ぼ、ぼくがガンダムを一番うまく扱える、と思ったのに――「戦場の絆」開発者との熱いバトル(1/2 ページ)

バンプレストから登場する予定のアーケードゲーム「機動戦士ガンダム 戦場の絆」。ITmedia +D Games編集部全員で、開発者と戦ってきました。その結果は……?!

» 2006年08月22日 18時00分 公開
[ITmedia +D Games取材班,ITmedia]

 バンプレストの「機動戦士ガンダム 戦場の絆」(以下、戦場の絆)。モビルスーツのコクピットのような筐体とプレイ感、そして最大8人対8人の対戦が可能であることなど、いち早くプレイしたいと思っている人も多いだろう(関連記事参照)。今回ITmedia +D Gamesでは、バンプレストの開発現場に乗り込み、開発の方4人との対戦を体験してきた。以下はその一部始終である。


画像 馬場氏(左)と小山氏(右)

 ITmedia +D Gamesのメンバーは、おなじみの記者I、記者K、記者Eに加え、運がよいことでも定評のある(?)ライターKを加えた4人。開発陣からは、プロデューサーの馬場龍一郎氏と小山順一朗氏、そして広報の方など4名との対戦となった。

 ご存じの通り「戦場の絆」は、地球連邦軍とジオン軍に分かれて戦うゲーム。ITmedia +D Gamesは記者Iの「おれはガンダムが使いたいんだ!」のツルの一声により、もちろん地球連邦軍に決定。開発者チームはジオン軍となった。

 取材時のバージョンでは、地球連邦軍ならジムのほか、陸戦型ジムやガンキャノン、陸戦型ガンダム、ジオン軍ならザクII以外にもグフ、アッガイ、ズゴックといったモビルスーツが使用可能だったが、プレーヤーが1から始める場合は地球連邦軍ならジム、ジオン軍ならザクIIからのスタートとなる。フィールドはおなじみ「ニューヤーク」だ。

 しかし第1戦は、開発現場だからこそできる、の“なんでもありバージョン”で開戦。自由にモビルスーツを選べるカードをお借りし、記者Iと記者Eはガンキャノン、記者KとライターKは陸戦型ガンダムで参戦した。対する開発者チームはドム・トローペン2機とグフ、そしてザクタンクという陣容だ。

取材時に使用できたモビルスーツ
タイプ 地球連邦軍 ジオン軍
格闘 陸戦型ジム、ジム・寒冷地仕様 アッガイ、グフ
近接 ジム、陸戦型ガンダム ザクII、ドム・トローペン
中距離 ジム・キャノン、ガンキャノン ザクキャノン、ズゴック
後方支援 ガンタンク ザクタンク
狙撃 ジム・スナイパーカスタム ザクI・スナイパータイプ

 操作に慣れていないITmedia +D Games連邦軍に手加減をしてくれたのか、第1戦は何とか勝利。途中押されていて危なかったのだが、中距離からのガンキャノンの狙撃に加え、近距離戦闘をこなす陸戦型ガンダムをチームに加えたことで、バランスがよかったのだろう。それぞれのモビルスーツのタイプを考えて、戦略を練ることが大事なのだ。

 また戦闘中大事なのがボイスチャット。モビルスーツのタイプ別にレーダー能力も違うように設定されているので、敵がどこからくるのか分かった人がチーム内に知らせ、連携を取る必要があるのだ。

画像 戦いの舞台となった開発現場に置いてある筐体

 ところでこのボイスチャットだが、最初は何となくこっ恥ずかしくて、友達同士といっても声を出せないものだが、いざ戦闘が開始されると、そんなことを気にしている余裕ははっきり言って、ない。ドーム型スクリーンのFPS方式なので、ほかの人がどう動いているかはよく分からない。ちゃんと連携を取らないとあっという間に囲まれてボコられてしまうので、声を出してお互いがカバーすることが大事になる。それにプレイしているうちに「あっちから来る!」、「来た!」、「うお、やられた!」、「向こうに回れ!」などなど、自然と声が出てくるのが不思議だ。もちろん絶叫系で。

 なお、最後に表示されるパイロットランキングでは、結構活躍していたはずの記者Iが1位かと思いきや、確実に敵を倒したライターKがここでも運の良さを発揮して1位に。どうやら敵に倒されたことでランクが上がらなかったようだ。

 第2戦は初心に返りましょう、ということで、ゼロからのスタートでプレイしてみることにする。ITmedia +D Games連邦軍はジム、開発者チームはザクIIでのスタートだ。どちらも近距離戦闘タイプのモビルスーツのためか、これまで以上に戦略が重要になる。そこでITmedia +D Games連邦軍は2機ずつで相手の1機を狙うことにする。これが意外と功を奏し、ITmedia +D Games連邦軍の勝利に。このあと再戦をしたが、第3戦でも勝つことができた。

 ここでふと気づいたのが、ジムが意外と扱いやすかったこと。第1戦では「わーい何でも選べるぞー」と、好きなモビルスーツに乗り込んだのはいいものの、その能力を十分に生かし切れていなかったのだろう。モビルスーツ操作の慣れ、戦闘の感覚など、ジムからスタートすることによって、自分自身もレベルアップしていくのだ。これからプレイする方も「えージムかよ」なんて言わず、ジムでまずは慣れていってほしい。どのような距離感で敵を倒せるのか、どうしたらうまく動けるのか、ジムがすべてを教えてくれるのだ。あえて言えば、「ジムを一番うまく扱いこなせるのが真のニュータイプ」だと思う。

画像画像画像 ※写真は5月に行われた「ブラボ中野」でのロケテストの模様。一番右の写真のように、最後にはパイロットランクが表示される

 最後はもう一度好きなモビルスーツに乗ってのプレイ。記者IとライターKは陸戦型ガンダム、記者Eは「どうしても使いたいから」という理由でガンタンクを選択。そしてなんと記者Kは、これまた「乗ってみたかった」という理由だけでジム・スナイパーカスタムを選ぶ。

 対する開発者チームはというと……なんとアッガイ軍団! 4機すべてをアッガイでぶつけてきた。ちなみにアッガイは格闘タイプなので、相手に近寄らないと攻撃できない。ITmedia +D Games連邦軍は、「ふっ。若さ故の過ちか」などと、これまでの勝利もあって余裕をカマしていたら、これがなんと強い! 2機で1機を倒す作戦に加え、あっという間に懐に忍び込まれ、アッガイのパンチで次々となぎ倒されていく……。最初はなにが起きているのか分からなかったほどだ。ジム・スナイパーカスタムを選んだ記者Eは、アッガイに飛び込まれると攻撃もできないため、なすすべもなく復活しては消えていた……。アッガイ4人でのチーム戦、是非お試しください。強いっす。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  2. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  3. /nl/articles/2407/17/news159.jpg 「マジかw」「すごいことなってる」 お笑い芸人が米オーディション番組で日本人初快挙を遂げる
  4. /nl/articles/2407/18/news035.jpg 「SNSの英知」 そうめんの巨大空き箱の“天才的な使い道”があまりにも予想外で話題に 「まねしよう」
  5. /nl/articles/2407/17/news162.jpg 「これ一瞬で店頭から消えるやつ」 “ファン待望のガンプラ”発売決定 「よりにもよって」発売日も話題に
  6. /nl/articles/2407/17/news030.jpg 「すげーな」「鉄壁の防御」 福岡県にあるイオンの“厳重な浸水対策”がガチすぎると780万表示→パワーアップした“現在の姿”にも注目
  7. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  8. /nl/articles/2407/16/news065.jpg 「誰が、鹿や。」 ニホンカモシカが静かな怒り→ポスターに記された“衝撃の事実”に謝罪続々 「失礼しました」「ごめんなさい」
  9. /nl/articles/2407/17/news027.jpg 観葉植物“モンステラ”、無限に増やす目からウロコの方法が100万再生 「すごい!!」「そんなに簡単に根っこが」
  10. /nl/articles/2407/18/news062.jpg 「日本語ややこしい」 1時間弱と1時間強は何分くらい? → 明解イラストに反響続々 「勘違いしてました!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」