ニュース
» 2006年06月30日 00時00分 公開

男なら一度は“特殊部隊”にあこがれる――「THE 日本特殊部隊」がその夢かなえます(1/2 ページ)

特殊部隊のリーダーとなり、コンビニ強盗や繁華街での立てこもり騒動、空港で発生するハイジャック事件といった凶悪事件に挑む3Dアクションゲームが、SIMPLE2000シリーズに誕生した。

[ITmedia]
photo

 SIMPLE2000シリーズに、プレーヤーが特殊部隊のリーダーとなって、次々とわき起こる事件を鎮圧していく3Dアクション「SIMPLE2000シリーズ Vol.108 THE 日本特殊部隊〜凶悪犯罪列島24時〜」が登場する。発売日は2006年9月、価格は2100円を予定。

 本作の目的はただひとつ、凶悪犯罪を解決することにある。解決すればいいだけなので、犯人を生きたまま捕縛するも、発砲して物言わぬ身とするも、すべてはプレーヤーの自由だ。ただし、クリア方法によってプレーヤーへの評価が変わるので、この点には注意したい。なお、人質の生存や死亡、味方の隊員の負傷など、さまざまな要因が評価の対象になる。事件をどのように解決するか? その方法を考えるのも、ひとつの楽しみになるだろう。


photo 司令室イメージ
photo 隊員イメージ
photo 犯人イメージ

photophoto 犯人を確保したら、そのまま捕縛するも良し。または、発砲して物言わぬ身とするのもOKだ
photo ただし、すべての行動は評価の対象となる。高評価を得たければ、考えて行動する必要があるのだ

 さて、特殊部隊を名乗るからには、忘れてはならないのが、数々のスーパーウェポンだ。本作には、マシンガンやアサルトライフルなどはもちろん、スタングレネードなどの対鎮圧系武器からガスマスクなどの防具系まで、事件解決に役立つリアルなアイテムが数多く登場する。“己の身ひとつで鎮圧する”というのも面白いかもしれないが、これらのアイテムを使いこなして、よりスマートに犯人確保をいきたいところだ。

photo 基本的な武器となりそうなハンドガンには、画像の回転式拳銃だけでなく、自動式拳銃も用意されている
photo 使用する武器は画面右下に表示される
photo ライフルで敵に発見されることなく射撃する、といった緊張感あふれる場面もある

 ここまでだと、とことんリアル路線を貫いているようにも感じる本作ではあるが、一定時間敵に察知されない状態となる「ステルスモード」といった遊び心あふれる要素も導入している。ステルスモードは、時間経過とともに画面左下のゲージが増加し、ゲージがたまると任意で使用できるというもの。

 使用すれば一定時間敵に察知されない状態となるため、敵の背後を取って簡単に捕獲することなどが可能になる。ただし、一度使うとゲージはなくなってしまうので、連続使用はできない。敵に追いつめられた時など、ここぞという場面で使うのが良いだろう。

photophoto 狭い場所や敵の多い場面など、ステルスモードは良く考えたうえでの使用を心がけたいところだ
(C)2006 Vingt-et-un Systems Corporation (C)2006 D3 PUBLISHER
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/25/news124.jpg 壊された昭和のハンバーガー自販機、古びた色合いまで元通りに 粋な修理をした加工業者に称賛集まる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ