レビュー
» 2006年05月19日 00時00分 公開

この爽快感はクセになる?――2D生まれの3D格ゲー「KOF マキシマムインパクト2」レビュー(1/2 ページ)

本作では新システムの追加とさらなるバランス調整が施されて遊びの幅が格段に広がった。今回はその「KOF MAXIMUM IMPACT 2」の魅力あるストーリーと、新たに採用されたシステムがどれほどプレイに幅を持たせてくれているのかを紹介していきたい。

[中山琢満,ITmedia]

プレーヤーを飽きさせないストーリー展開

主人公のアルバ(右)とソワレ(左)。ソワレが半透明なその訳は……

 本作「KOF MAXIMUM IMPACT 2」(以下、MI2)のストーリーは「KOF MAXIMUM IMPACT」(以下、MI1)から引き続いての主人公となる「アルバ・メイラ」と「ソワレ・メイラ」を中心に展開する。サウスタウンの裏社会を牛耳る「キング」であったと同時に、前回のKOF大会主催者でもあった「デューク」がアルバによって倒され、街にも秩序が戻った頃。2人の元に新たなKOF大会の招待状が届いた。それぞれの思惑を持って再び出場を決意するが……。彼等の過去にまつわる謎、たびたび姿を現す謎の美女、そして「アデス」とは。事態は彼らの思惑とはまったく別の方向へと進んでいく。

 当初、筆者はMI2のストーリーにはまったく期待していなかったのだが(失礼な言い方だが、今までプレイしてきた格闘ゲームでストーリーを楽しめたものがほとんどなかったため)、今回はメインストーリーはもちろんのこと、その他のキャラクターたちのストーリーまで非常に楽しめたものだった。それぞれの内容が魅力的なのはもちろんだが、プロットが非常に良く作られている。例えばアルバでクリアするとそのエンディングではソワレについて語られ、「テリー・ボガード」でクリアすると敵対関係にある「ビリー・カーン」の話が語られる。こういったキャラクター同士の関係がうまくストーリーに盛り込まれているので、飽きることなくプレイしていける。

人間離れした美貌を持つルイーゼ。その戦闘スタイルも特異な技が多い。女性は謎があるものと言うが、彼女は謎そのもの

 そして今回新キャラクターとして登場する「ルイーゼ・マイリンク」はアルバとソワレの過去に関わる重要な人物で、2人の行動にも大きく関わっている。彼女自身にも謎が多いのだが、それは彼女の戦闘スタイルや意味深な発言から想像するしかない。残念ながら本作ではそのすべては明かされないので、このあたりは次回作を期待したい。

 その他のキャラクターたちについてはメインストーリーには直接関係してこないが、当然彼らにもそれぞれの背景があってKOF大会に出場している。同じように謎を含ませたまま終わる内容が多いが、こちらも関連するキャラクターたちがいるので同じように楽しめる。

12年に渡って登場する豊富なキャラクターたちの魅力

誰を使うか迷ってしまうほどの豊富なキャラクター数。隠しキャラクターを含めると、ここからさらに14人が増える。多すぎる数だがプレイする側としてはやはりうれしい

 ゲームモードを選択するとまず驚かされるのはその豊富なキャラクター数(デフォルトキャラクター24人と隠しキャラクター14人の総勢38人)だ。そしてそのすべてがMIシリーズのオリジナルキャラクターというわけではなく、SNKプレイモアが保有する膨大な数のキャラクターからも多数登場する。代表的なキャラクターたちを少し挙げると、過去のKOFシリーズの主要人物であった「草薙京」や「八神庵」、「餓狼伝説」からは「テリー・ボガード」や「ビリー・カーン」、「餓狼伝説2」からは「不知火舞」、そして「龍虎の拳」からは「リョウ・サカザキ」などがいる。


 そういった昔なじみのキャラクターたちもわたしたちと同じように時を重ね、技やプロフィールなどもそのつど追加されている。テリー・ボガードを例に挙げると、彼のメインタイトルである「餓狼伝説」時代はもちろん、KOFに出場してからの経緯や出会いもプロフィールや行動に反映されている。

リョウ(左)とテリー(右)、昔と変わらない姿の彼ら。そのシルエットを見ただけで心躍る

 オープニングムービーの冒頭ではテリーとリョウが戦っているのだが、彼らがいまだに第一線で戦っていることは筆者にとってこれ以上なくうれしい光景だった。ストーリーをプレイしていると、セリフにも懐かしさとともに貫禄を感じたりと思わずニヤリとしてしまう。現在では続編がリリースされていないタイトルのキャラクターや、元々は違うタイトル同士の主人公たちが、MI2を舞台に拳を交えている。こういう場面を見られるだけでも、なにか得した気分になれるのではないだろうか。

従来のスタイルを崩さず、グレードアップした戦闘システム

 本作は3DCGで描かれた格闘ゲームだが、リアル感を追求したような3D格闘ゲームとは少し異なった作りとなっている。2D格闘ゲームが持つ必殺技や派手な視覚エフェクト、スピード感などに加え、3D格闘ゲームで多く採用されている連携攻撃や3D空間を利用した戦闘スタイルといったものがうまく使われている。

 基本的なシステムから順を追って紹介していこう。まずは「スタイリッシュ・アート」。これはMI1から採用されている連携技で、キャラクターごとに決められた順番で方向キーの入力とボタン操作を組み合わせていくと発生する。

 そして3D格闘ゲームではあまり見ないものだが、本作には「必殺技」がある。通常攻撃や連続攻撃、スタイリッシュ・アートなどをキャンセルして出すことができ(一部不可な攻撃はあるが)、さまざまな技に組み合わせて使える。

 さらに必殺技の上位技として「超必殺技」があり、キャラごとに最低でも3種類が用意されている。これは技によって威力と消費するパワーゲージの本数(1〜3本)が違い、コマンド入力も必殺技に比べて複雑になってくる。威力は劣勢からの大逆転も可能なほど強力な技が多く、視覚エフェクトも必殺技に比べさらに派手なものが多い。

 パワーゲージとは通常攻撃や必殺技、相手の攻撃をガードしているとたまるゲージのことで、さらに各ラウンド開始後に先手を取ったキャラクター(最初にダメージを与えた側)には1本分が瞬時にストックされる。これを使用して超必殺技のほかにも有利な行動を取ることが可能となり(後述)、さらにラウンドが終了してもストックされているゲージ分は次ラウンド以降にも持ち越される。このストック数の上限は通常3本だが、試合形式が2試合先取の場合は3ラウンド目に、3試合先取の場合は4ラウンド目以降に5本に上がる。これにより前半のラウンドは温存しておいて後半のラウンドで一気に使用するといった戦法もプレーヤー次第、こういったパワーゲージの使い方も対戦で勝利するために重要な鍵となるだろう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  4. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  5. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  6. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  7. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」
  10. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい