ニュース
2006年03月24日 00時00分 更新

FFXI「アトルガンの秘宝」、新ジョブ「からくり士」などの情報が公開に (2/3)

新モンスターは3種類を公開

 ゼオルム火山、ハルブーンエリアに出現するモンスター達はいずれも、高い知能と勇猛さを持ち合わせているようだ。アトルガン皇国にはもちろんだが、プレイヤーにとっても脅威的な存在となるだろう。

トロール(Troll)

 ゼオルム火山一帯に割拠し、アトルガン皇国に敵対している大柄な獣人。本来トロールは中央エラジアの険しい山岳地帯に住まう種族だが、その恵まれた体躯と勇猛さから、北方の巨人族や南方のミスラ族とともに古くから数多くの傭兵を輩出してきた。ゼオルム火山のトロールの先祖も、かつて皇国軍の下で活躍した、そうした傭兵の一団であったと考えられる。

 その後、彼らが主をモブリンに変え、現在の領地に住み着いた経緯は定かではないが、魔笛紛争が始まるまでは属領「ハルブーン傭兵団領」として歴代聖皇にも自治を認められていたようだ。彼らトロール傭兵は、ナフサを用いた焼夷兵器や量産に優れた鋳造甲冑など、モブリンの技術が惜しみなく注がれた近東蛮族中もっとも発達した装備を保有している上、苛酷な環境でも生きられるよう肉体強化手術まで行われていると言われており、今や皇都の最大の脅威となっている。

画像画像画像

画像画像

ケルベロス(Cerberus)

 軍都ハルブーンを徘徊する、不気味な三つ首の魔獣。伝承によると、ケルベロスは冥府の門を護る番犬であり、冥界から脱走した亡者を再び葬るため、どこまでも追いかけると云われている。しかし、このハルブーンのケルベロスは都市拡張工事現場で溶岩の中から掘り起こされ、大暴れしていたところをトロールの傭兵団長によって手懐けられたものらしい。団長にこそ忠実だが、三つ首のいずれかが常に腹を減らしており、いらいらして毒気を含む炎の息を辺り構わず始終吐き散らしている。そのため不慮の犠牲者も数多く、歴戦のトロール傭兵でさえケルベロスの金属質の遠吠えが聞こえてくると、思わず耳を塞いでしまうと言う。

ブラックプリン(Black Pudding)

 別称、フラン。ゼオルム火山に棲息する数少ない自然動物の一種。ゲル状の肉体をもつ軟体動物であるにも関わらず、目敏く獲物を探すぎょろりとした大きな眼とずらりと牙の並んだ伸縮自在の口を備えている。また、見かけによらず知能が高いことでも知られ、おそろしく高度な魔法を唱える個体の存在も報告されている。しかし、一方で感情の抑制は不得手とみえ、怒りや笑いといった心の変化が、そのままストレートに行動に反映されてしまうようだ。群れで棲息する彼らの個体間には、目に見えない不可思議な連絡手段がある、との報告もあるが、あまりにも危険な生物であるため、研究は一向に進んでいないのが現状だ。

画像 ケルベロス
画像画像 ブラックプリン

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.