レビュー
» 2006年06月30日 18時12分 公開

おかげで仕事が手につきません――7年待った「ヴァルキリープロファイル」続編「ヴァルキリープロファイル2 −シルメリア−」レビュー(2/2 ページ)

[篠崎薫,ITmedia]
前のページへ 1|2       

パズル要素も入ったダンジョンだが、前作よりは簡単?

 ダンジョン内は前作と同じく、サイドビューで構成されている。取れる行動も似ているが、光子アクションが強化されたのが異なる点。今作では、光子を当てると敵を凍らせることができるだけでなく、もう一度撃つと自分と相手の場所が入れ替わる。これを利用することで、一見しただけでは移動できなさそうな場所へ行けたり、長い距離を簡単に往来できる。また、この特性を最大限に利用しないと回収できない宝箱もあるので、早めに慣れておきたいところ。これに関しては、アクションの腕は一切いらないので、苦手な人でも問題なくプレイできるはずだ。それに、簡単に取れない場所にある宝箱は、無視してもゲーム進行に影響はない。なので、安心してプレイしてほしい。なお、今回は敵を倒した後も残留思念が残るため、それに対しても光子アクションを起こせる。敵を全滅させてから、ゆっくりとパズルで悩むことができるのだ。

 もちろん、今回もR2ボタンでマップを逐一チェックできるので、迷うこともないだろう。マップ上の矢印で描かれた部分を通ると画面が切り替わるのだが、今作では同時に敵が復活するのだ。前作では、一度倒した敵は復活しなかっただけに、これに関しては賛否両論があるかもしれない。ただ、しっかりとレベルを上げてから先に進めるようになったため、個人的には大歓迎だ。しかも前作のように、ダンジョンに入ると時間が経過するといった仕掛けもないので、難易度的にはかなり優しくなっていると感じた。前作の世界観は好きだったものの、難しくて途中で挫折してしまった、という人にも安心して勧められる。

凍った敵に光子を当てると、自分との位置が入れ替わる。上手く使えば、ジャンプで超えられないような道も移動できてしまう
紫のボヤッとしたのが敵の残留思念。触っても何も起きないが、光子を当てると凍るので足場などに使える
マップがあるおかげで、迷子にならずに済むのがありがたい。拡大縮小回転なども、前作同様に行えるので違和感もないはず

奥深いスキルシステムに、ハマりまくり

 今作では、敵を倒したときに得られるアイテムを売り払い、それを元に新たなアイテムを作ってもらうというシステムが導入されている。ただし、その中の一部は名前が「????????」などと表示されていて、どんなものかわからない。判別するには、そのお店で何度も買い物をして、お得意さまにならなければならないのだ。その後、アイテムを作るのに必要となる材料を売り払うと、お店でアイテムを購入できるようになる。材料は主に、敵と戦うことで入手が可能だ。こうして得られるアイテムの中には貴重品もあるので、つい意地になって戦闘を繰り返してしまう。この中毒性が怖いのだ。

 これだけでも十分なやり込み要素なのだが、さらに、前作とは違うスキルシステムも導入されている。今回は、キャラの装備しているアイテムにはルーンがつけられていて、その組み合わせによってスキルが発生する仕組みだ。その状態で戦闘を繰り返すと経験値が入っていき、100%になった時点で初めて各種スキルとしてセットすることが可能になる。最初は難しくて悩んでしまったが、一度分かってしまえばなんて事はなく、次々と装備品を組み替えて戦闘に明け暮れてしまった。どの組み合わせならスキルが発生するかは、画面下に少しだけヒントが表示されるので、それを頼りに試行錯誤を繰り返すことになる。若干手間はかかるものの、かなりの数のスキルがあるので、そのためだけに特定ルーンの付いているアイテムを集めようとして、相当数の戦闘を繰り返してしまった。おかげで、どれだけゲームの進行が止まったことか……。そのぐらい、ハマる人にはハマる要素だと断言できる。

わからないアイテムほど気になるもの。何度もお店に通い、お得意さまになったときに判別すると、非常にうれしい
ルーンを特定の組み合わせにすると、スキルが発生する。組み合わせの数は膨大だが、△ボタンを押してスキルを表示させればヒントが出るので悩まないはず
習得すると、スキルをセットできる。ただし、右上にあるCPを超えることはできない。どれをセットするか、ありすぎると迷うかもしれない?

万人に安心してお勧めできる、大作と呼べる1本

レザードだけではなく、アリューゼなども登場する。懐かしい面々を見ると、思わず前作を思い出してしまうかも

 全体的には、前作にあったゲーム全編を通しての暗めな雰囲気が薄れ、もう少し明るい感じになったという印象を受けた。登場人物も、それほど悲惨なキャラがいないために、見ていて痛々しくないのも救いがある。しかも、前作では倒錯的なキャラだったレザードが今作では紳士として登場するだけに、レザードファンにはこれだけでも十分購入動機になるだろう。

 アクション戦闘シーンが楽しいだけでなく、全編を通して語られる人間関係なども非常に興味深いものがあり、よほどアクションが苦手という人でなければ、間違いなく満足できる1本に仕上がっていると言い切れる。グラフィックも驚異的に美しいので、それを堪能するだけでも買いかもしれない。実際、発売日に仕事場を抜け出して買いに行ってしまったわけで、各方面に迷惑をかけまくるほど、時が経つのも忘れて遊んでしまった。猛省……。

「ヴァルキリープロファイル2 -シルメリア-」
対応機種プレイステーション 2
メーカースクウェア・エニックス
ジャンルRPG
発売日2006年6月22日
価格通常版:8190円(税込)、初回限定版「ARTIFACT BOX」:1万4910円(税込)
(C)2006 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved. /Developed by tri-Ace Inc.


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. /nl/articles/2208/16/news127.jpg がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」
  3. /nl/articles/2208/15/news132.jpg 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  4. /nl/articles/2208/15/news042.jpg 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  5. /nl/articles/2208/10/news178.jpg 「この世で一番憎んでる」 画面左上に“謎の入力フォーム”が現れる現象に「ホンマにいらん」「何のためにあるのか分からない」の声
  6. /nl/articles/2208/15/news159.jpg ゲオのPS5抽選販売、「購入時にPS4売却」が条件で物議 「なぜPS4を手放さないといけないの?」ゲオに意図を聞いた
  7. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  8. /nl/articles/2002/02/news008.jpg 「ガムは75円。ガムはクッキーより40円安いそうです。チョコは何円?」 小2向けドリルの難問が誰にも解けない
  9. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  10. /nl/articles/2208/15/news037.jpg 全力イヤイヤ中の黒柴犬、突然背後を気にしだし…… “何か見えてる”様子に背筋がゾッとする

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい