古谷徹さんがハマる「UCGO」の魅力はコミュニケーションにあり!?「+D GUNDAM」その2――大戸島、いきまーす!!(1/3 ページ)

「+D GUNDAM」連載2回目にしてビッグゲスト登場! なんと、アムロ・レイ役でおなじみ、声優の古谷徹さんにインタビュー。テーマは、古谷さんもかなりプレイされているという「UCGO」。古谷さんならではのプレーヤー視点から、おもしろい話をたくさん聞くことができた。サイン入りソフトのプレゼントもあるよ!

» 2006年10月03日 00時00分 公開
[聞き手:大戸島さんじゅうご,ITmedia]

 この夏、オーストラリアに加え宇宙へと戦場を広げた「ユニバーサルセンチュリードットネット・ガンダムオンライン」(以下、UCGO)。新しいクライアント「ゼロ・ジー・アタック」が1600円分のWebMoneyが同梱されて1980円で発売されたり、さらに無料ダウンロードも開始されたこともあって、続々とプレーヤー人口も増えてきている。今回のゲストである古谷徹さんも、「UCGO」体験記「僕が一番ガンダムをうまく使えるんだ!」というブログを連載中で、暇さえあればプレイしているということだが、このゲームにどんな魅力を感じているのか、これからの展開に期待することなどなど、イチプレーヤーとしていろいろと語って頂いた。「UCGO」プレーヤーならびにガンダムファンは必読ナリ!

「UCGO」の発売で「GNO」を引退!?

――古谷さんが「UCGO」をプレイするようになったきっかけは何ですか?

画像

古谷徹さん(以下、敬称略) β版のころから参加はしていたんですけど、やっぱり操作系がすごく難しかったし、宇宙でも迷子になりましたし(笑)、その当時は「GNO(ガンダムネットワークオペレーション)」のほうで自分の部隊を持っていたんで、そっちにどっぷり浸かっていたこともあって「UCGO」はいつか本格稼動したら試しにやってみようかな、というくらいのつもりでいたんですね。それで、「GNO」、「GNO2」とβ版の頃から含めて3年半くらいプレイしたところで、そろそろ新しい刺激が欲しいなと(笑)。そう思っていたときに「UCGO」が発売されて、さっそく乗り換えてやり始めたら、β版と比べてすごく操作性もよくなっていたし、いきなりもう楽しめたんですよ。ああ、これはもうハマれるわと、チームはほかの隊員に任せて「GNO」は引退させてもらって、「UCGO」を本格的に始めたって感じですね。

――「GNO」からの流れがあって、「UCGO」が発売されてすんなりと入っていったという感じですか?

画像画像

古谷 そうですね。仕事が忙しい時は1カ月とか空いちゃうことはあるんですけど、一応、発売からずっとやってますね。元「GNO」のチームメイトたちも、だんだんと「UCGO」に移行してきて、みんな僕のチームにそのまま入ってくるって感じですね。「BlueMoon」というチーム名なんですが、これは「GNO」のときのチーム名「久遠の蒼月」と同じで、薄紫色のバラの名前です。

――古谷さんのチームに入れてほしいと言ってくるプレーヤーの方はいらっしゃるんですか?

古谷 チャットとかでは僕も気軽に会話しているんで、みなさんもよく声をかけてくださるんですけど、チームに入りたいと直接言ってくることはないですね。おそらく遠慮してるんだと思うんですけど。

 元「GNO」の隊員とかじゃなくても、何度かチャットでお話して、一緒に戦っているうちに何となく人柄が分かってくるじゃないですか。この人いい人だなぁとか、本当に僕のファンなんだなぁって思えて、信用できるようなら僕のほうから誘ってますね。もちろん、チームに入ってないというのが条件ですけど、こちらから勧誘して入ってもらっています。

「ポトリス」で知ったオンラインゲームの魅力――“コミュニケーション”

――ガンダム以外でネットワークゲームは過去にプレイされたことはあるんですか?

古谷 ネットワークゲームというと「ポトリス」が最初なんですよ。なんかネットワークゲームって、僕にとって敷居が高かったんですね。いろいろと設定が難しいんじゃないかとか、あとやっぱり僕のような立場の人間だと、一般のファンの方たちとの会話が煩わしくなっちゃうんじゃないかとか、そういう心配があったんでなかなか踏み出せないでいたんです。興味だけはすごくあったんですけど。

 でも、「ポトリス」を始めるようになって、そこでは自分の名前を出さないで参加していたんですけど、チャットしているうちにだんだんとうち解けてきた人には、僕のほうから「実は……」という話をして、自分の公式ホームページにゲーム専用の掲示板を立ち上げて「僕の公式ホームページを見てくれれば分かります。本人ですよ!」と(笑)。そうすれば、相手も信用してくれるじゃないですか。そうやって、「ポトリス」で知り合った人たちとは僕の掲示板でもコミュニケーションを楽しんでいましたね。そうすると、連帯感も生まれてよりゲームが楽しめるんですよね。

 こういう経験があったので、「GNO」に参戦するときは最初から本名でプレイしました。しかもガンダムですから、僕としては日頃応援してくださるファンの方への感謝の気持ちもあって、あえて本名にしています。

――ガンダムというのがあるからこそ、ネットワークゲームとしての「GNO」であったり「UCGO」にはスムーズに入っていけたという感じですか?

画像

古谷 そうですね。ガンダムという共通の話題を持てるのは大きいですね。みなさん、とても好意的に接してくれます。それと、僕が公式ホームページでコミュニケーションしているのはガンダムファン以外の、僕自身のファンの方も沢山います。でも、そうではなくてもっと広く、僕自身のファンでなくてもガンダムが好きな人たち、そういう人たちと、日頃どう思ってるのかなぁとか、新しく出演した作品はどうなのかな、他の作品はどう受け止めてくれるのかなとか。そういうことも僕自身もリサーチしたかったわけです。

 そういう意味では「GNO」はすごくコミュニケーションが取りやすかったんですよね。自分がプレイしなくても勝手に物語が進んでいくじゃないですか(笑)。その間はずっとチャットを楽しんでればいいから、夜中に缶チューハイ片手にガンダムファンと酔っ払っておしゃべりするのがすごく楽しかったし、日課みたいになって。

 そのうち、チームのオフ会というのもやって、実際にリアルでみなさんとお会いしたりとか、仕事とは別で趣味の世界なんだけど、すごく楽しい出会いが持てたというのが大きいですね。もちろん、イベントなんかでもみなさんと会えるんだけど、どっちかというと壇上から一方通行的な形になるじゃないですか。それがやっぱり、もっと近い距離で分かりあえるっていうか。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」