ファンタジーなのにヘルメット魔界塔士Sa・Gaゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/2 ページ)

記念すべき第20回の「レトロゲームが大好きだ」ですが、取り上げるゲームはダジャレで決めました。とはいえ、この魔界塔士Sa・Ga(1989年・スクウェア)は、単に“ゲームボーイ初のRPG”というだけにとどまらない、個性的なゲームでした。

» 2006年04月20日 00時00分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

Sa・Ga県

画像 佐世保から特急みどりでやってきた。後ろの像は、はなわさんっぽく見えるが、「面浮立」という郷土芸能らしい

 前々回前回、ハウステンボスで撮った写真を載せたが、ハウステンボスから東京に帰る途中、佐賀駅で途中下車して、写真を撮ってみた。

 佐賀で写真を撮ったというただそれだけの理由で、今回取り上げるゲームを「魔界塔士Sa・Ga」に決めたのだが。

 こういう理由で取り上げるのが心苦しくなるくらい、このゲームはいいゲームだし、業界にもたらした影響も大きい。

画像 グラフィックの描き込みがすごい。当時のゲームボーイソフトの中では群を抜いていた

 魔界塔士Sa・Gaは、ゲームボーイ初のRPGである。

 このゲームが出るまで、ゲームボーイといえば、「テトリス」に代表されるような、シンプルなゲームの専用機といった印象が強く、RPGには向かない機種だと思われていた。

 しかし、これだけクオリティーの高いRPGが生まれたことで、ゲームボーイというゲーム機の価値が高まった。以降、ゲームボーイ用RPGは数多く発売されたし、RPG以外でも、ファミコンソフトに負けない本格的なゲームが多数作られた。

画像 使う武器によって、敵にヒットしたときの演出も異なる

 ただ魔界塔士Sa・Gaは、“ゲームボーイ初のRPG”というだけの作品にとどまっていない。

 “ゲームボーイのRPG第1弾”なのだから、とりあえず普通のRPGにしても、十分な売り上げは見込めるだろう(ましてや、「ファイナルファンタジー」シリーズのスクウェアだし)。だが魔界塔士Sa・Gaは、決してそんなゲームではなく、数々の意欲的な試みを行なっている。そしてそれらの試みが、強烈な印象を残したのだ。

Eat the meat

画像 力(攻撃力)、素早さ、HPをアイテムで成長させる。防御力は防具でアップする

 まず、システム面から見ていこう。

 前回の「百の世界の物語」でも感じたが、RPGの大きな魅力は、キャラクターの成長にある。ストーリーやグラフィックばかりに目が行くと、ついつい忘れそうになるが、優れたRPGは、成長システムも個性的だ。

 魔界塔士Sa・Gaは、成長システムを大きな売りとした。成長のしかたが異なる、3種類のキャラクターを用意したのだ。いずれも、「経験値を貯めてレベルアップする」という、普通の成長システムを採用していない。

 まずは“人間”。「ちからのもと」などのアイテムを使って成長する。アイテムは店で売っているので、成長させるためにはお金が必要になる。

画像 敵を攻撃できる特殊能力があるとないとでは、戦闘のやりかたにかなり違いが出てくる

 続いて“エスパー”。ファンタジーRPGにおける魔法使いと考えていい。戦闘後にランダムで能力が上がる。基本的に成長は早いが、力が弱く、直接攻撃でのダメージが少ない。そのかわり魔力は高く、店で売っている魔法の本を買えば、強力な魔法を使える。

 特殊能力を身につけることもあるが、戦闘後に別の特殊能力に変わっていたり、失われていたりすることも多々ある。

画像 せっかく肉が落ちてるんだからと、ついつい食べたくなってしまう。ちなみにレッドブルの肉を食べても翼はさずからない

 そして、最も個性的なのが“モンスター”。なんと、倒した敵の肉を食べて成長するのだ!

 敵の肉を食べることで、別のモンスターに変化する。前より弱くなることもあるので、肉を食べさせるかどうか、判断は難しい。

 4人のパーティーを、どのキャラクターで構成するかは自由。人間が多いと成長は堅実で、持てるアイテムの数も多いが、成長させるためにお金がかかる。おすすめはエスパーを多めに入れること。成長が早いうえに、サイコダガーやサイコソードがあれば、直接攻撃にも威力が出てくる。

 モンスターが多いと、成長もしづらいし持てるアイテムも少ないし、不利。ただ、モンスターがまったくいないパーティというのも寂しい気がする。モンスターを使えるというのは、このゲームの大きな特徴でもあるし、1匹は入れておきたいところだ。

 成長システム以外では、ほとんどの武器に、使える回数の制限があるのも大きな特徴だ。例えばロングソードなら、50回使った時点で壊れてしまう。魔法の本も同様に、使える回数が限られる。

 後半はあらかじめ予備の武器を持っておかないと、攻撃手段がなくなってキツくなる。

 それから、携帯機用のRPGということで、屋外でのプレイを考慮して、戦闘中とイベント中以外、どこでもデータがセーブできるようになっている。

 今でこそ、携帯機のゲームがいつでも中断できるのは当たり前だが、当時は画期的だった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」