移動、戦闘、イベントが間断なく繰り広げられていくことに驚嘆「ローグギャラクシー」レビュー(2/3 ページ)

» 2006年01月11日 18時00分 公開
[小泉公仁,ITmedia]

戦闘時の操作はわかりやすいが、“詰め込みすぎ”という感も

 敵との戦闘は、アクションゲームさながらにボタン操作で剣を振ったり銃を撃つというスタイル。基本は、ファーストウェポン(○ボタン)、セカンドウェポン(□ボタン)、ジャンプ(×ボタン)の3つを使うだけなので、それほど難しくない。また、序盤ではことあるごとにチュートリアルが表示される親切設計なので、マニュアルを読まずに始めても操作で迷うことは少ない。

 パーティーは3人で構成され、移動中あるいは戦闘中でも操作するキャラクターを変更できるので、主人公以外にも特性の異なるさまざまなキャラクターを使い分けられるのがおもしろい。

 武器による通常攻撃とは別に、「アビリティ」と呼ばれる特殊能力も用意されている。これには、敵全体にダメージを与えるもの、パーティー全員の防御力をアップするものなど、効果もさまざま。そして、アビリティは「ひらめきフロー」にアイテムをはめていくことで修得するしくみになっているため、所定のアイテムさえ手に入れば、キャラクターのレベルに関わりなく使用可能になる。なお、アビリティや回復アイテムなどは戦闘中にメニューを開いて使用する方式だが、「サジェスト」といって自分以外のキャラクターから使用を提案されることもある。

画像 「ひらめきフロー」の穴にアイテムをはめると、新しいアビリティが使用できるようになる。「ひらめきフロー」はキャラクターごとに異なり、修得できるアビリティもそのキャラクター固有のもの
画像 戦闘中にアビリティを発動すると、このような派手な演出がカットインされる。さすがに何度も見せられると飽きるが……
画像 自分が操作していないキャラクターが、アビリティやアイテムの使用を提案してくる「サジェスト」。このとき「L1」「L2」ボタンを押すと、そこに書かれているアビリティを発動(またはアイテムを使用)する。なお、自分が操作しているキャラクターのアビリティは、メニュー画面から選択しないと発動できない

 戦闘に関しては、ほかにも「アタックターンゲージ」(攻撃を行うごとに減っていき、なくなると攻撃やアイテムの使用などが行えなくなる)や、ランダムに発生する「チェインアタックモード」(マーカーに従ってタイミングよくボタンを押すと強力な連続攻撃になる)など、多くの要素が盛り込まれている。戦闘が単調にならないための工夫であることはわかるが、少々詰め込みすぎかな、という印象も受ける。中でも「チェインアタックモード」については、最後までつなげることができても見返りは小さく、戦闘の流れを止めてしまうことの方がむしろ気になる。

画像 いわゆる“音ゲー”のような要領で、左から流れてくる○マークが〔 〕の枠と重なるタイミングでボタンを押していく「チェインアタックモード」。最後までミスせずにボタンを押せると大ダメージを与えられるが、それまでのテンポが乱れてしまうように感じる

 また、装備の変更に手間がかかるというのも難点だ。戦闘中は特に手数が多くなり、まずメニュー画面を開いてから、「メインメニュー→仲間→(キャラクター)→装備→(現在の武器)→装備変更→(新たに装備する武器)」と、異様なほど階層が深い。このゲームでは、ある特定の武器がないと全くダメージを与えられない敵もいるため、装備の変更を行う場面も多い。それだけに、このプロセスがなおのこと面倒に感じられてしまう。

画像 装備の変更にまつわる操作が煩雑という点が残念。実は、装備の変更にはもう1つ方法があって、「メインメニュー→アイテム→(新たに装備する武器)→装備」でも可能。こちらの方が手数は少なくて済む反面、武器の攻撃力などの情報を見られないという難がある

 戦闘そのものは、キャラクターが小気味よく動いて楽しいので、あまり欲張らずに、もう少しシンプルに構成しても十分魅力的だったと思う。「アタックターンゲージ」や「チェインアタックモード」などは、戦闘に変化をつけるというより、流れを止めてしまう方向に作用しているように感じられた。また、操作するキャラクターの切り替えやアビリティの発動が、メニューを介さずにボタン操作でダイレクトに行えたら、よりアクティブなバトルが楽しめたかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  2. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  3. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  4. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  5. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  6. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  7. /nl/articles/2407/11/news032.jpg 「考えた人天才やろ」 ある地下鉄のホームドアに書かれた“マジで助かる表示”に「全駅でやるべき」など絶賛の声
  8. /nl/articles/2407/13/news076.jpg 大谷翔平の妻・真美子さん、レアな“動画登場”にネット歓喜 ドジャース夫人会の女子会に反響「溶け込んでる」「素敵な時間」
  9. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  10. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」