり役割を演じる”こともできれば、“ボールの動きに沿って切り替えながら組織的にプレイする”こともできることを意味する。

 プレーヤーキャラクターとなるのは常に1人だが、ピッチにいる10人(GK除く)は誰でも、いつでも扱うことができるのである。ひとつのポジションにこだわりその道のプロを目指すのも良し、自分の思い描くサッカーをすべく、選手を切り替えながらプレイするも良し、まさにプレーヤーの数だけスタイルが存在すると言えるだろう。

 登場する日本代表選手はもちろん、60カ国から70カ国のナショナルチームの選手も実名での登場を予定している。日本代表選手それぞれの視点で世界への戦いを体感できるモード「日本代表ストーリー」も収録されており、選手自身が感じる苦労や困難、そしてそれを乗り越えた時の喜びを味わえるという。

photo

 「開発を始めるひとつのきっかけとして、“日本代表に徹底的になりきってもらう”というものがありました。2006年春、ドイツワールド杯が始まる前に本作を出すことで、遊んでもらった皆さんに日本代表を身近に感じてもらい、応援するひとつのアイテムとしてもらえればと思います」と三小田氏はその思いを語る。

 サッカーゲームの市場が固定化され、新しい楽しみや爽快感が生まれにくい昨今。「サッカーゲーム界に鋭いドリブルと、華麗なフェイントで切り込んでいきたい」(三小田氏)という願いの元に制作が進められている新感覚アクションサッカーゲームが、見事なゴールを決める日も近いかもしれない。

photo 「Love FOOTBALL」スクリーンショット
画面は開発中のものです。
これらの日本代表選手の画像はゲーム内CGによるものです。
(c)2005 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.
"Pelias", "adidas", the adidas logo, the 3-stripe mark are registered
trade marks of the adidas-Salomon group, used with permission.
(c)1996 JFA
(c)2002 JFA.MAX
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  5. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  6. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  7. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  8. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開
  9. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  10. /nl/articles/2207/06/news020.jpg 「チョウゲンボウが歩いているのを初めて見た」「ズボン履いてるみたい」 地面をヨチヨチ歩く幼鳥が応援したくなるかわいさ

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」