レビュー
» 2006年09月28日 10時30分 公開

あらゆる面で“進化”したポケモンの世界は、宝石のようにキラキラとまぶしい「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」レビュー(3/4 ページ)

[仗桐安,ITmedia]

ニンテンドーDSというハードがもたらした、ポケモンの“進化”

 そんな手堅く前作を踏襲している本作ではあるが、もちろん新しい要素が随所に盛り込まれている。

 まずでもって、本作の舞台は「シンオウ地方」と呼ばれるエリアだ。「ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン」では「カントー地方」、「ポケットモンスター 金・銀・クリスタルバージョン」では「ジョウト地方」、「ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド」では「ホウエン地方」が舞台となっていた。本作のシンオウ地方は、まったく新しい土地だということになる。

 土地も新しいので、当然、今までに見たことのないポケモンも数多く存在する。個人的にも、初めて「ポケットモンスター」をプレイしたときのようなドキドキ、ワクワクとした感覚を味わうことができた。そして前作で出会ったことのあるポケモンもグラフィックに変更が加えられていたり、登場時や戦闘時にいきいきと動くので、見た目にも新鮮で楽しい。新しいわざや新しいポケモンの進化も、相当数用意されているので、その全容を確かめるには、かなりの時間を要するだろう。まだ見ぬ謎に満ちたポケモンたちがニンテンドーDSのなかに眠っていることを考えたら、やはりワクワクしてしまう。

画像画像画像画像 本作で初めて登場するポケモンたち。いったい、どんな姿に進化していくのだろうか。進化の姿を想像するのも楽しみのひとつだ

 ニンテンドーDSならではの変更点といえば、やはりタッチスクリーンを駆使した操作方法だ。基本的な操作は各種ボタンのみで可能なのだが、戦闘時のコマンドなど、いくつかの操作に関しては下画面のタッチスクリーンでの操作を併用できる。これは実際にやってみると分かっていただけるかと思うが、わざわざタッチペンを持ち出すまでもなく、両手で本体を持った状態で親指で画面を押すのが、筆者のオススメ操作方法だ。

 というのも、フィールド画面は上画面に設定されているので、移動は十字ボタンで操作する必要がある。またメニューを開くのはXボタンだし、Yボタンに“たいせつなもの”を登録して使うケースも多くあるのだ。そうなると、右手がボタンを押したり、タッチペンを出したりひっこめたり、という動きをするのは、あまり効率的ではない。かつ、右手のボタン操作だけで戦闘に臨む場合は、下画面にカーソルを出すために1度ボタンを押す、というワンクッションが入ってしまう。

 というわけで(冒険を進めていくと、タッチペンを使ったほうがいいケースも存在するが)、個人的には両手で本体をがっちり持って通常はボタン操作しつつ、都合に合わせて指でタッチスクリーンを押す、というプレイスタイルを推奨したい。

画像画像 戦闘画面は、上画面でポケモンたちが戦い、下画面で命令できるものになった。戦闘画面はパッと見の印象はゲームボーイアドバンス版とそんなに変わらないが、実際にくらべてみると、かなり広く快適になっていることが分かる
画像画像 下画面の各ボタンは大きめにつくってあるので、親指でも押しやすい。慣れれば、コマンドを間違えることなく、スムーズに操作できるようになるだろう

 ジョウト地方を舞台にしたゲームボーイ版ではポケギア、ホウエン地方を舞台にしたゲームボーイアドバンス版ではポケナビと、それぞれ主人公を助ける独特のどうぐがゲーム内に存在していた。本作でのそれがポケモンウォッチ、略して“ポケッチ”だ。

 前述したように上画面がメイン画面となる本作において、フィールド画面などで活躍するのが下画面に常時表示されている「ポケモンウォッチ」(以下、ポケッチ)。「ポケッチ」はその名の通り時計なのだが、ただの時計にあらず。ゲーム内でポケッチアプリを追加することで、どんどん便利なグッズに進化していくのだ。最初はシンプルな機能しかないが、物語が進めば進むほど、手放せないグッズになる。そのアプリの数々をご紹介することはかなわないが、タッチスクリーンを活用した面白いものも含めてかなりの数のアプリが存在するので、期待していてほしい。

 ただ残念なのが、「ポケッチ」そのもののインタフェースだ。画面右の赤いボタンを押すことでアプリを送り、自分の好きなアプリを表示させておくができる、という点はよいのだが、アプリが増えれば増えるほど、それを送る作業が大変になってくる。赤いボタンを素早く押すと、TVのチャンネルを操作しているように送ることもできるのだが、チャンネル番号のような表示が出るだけなので、こちらもいまひとつ分かりにくい。画面の端に一覧があってそこから選択できるようにするとか、もうひと工夫あればユーザーフレンドリーだったのに、と残念に思ってしまった。

画像画像画像 最初は時計や電卓など、シンプルなものが揃っている。時計にはモノクロのピカチュウがついている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい