連載
» 2006年03月23日 00時00分 公開

「合い言葉はBee!」へ至る道のり――「ツインビー」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

ツインビーの雰囲気を味わうために、ベルがいっぱいあるテーマパークへ。そこは思っていた以上に、ツインビーの舞台、ドンブリ島っぽかった。わたしも昔ハマっていた、“ウインビー国民的アイドル化計画”の話も。

[ゲイムマン,ITmedia]

ベルがたくさんあって、ドンブリ島に似た風景の場所】

 今回は、コナミの人気シューティングゲーム「ツインビー」を取り上げてみよう。

 「ツインビー」の大きな特徴として、ベルの存在が挙げられる。

 フィールド上に浮かぶ雲を撃つと、ベルが飛び出す。そのベルを撃つと色が変わる。ベルを取ると、取ったときの色によって、パワーアップの種類が決まるのだ。

 やはりベルなくしてツインビーは語れない。ということで、ベルがいっぱい集まっている場所へ行って、ツインビーの世界を体験してみようと思った。

画像 ファミコン版「ツインビー」の画面。ベルの色は、アーケード版と若干異なっている。第4面には風車も登場
画像 大小さまざまなベルが、所狭しと展示されている

 さてここはどこかというと……。

画像

 ハウステンボスである。

 ハウステンボス場内には、ベルの博物館「カロヨンシンフォニカ」がある。

 カロヨン(カリヨンとも)というのは、鐘をいくつか組み合わせてメロディーを演奏する仕組みのことで、教会の時計塔などに使われている。

画像 ハウステンボスでは4月9日まで、「チューリップ祭」を開催中。キンデルダイク地区は絶好の撮影スポット

 ハウステンボスには高さ105メートルの塔「ドムトールン」をはじめ、数ヵ所にこのカロヨンがあり、毎正時になるとあちこちから鐘の音が聞こえてくる。

 カロヨンシンフォニカの建物内にも、高さ9メートルのカロヨンタワーがあって、37個のベルがメロディーを奏でる。

 チューリップ祭期間中は、キンデルダイクの風車の周りや、パレスハウステンボスの前庭などが、色とりどりのチューリップに包まれている。

 今年はハウスからの植え替えだけではなく、地面に直接球根を植えて育てた花が多いのが特長。わたしが訪れたときはまだ咲いていなかったが、運河沿いや、パレスへ向かう参道では、地植えのチューリップが今ちょうど見頃だろう。

画像 特に「もえろツインビー」の1面は、風車のほかにもレンガ造りと思われる建物が出てきて、よりハウステンボスっぽい。風車に地上弾を撃って壊せるけど

 ところで風車といえば、「ツインビー」にも風車は出てきた。

 海が近いという共通点もあるし、「ツインビー」の舞台であるドンブリ島の風景は、ハウステンボスに似ていると思う。

かわいいふりして意外と手ごわいゲーム

画像 地面から生えてるタケノコも敵キャラ。弾を撃ってくる

 「ツインビー」は1985年、アーケードに登場した。ファミコンへの移植は翌1986年。

 腕のついた戦闘機、ツインビー(2Pはウィンビー)を操作して、飛んでくる野菜や台所用品を撃つシューティングゲームだ。

画像 救急車は1機につき1回しか出現しない。救急車のお世話になった後でまた腕を失ってしまうと、その自機がやられるまで地上弾は撃てないのだ

 ツインビーが撃てる弾は、空中弾と地上弾の2種類ある。だが、地上弾は手で放り投げて落とすので、敵の弾に当たって手が壊れると、地上弾が撃てなくなってしまう。

 そのときに登場する、お助けキャラが、箱型の救急車。まっすぐ下りてくる救急車と合体することで、腕が復活し、また地上弾が撃てるようになるのだ。

画像 十分パワーアップした後は、連続して黄色ベルを取り、点数を稼ぐという方法も

 前述のとおり、パワーアップはベルで行なう。

 もともとの黄色い色で取ると得点が入る。逃さずに取ると点数はどんどん上がる。

画像 ベルでパワーアップすると、BGMが変わる。この写真は、バリアとツイン砲をつけた状態

 ベルの色は、ベルに弾を撃つと変わっていく。5発で青(スピードアップ)、10発で白(ツイン砲)、15発で点滅(分身)、20発で赤(バリア)。

 しかしこのパワーアップが曲者だった。いろんなサイトでいろんな方が書かれていることだが、とにかくベルを目当ての色に合わせるのが難しい。

 5発当てると青くなるが、6発めを当ててしまうと、また黄色に戻ってしまうのだ。ベルに何発当たったかを数えながら弾を撃たないと、なかなかパワーアップできない。

 序盤、ある程度敵を無視してでもベルを撃つのに専念して、バリアを取りにいくのがいいかもしれない。バリアを取れば、かなり余裕をもって、先の面まで進むことができる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」