インタビュー
» 2006年10月02日 00時00分 公開

PS3だからこそ設計できた“リアリズム”「RESISTANCE(レジスタンス) 〜人類没落の日〜」開発者インタビュー(1/2 ページ)

プレイステーション 3のローンチタイトルとなる「RESISTANCE(レジスタンス) 〜人類没落の日〜」。この開発者であるインソムニアックのテッド・プライス氏に話を聞く機会を得た。現実のような現実でない世界を描くこのFPSは、どのような発想から登場したのだろう。

[聞き手:今藤弘一,ITmedia]
画像 インソムニアック社長兼CEO テッド・プライス氏

――まずは基本的なことからお聞きしますが、「RESISTANCE(レジスタンス) 〜人類没落の日〜」(以下、レジスタンス)のコンセプトからお聞かせください。

テッド・プライス氏(以下、敬称略) 当初から、プレイステーション 3のローンチタイトルを手がけたいと思っていました。わたしたちの会社にはFPS(一人称視点シューティング)のファンが多いんですが、何かユニークなストーリー設定のFPSを作ることができないか、というところから出発しています。対戦としては、人と人とが戦うということではなく、人類とは違う生命体との戦いをすること、あと設定背景としては、真実味を帯びた事実背景の中でくり広げられること、というのが大本のコンセプトでした。

 また重要なのは、ストーリーを作り上げるときに、何か史実に根付いたこと、これが本当のことであると感じてもらえるような土台が必要であると思いました。“もう1つの歴史物語”という言い方をしているのですが、ゲームの世界ではあるんですが、実際に歴史上で起こったこと、皆さんが知っているなじみのあることが、ストーリー展開の中にちりばめられています。ですので、“信じやすい世界観”が作り上げられています。

――この中で展開しているのは“別の地球の物語”ということですか?

プライス そうですね。違う地球と思っていただいてもいいんですが、わたしたちが住んでいるところと同じ地球でありながら、キメラという生命体が生まれたことによって、歴史が塗り替えられてしまう、歴史が変わってしまったんだととらえていただいていいと思います。

画像画像

――舞台は1951年の世界ですね。

プライス 実は、1951年の中の4日間で起きた出来事、という設定になっています。

――たった4日間という短い出来事だとは思いませんでした。

プライス ただし集約されたストーリーですので、主人公は1時間ごとに起きる出来事を体験することになります。ただしストーリーは主役が語るものではなく、第三者が語ることで展開していきます。ですので大変濃密な4日間という時間の流れになっています。

――「レジスタンス」を作るに当たって、“プレイステーション 3でなければできなかったこと”、というのは何が挙げられるのでしょう。

プライス 「レジスタンス」はローンチタイトルとして、プレイステーション 3に合わせて設計しています。もちろんゲームとしては、どういったコンソールであっても、そのコンソールが持つ力の中でうまく設計していくことができると思います。ただ今回は、プレイステーション 3に搭載されているCellとRSXを使うことができましたので、詳細にこだわったさまざまなアクションを可能としたゲームを作ることができた、と思っています。ほかのコンソールでもこのゲームを作ることは不可能ではないと思いますが、いろいろと大変なことがあったでしょう。プレイステーション 3の能力に合わせて、あえてデザインした、ということが言えると思います。

 「レジスタンス」には複数の味方、敵が登場するわけですが、それぞれが独自のAIを持って動いている、ということが挙げられます。それに加えてオブジェクトごとにモデルを実現するためには、強烈な処理能力がないと、ここまでのビジュアルは作れなかったでしょう。プレイステーション 3があってこそ、できあがったと思っていますし、何百ものオブジェクトがそれぞれの思惑を持って行動する、といったことを可能にしたのは、プレイステーション 3の処理能力があったからです。

 また、「レジスタンス」に登場するさまざまな武器は、大変特徴的な物理特性を組み込んだものになっています。これもやはり、プレイステーション 3の持つ能力がなければ、ここまでの兵器は作り上げられなかったでしょう。

 そしてもう1つ付け加えると、Blu-rayという存在が大変重要になります。Blu-rayディスクは膨大な容量が収録できますので、これだけのデータ量を入れるためにはDVDディスクでは不十分でした。Blu-rayが合って、膨大なデータ量を収録できたからこそ、このゲームに含まれる資産、音楽もそうですし、音響効果もそうですが、高解像度のグラフィックにしても、Blu-rayディスクがあったから実現できました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」