レビュー
» 2006年03月24日 16時10分 公開

人は、いつも“空”にあこがれ、そしてゲームの中に“空”を再現する「エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー」レビュー(1/3 ページ)

ナムコが誇る看板タイトルの1つ、「エースコンバット」シリーズ最新作がついに登場する。気になるストーリー展開やゲーム性など、一足先にチェックしてみた。エースパイロットとしての腕を発揮し、この地に平和を取り戻すことはできるか!?

[篠崎薫,ITmedia]

 人は、いつの時代も空へのあこがれを捨てられないもの。だからこそ、昔から人類は空にあこがれ、空を目指し、そして空という領域を自らの手中に収めてきた。とはいえ、空は万人にとって身近なものではない。そこで、ゲームという仮想世界で、誰もが空を駆け巡ることができるようにしたものが生まれた。フライトゲームと呼ばれるジャンルだ。

 空中を舞台にしたゲームは数多く発売されているが、その中でも定番ものと呼べるのが、飛行機同士の空中戦をメインに捉えた「フライトアクション」、または「シューティング」と呼ばれるものだろう。1対1または1対複数のドッグファイトの中、敵機をおとしてストーリーを進行させていくのは、空を飛ぶ楽しみと戦う興奮を一度に味合わせてくれる。

画像 派手ではないものの、リアルな機体CGや爽快感などが楽しめる、フライトシューティングとしてはトップクラスのできだろう

 このようなタイトルはさまざまなハードで発売されているものの、グラフィックがきれいなだけでゲーム性が乏しかったり、リアル指向に走りすぎたばかりに爽快感を失ってしまうなど、今ひとつしっくりこないものが多かった。そんな中にあって、飛び抜けて良くできたと個人的に感じているソフトが存在する。ナムコの看板タイトルの1つ、「エースコンバット」シリーズだ。プラットフォームをプレイステーション 2へと移した4作目から、性能が向上したハードを活かしてハイクオリティな映像を提供し続けているだけでなく、優れたゲーム性も相まって現在でも高い人気を得ている。その最新作である「エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー」(以下、「ACE-ZERO」)が、3月23日にいよいよ発売となる。

ワイド画面の威力は絶大。プレイ感覚の違いに驚愕

 ACE-ZEROは、すでに掲載した記事にもあるとおり、歴史的には前作の15年前が舞台となっている。「エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー」にて「ベルカ戦争」と呼ばれていたその戦いを、自らの手で再現することになるのだ。

画像 コクピット画面には、見慣れた計器類が配置されている。もはや、迷うことはないだろう

 ドッグファイト時の画面構成やインタフェースなどはほぼ前作そのままなので、シリーズを通してプレイしている人ならば、特に迷うこともないだろう。特筆すべきは、前作から導入されているワイド画面モードで、これを選択すると迫力あるプレイが楽しめるようになったことだ。4:3のTVでプレイしていたのと比べてはるかに左右が広いため、ドッグファイト時に視界が広く、戦いやすくなった。

画像 通常の4:3では、このぐらいの広さしかない。ワイド画面に見慣れた後は、かなり狭く感じる

 といっても、こちらの環境としては、14インチの小さなゲーム専用TVだけ。そこで今回は、検証のためにPCのキャプチャカードを経由させ、ワイド画面比率で表示させてプレイしてみた。その画面を見てから通常のTVでプレイすると、思った以上に狭さが際だつ。これはもう、快適にプレイするにはワイドTV必須では? と思ったほどだ。5作目が発売された2年前と違い、今ではワイドTVの普及率も高いはずなので、自宅にワイドTVがある人は、プレイ開始前にあらかじめ選択しておこう。

 また、前作には登場しなかった機体も増え、よりバリエーション豊かになった……のはいいのだが、実際に購入するまでが大変。なかなか所持金は貯まらないし、ACE-ZEROでは各機体ごとの特殊兵装を購入するにもクレジットが必要となるので、戦いを有利に運びたい人は、むだづかいは禁物だ。

画像画像

 特殊兵装は標準で1種類が用意されているが、それ以外にバリエーションを増やしたいときには、各機体ごとに購入しなければならない。中には、クレジットを払ってまで購入しなくても、と思う兵装もあるが、そのあたりは好みの別れるところか。いずれにしても、特殊兵装の選択は慎重に行いたいところだ。

 なお、設定の部分でひとこと言うと、通ならば音声は英語にし、字幕なしでプレイしたいところだ。こうすれば、気分は間違いなくエースストライカー。ある意味、英語を耳から学びたい人にも便利なオプションかもしれない。日本語字幕表示を加えるとより雰囲気が出るので、こちらもお勧めだ。

画像 ゲームをクリアする条件によっては機体のペインティングも増えていく。このペイントは1機体につき5種類用意されている
画像 いきなり英語オンリーでは敷居が高いので、日本語字幕を表示するのはあり。だが、英語音声のみでプレイできると、周囲から羨望のまなざしで見られるかも
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響