ニュース
» 2006年05月13日 22時27分 公開

カードを置くとモンスターが浮かび上がる――PS3のプレイアブルソフトを触ってきました(その2)E3 2006「SCEブース」(1/2 ページ)

PS3タイトルの中で一風変わった2作品を紹介しよう。既存のゲームの枠に捕らわれないこうした発想で、ハードと同様にソフト側も次世代に向けたさまざまなチャレンジが行われている。開発者へインタビュー。

[小林仁,ITmedia]

カメラを使って奥深いカードゲームの魅力を手軽に体験――「THE EYE OF JUDGEMENT: Conqueres of 9 fields」

 「THE EYE OF JUDGEMENT」は、次世代EyeToyカメラを使ったPS3のロンチタイトルとして制作が進められているリアルカードを使ったバトルゲーム。SCEAカンファレンスで公開され、E3会場でもSCEブースでプレイアブルが出展されていた。今回は現地で本作のプロデューサーを務めるSCE渡辺氏にインタビューの機会をいただいたので、早速本作のゲーム内容について触れながら紹介したい。


「THE EYE OF JUDGEMENT」はソフトに同梱されたリアルカードを使った対戦形式のカードバトルゲーム。カメラを通すことで、まっさらな盤面がさまざまなフィールドへと変化していく

「THE EYE OF JUDGEMENT」のプロデューサーを務めるSCE・渡辺祐介氏。E3会場では、来場した海外の方々から質問攻めにあっていた

―― いろいろ新しい試みが盛り込まれた作品だと思いますが、まずは本作を制作したきっかけからお聞かせください。

渡辺 このゲームの特徴である“サイバーコード”というテクノロジー(2次元バーコードを認証する技術)を使って何か面白いゲームができないか、といろいろ試行錯誤してこの「THE EYE OF JUDGEMENT」の企画がスタートしました。カードだけでしっかり遊べる奥の深いものを作るため、2年近く紙だけでゲームデザインを行ってまして、その後グラフィックまわりを1年ほどかけて作り込んでいます。

―― どういうゲームなのでしょうか?

渡辺 ルールはいたって簡単です。3×3の合計9マスの土地(盤面)にプレーヤーがお互いにターンを重ねてリアルカードを出し合い、先に5つの土地を支配したほうが勝ちというものです。カードは100種類以上用意していますが、個々にステータス能力や攻撃可能エリアが決まっているためカードを置いた向きによって戦略が変化します。カードゲームですが、チェスに似ていると思います。一見難しそうに見えますが、やればすぐにわかりますよ。

―― ゲームで使うカードの種類はどういったものが?

渡辺 土地を支配するクリーチャーカードと、フィールドに何らかの効果を発動させるスペルカードの2種類があります。クリーチャーカードを置く場所によってクリーチャーの向きが決まるのですが、横や後ろからクリーチャーが攻撃されると不利なので、プレーヤーはターン毎にカードの置き場所、向きを考えながら配置する必要があります。簡単ですけどかなり奥深い、やり込み度のあるゲームになっています。

カードはすべてリアルのものを使用する。カード上部の黒い部分が情報が収められたサイバーコード(2次元バーコード)で、緑色の三角形は位置を読み取るためのもの。カード内にはさまざまなゲーム情報が盛り込まれており、単体でも遊べるほど作り込まれている。各カードのデザインもかなり本格的だ

プレーヤーは画面両端に表示されているエネルギー(マナ)を消費し、クリーチャーを召還(カードを置くとその場所にクリーチャーが出現する)させてその土地を支配することができる。このクリーチャーの攻撃可能範囲に相手がいれば、シームレスにバトルがスタート。デフォルトのカードは攻撃可能エリアが前1マスのみだが、特殊なカードになると3方向同時に攻撃できるなどさまざまな能力が与えられている

カードの向き以外にも、土地(マップに模様が入る)やクリーチャーにはそれぞれ5つの属性(火、水、地、土、機会)が割り当てられており、その属性によってボーナスやペナルティがつけられる。例えば火の土地の上に火の属性のクリーチャーケルベロスを召還すると、同属性なので+2ポイント、反対の属性である水の土地ではー1ポイントとなるわけだ。プレーヤーは属性とマスの位置、向きを常に考えながら召還しなければならない
スペルカードは、クリーチャーカードの上に重ねて使う。ここではスペルカードを置いた場所魔法使いが出現し土地の属性が変化する(パネルをひっくり返され、裏の属性が表に来る)。このため有利な土地を支配しても相手にスペルカードでひっくり返されることがあり、ステータスを減らしたうえでクリーチャーを召還し相手を倒すコンボの戦略があるとのこと

―― なぜカメラでカードを認識させて遊ぶ、といった発想が生まれたのでしょうか。

渡辺 最近のカードゲームは、ルールの計算が難しくなっています。それにカードゲームを遊ぶ人は今まで頭の中で(バトルの模様や計算式を)考えていたと思うんですが、こうした形でゲームの進行や計算をPS3がやってくれれば、誰でも簡単にできます。それとカードゲームでは勝敗の判定を巡って友達同士のケンカが絶えなかったりするんですが、そういうのも一切なくなる。そういう意味では、かつてない新しいゲームになると思います。

盤面を読み取るため、アームの先にカメラが仕込まれたスタンドが使われていた。なお中に入っているカメラは次世代EyeToyカメラと同じものなので、取り外しができるのではないだろうか

―― PS2ではなく、PS3タイトルとして制作することのメリットは。

渡辺 グラフィック能力もそうですが、やっぱり次世代用のカメラですね。前のカメラに比べ認識するレゾリューションがまったく違うので、より細かなカードのデザインができるようになった。EyeToyカメラはフレームレートで60フレームを読み込めないんですよ。今回はVGAで60フレームきっちり読み込めますので。

―― 収録されているカードの種類はどれくらいなのでしょう。

渡辺 最初のバージョンにはカードデータが100種類以上用意されています。ただ、同梱を予定しているのは30枚。これはVSモードを遊ぶために必要なデッキの最低枚数で、残りのカードはブースターパックのように5枚一組で出すなどの形で次第に拡張していこうと考えています。

―― まさに本物のカードゲームと同じ発想ですね。

渡辺 カードゲームはこれまで友達がいて初めて成立するゲームでしたが、今回用意したVSモードでは対人戦だけでなく、いろんな種類の優秀なAIを搭載したCOM相手に戦うことができます。それぞれのCOMに個々のテーマデッキとAIが中に入っていますから、一人でも毎回違うバトルが十分に楽しめると思います。COMのテーマデッキの中には、かなり凄いことをやってくる者もいます。

―― ネットワークを使った対戦もできるのでしょうか。

渡辺 オンラインバトルは予定に入ってます。リアルカードを使ったオンラインバトルは今までなかったんで、こちらもかなり熱くなれると思います。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」