レビュー
» 2006年08月10日 16時09分 公開

さらにヒートアップして帰ってきたトンデモ武将たち。ありえなすぎるよ、戦国時代「戦国BASARA2」レビュー(2/2 ページ)

[鷲尾トモノリ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

あんなBASARA、こんなBASARA

 では、「戦国BASARA2」が変なテンションで突っ走るだけのゲームなのか? と言えばそうでもない。純粋にアクションゲームとして、かなりやり応えのあるタイトルとなっているのである。実のところ、前作「戦国BASARA」の時は少し食い足りなさを感じたりもした。だが今回は違う。かなり長くしっかりと遊ぶことができるのだ。

 まず、何と言っても使用できるキャラクターが多い。初期状態では7人しか登場していないプレーヤーキャラクターだが、ストーリーモードをそれぞれのキャラクターでクリアしていくことによって21人まで増加する。ストーリーモードは前作にはなかったモードで、各キャラクターごとに、話を追いながら5〜6ステージを順番にクリアしていくというものとなる。

 ここではキャラクターごとに専用のオープニングとエンディングのムービーが用意されているほか、ステージ内でもほかのモードでは入らないデモなどが挿入され、よりドラマチックなプレイを楽しむことが可能だ。また、ストーリーの内容もシリアスなものからコメディタッチなものまで千差万別で、プレーヤーを飽きさせない仕掛けが随所に盛り込まれている。

 前作のメインモードだった天下統一モードも健在だ。これは他勢力の領地へ攻め入り、自軍領地を拡大し、天下統一を目指す国盗り合戦のようなもの。キャラクターの増加によって敵勢力も多彩になり、同じキャラクターを使ってプレイしても、よりさまざまな状況が発生するようになっている。また、特定の条件を満たしてステージをクリアすることにより得られる「称号」の収集や、途中で乱入してくる宮本武蔵との一騎打ちといった要素もあるので、何度も遊ぶことができる。

 このほか、本作から加わったもうひとつのモードに大武闘会がある。これは円形の闘技場を舞台に、さまざまな敵を相手にして勝ち抜き戦を行っていくもので、クリアまでに全部で100試合もある。しかも、これが序盤からかかなりハード。何せ武将が複数人のチームを組んで襲いかかってきたりするのだ。もちろんこちらは1人ぼっちである。

 しかも、次の試合に進めたからといって、体力や各種ゲージが回復したりするわけではないため、ただ勝てばいいというものでもない。ザコ兵士が出現する試合で体力回復とゲージ補充を行うなどしつつ、かなり慎重に戦っていく必要があるわけだ。大武闘会に関して言えば、充分に成長させたキャラクターを使用する、やり込み専用のモードと言えるだろう。

 やり込みと言えば、武具やアイテムの収集も忘れてはならない。これらアイテムは、ステージの中で取得するか、準備画面の「バサラ屋」で購入して手に入れるのだが、とてつもなく数が多い。各キャラクターごとに武器は8種類、防具は3種類なのだが、各種アイテムが120種類もあるのだ。バサラ屋で買えるものは、お金さえためれば確実に手に入るのだが、それ以外のものについては、半ば運に頼ることになるため、貴重度の高いものを集めるのはなかなかに骨が折れる。

 しかし、アイテムの中には、装備することでプレイスタイルが大きく変化するものや、プレイ難度を自ら上げるような上級者向けのもの、あるいは、敵や味方の兵士が踊り出すといった笑えるものなどがあり、プレイに彩りを与えてくれる。骨は折れるが、ぜひコンプリートを目指したいところだ。

photo ストーリーモードをクリアしたキャラクターのムービーは、「ギャラリー」で見ることができる
photo 2番目の衣装もある。割とストレートなものから、大きくイメージの変わるものまで、キャラによってさまざまだ
photo 各キャラクターにはそれぞれ1種類ずつ、その武将だけの「専用装備」が用意されている

愉快で痛快な戦国娯楽大活劇

photo 天下統一モードで一定以上の称号ポイントを得ると、武蔵を使用できるようになる(ストーリーはなし)

 “2作目に名作なし”とは、映画に対して良く使われる言葉だが、ゲームにとっても2作目というのは、シリーズとして定着できるかどうかの分かれ目となる、重要なポイントであると個人的には考えている。そういう意味で言えば「戦国BASARA2」はとても良いゲームだ。

 プレイしていると、このキャラクターでもっと長いストーリーを遊んでみたいとか、あのキャラクターを自分で操作してみたいとか、こんなシステムがあったらいいなとか、あの武将をBASARAキャラにしてほしいとか、歴史上のあのエピソードを扱ってほしいとか、いい意味での欲求が次々に浮かんでくる。でもって、最終的にはこう思うのだ。“早く続編出ねーかな”と。

 長く遊べるゲームだと書いておきながら、“早く続編出せ”もないと思うが、それくらい、もっと遊びたくなるゲームなのである。何というか、システムと世界観とキャラクターがすごくマッチしていて、プレイしていてとても楽しい気分になる。まさに娯楽活劇といった感じだ。アクションゲームが好きな人、戦国ものが好きな人、逆に戦国ものなんて遊んだことないという人、格好良くておバカなこの手のノリが好きな人、そんな人たちには特にオススメの1本であることは間違いない。

戦国BASARA2
対応機種プレイステーション 2
メーカーカプコン
ジャンルスタイリッシュ英雄(HERO)アクション
発売日発売中
価格7329円(税込)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」