総合芸術としての「超兄貴」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/3 ページ)

» 2006年05月31日 15時26分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

メンズビームが超気持ちいい

画像 悪の帝王「ボ帝ビル」。手前のちっこいのが、主役の韋駄天だ

 大銀河ボディービルコンテストで10連覇を果たした、ビルダー星帝王・ボ帝ビル。だが母星のプロテインが底をつきかけていた。プロテイン採掘プラント建設のため、ビルは近隣の惑星に無差別侵攻。天界の韋駄天(イダテン)と弁天(ベンテン)はこれに危機感を覚え、ビルダー軍の壊滅に乗り出した!

 まあこのストーリーだけ見ても、“筋肉最高”な世界観がうかがい知れよう。

 ゲームをスタートし、韋駄天と弁天のどちらかを選ぶ。両者の最も大きな違いは、特殊攻撃である。

 「超兄貴」では、IIボタン押しっぱなしで通常弾が連射され、ボタンを離すと特殊攻撃が行なわれる。

 韋駄天の特殊攻撃は、一直線に飛んでいく“メンズビーム”! 一方、弁天の特殊攻撃は、斜め方向を攻撃できる。

画像 男のビーム“メンズビーム”! 迫り来る敵どもを一撃でクリアー!
画像 こちらが弁天の特殊攻撃。終盤のステージはこっちの方が便利かも

 特殊攻撃は、使いやすいうえに威力が強く、回数制限もない(これとは別に、回数制限のあるボムもある)。多くの敵をまとめてなぎ倒せる気持ち良さが、このゲームの隠れた売りといえる。

 BGMやグラフィックのインパクトだけではない。「超兄貴」は、ゲームそのものもよくできていた。

 通常弾の方も、パワーアップさせることで、なかなか気持ちのいい威力になる。特定の敵を倒すと出てくる“プロテイン”を取れば、10段階にパワーアップできるのだ。

 うれしいことに、自機(韋駄天・弁天)がやられても、パワーアップは1段階落ちるだけ。初期状態までは落ちない。これは、コンティニューした時も同様だ(もっとも、通常弾が弱くなっても、特殊攻撃があるからどうにかなるのだが)。

 もうひとつ、このゲームで特筆すべきは“オプション”の存在だ。

 オプションというのは、例えば「グラディウス」に出てくるような、“自機の近くにいて、一緒に攻撃をする物体”である。「超兄貴」ではこのオプションが、筋肉男の「サムソン」と「アドン」になっているのだ。

画像 オプションはルートの途中で待っていて、自機を重ねるとついてくる。弁天の場合は天使が出てくることも
画像 まれに、「うみにん」という謎の生き物が出てくることもある

 オプションは2体まで、はべらすことが可能。どのオプションもメンズビームを撃てる。特に弁天でプレイしている場合は、前方をカバーしてくれるので便利だ。

 オプションもプロテインでパワーアップできる(5段階)。また、オプションは敵の弾を受けても、ある程度耐えられる。

 IIボタンを押しながらIボタンを押すと、オプションが敵に特攻する。元に戻すこともできるが、その前にオプションの体力がなくなって、消えてしまうことも多い。

 ……とまあ、このゲームのシステムを冷静に書いてはみたけれど、この“オプション”というのが、サムソンだったりアドンだったりするわけで。

 彼らが太いビームを頭から出したり、敵の弾をくらって耐えていたりするさまを、リアルに想像すると、やっぱり妙だ。

声が聞こえる、奇妙な声が

 「超兄貴」で特に高い評価を得ているのが、そのBGMである。

 キャラ選択が済んで、さあ1面スタートというときに、流れてくるのがこんな声。

「るぁ〜るぁるぁ〜るぁるぁるぁ〜るぁ〜るぁ〜るぁ〜るぁ〜……」

 いきなりただものではない。

 ほかのBGMも、「さん、はい、わっわわっわ……」、「ちょわわわわ〜ちょわわわわ〜……おーマッチョダンディー、昔から憧れてました」などなど、インパクトの塊。

 ボスキャラに合わせたBGMもある。汽車タイプのボスが出たら「しゅっぽ、しゅっぽ、しゅっぽぽしゅっぽ」、筋肉男のシンクロナイズドスイマーズ(!)が出たら「セクシー、ダイナマイト」。

画像 これがこの世界におけるセクシーダイナマイト。手に当たり判定がないので、写真の位置が安全地帯となる
画像 「ドイツ! ドイツ! ドイツドイツ、ジャーマン!」

 これらのBGMは、ゲームの枠を飛び出して話題となる。特にテレビ番組でよく使われていた。

 例えば、当時の人気番組「ウゴウゴルーガ」でひんぱんに流れていたし、「ジャングルTV タモリの法則」では長期間、料理の作り方を説明する映像のBGMとして使われていた。

 もちろん、「超兄貴」のBGMは音楽CD化された(「超兄貴−兄貴のすべて−」)。その際、作曲者・葉山宏治氏による新曲も収録されたが、それらがまたいい曲だった。ドイツドイツの拡大バージョン「世界の兄貴達」や、ニュースでよく使われる言葉をぐちゃぐちゃにつなげた「兄貴と私」など。

 私も、大学の後輩と一緒に、カラオケで「世界の兄貴達」を歌ったことがある。

画像 置鮎龍太郎さんや住友優子さんが声をあてているのもポイント

 「超兄貴」ではBGM以外にも、声が効果的に使われている。

 オプションの筋肉男(アドンorサムソン)を取ったときには、低い声でひとこと「はい」

 韋駄天がプロテインを取ってパワーアップすると、「ビルドアーップ!」

 アドンorサムソンの体力が尽きると、消え入るような声で「兄貴ぃ……」

 これだけ多くの声が使えるのは、PCエンジンCDロムロム、しかもスーパーCDロムロムならではといえるが、ただ声を入れ込むだけではなくて、世界観の構築に、それを大いに役立てているのがすごい。

 「超兄貴」は、シューティングゲームであると同時に、ひとつの世界観を表現するために、映像、絵画、音楽を組み合わせて、それにインタラクティブ性を加えた、“総合芸術”でもある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  4. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  5. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評