特集
» 2006年11月06日 19時02分 公開

FFXI「アトルガンの秘宝」2006年10月バージョンアップ体験記──全般的に考察してみる「ファイナルファンタジーXI アトルガンの秘宝」(1/2 ページ)

10月19日、「アトルガンの秘宝」導入後、2度目となる大型バージョンアップが実施された。その内容はミッションの追加、ビシージやバトル関係の調整などさまざま。ゲーム内がどう変わったのか、筆者の体験を元に紹介しよう。

[原田一,ITmedia]

ビシージに新たな強敵出現

敵の隊長格のNMにも鼓舞イベントが追加されている。これはマムージャの「Gulool Ja Ja」。ちゃんと、双頭がそれぞれセリフを話す

 今回のバージョンアップで大きな調整が行われたビシージでは、これまでLV5までだった行軍レベルに新しくLV6が追加された。これにより、LV6の場合に得られる経験値と皇国軍戦績が最大1000にまで上昇した。また、これまでは非常にやっかいな反面、倒してもメリットがなかったノートリアスモンスター(以下、NM)に対し、隊長クラスのNMを討伐した場合に限り、参加者全員の報酬にボーナスポイントが付加されるようになった。これにより、余裕があれば隊長を撃破し、ボーナスポイントを狙うということも可能になっている。

ビシージ以外では、ポロッゴはマムークの水辺で見ることができる。Lv75のキャラクターから見ても、「おなつよ」〜「つよ」と結構高レベルの敵だ。スニークをかけていても見破ってくるので気をつけたい

 また、直接ビシージの変更というわけではないが、攻めてくる蛮族軍のなかに、追加された新モンスター“ポロッゴ”の姿を見ることができた。ポロッゴは三角帽子をかぶって杖を持ったカエルというコミカルな姿だが、高レベルの黒魔法を使ってくるなど、その能力は侮れないなかなかの強敵。この敵が使う“カエルの歌”は自分が魅了される上にポロッゴと同じカエルの姿となってしまう。効果が切れると元の姿に戻るため、魅了されているかどうかがわかりやすいのは助かるが、カエル姿はちょっと情けない。ちなみにシリーズにあるトードの魔法と違い、カエルの姿になったからといって能力が下がるわけではないので注意。

新要素で防衛側も強化

テンポラリアイテムはアイテム欄の一番上に追加される。通常のアイテムを限界まで持っていても、別枠なので大丈夫

 今回のバージョンアップでは、敵だけが強化されたのではなく、PCにとっても戦力強化となる調整が施されている。それがビシージ参加PCに支給される“テンポラリアイテム”だ。このアイテムはビシージが終わると消えてしまうが、相手の強化魔法などを最大6つ打ち消すことができる“レーテー水+1”や、物理ダメージを一定時間無効化する“剛体香”など、なかなか強力なものばかり。通常であれば、ビシージで高価な消耗品を使ってしまうことには躊躇するが、これならば安心して使うことができる。なお、これらのテンポラリアイテムの配布条件は、対応するNPCが蛮族軍に捕まっていないこととなっている。

 また、直接の強化ではないが、“死者の軍団”の一部モンスターに関して、ビシージの際に特殊技を使用する頻度が低下した。体感で申し訳ないが、スケルトンのブラッドセイバーなどの範囲攻撃や、ゴーストの即死技などがかなり減ったように感じる。この影響か、これまで、一番やっかいな相手だった死者の軍団が他の蛮族軍並み、あるいはそれ以下の強さにまでなっているという感じだ。

水蛇将ミリ・アリアポー(Mihli Aliapoh)など、優先順位が低く、今までなかなか見ることができなかった五蛇将の勝ちどきを聞ける機会が増えるかも

 ちなみに、公式ページには書かれていないが、ビシージの開始時と終了時に表示される五蛇将たちによる鼓舞・勝どきが、これまでは五蛇将たちの優先順位に応じて表示されていた(例えば天蛇将ルガジーン「Rughadjeen」は優先度がもっとも高いため、彼が生存しているときは必ずルガージンのものと決まっていた)のが、生存している五蛇将たちの中からランダムで表示されるようになっている。あわせて、鼓舞・勝どきの際のモーションも一新されている。

蛮族軍の拠点へ攻め込め!

 これまでは各蛮族拠点へと攻め込むメリットは少なかったが、この点に関しても調整が行われている。なお、これらに関しては、個人での確認が難しいため、公式ページの情報を参考にしている。

 まず、7月のバージョンアップで護衛がつけられ、さらに再出現間隔も短くなってしまっていた“古鏡”の再出現時間が調整された。“古鏡”はもともと各蛮族軍の拠点兵力の蓄積速度に影響を及ぼしていたが、今回の調整でさらに、防御力にも影響するようになったようだ。

 さらに、NMたちを拠点で倒した場合、新たなアイテムを落とすようになっている。

 また、各蛮族拠点の魔笛奪還用バトルフィールドでの戦闘で、戦闘不能になっても経験値を失わなくなったというのもうれしい変更だろう。筆者のサーバーは未だビシージで敗北していないため、魔笛奪還に関しては直接経験していないのだが、魔笛奪還はいくつものパーティで何度も倒されながらなんとか勝利することができるほどの難易度と聞いている。これまで、経験値を失うことを恐れて、少々参加しにくかった魔笛奪還戦にも、これで少しは気軽に参加できるようになるのではないだろうか。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい